ネットで中古車を購入した体験談 ダイハツコペン

実際に私自身が、ネットで県外にある中古車を購入した体験を紹介します。

今回ネット経由で購入した中古車は、軽のオープンカーとして人気のダイハツコペンです。

ダイハツコペンの中古車価格相場と下取り・買取相場

今回購入したダイハツコペンの中古車の購入に至った経緯は、子供も大きくなり一緒に車に乗って出かける頻度がかなり少なくなったことと、家族用にはもう一台あることから、実用性よりも趣味性の高い車ということで選択しました。

目次

 

どのモデルのコペンの中古車を購入したか

ダイハツコペンは現在2代目のモデルが生産されていますが、私が購入したのは初期型のモデルでL880k型と呼ばれるモデルです。

この初期型のモデルは、前期型と後期型に分かれますが、中古車購入の予算としては上限が90万円と考えていましたので、その制約条件から必然的に前期型モデルの購入検討となりました。

インターネットの中古車検索サービスについて

インターネットの中古車検索サービスは、株式会社リクルートが運営するカーセンサーネットが有名ですが、最近では街中や郊外の中古車屋さんで、グーネット(goo-net)の幟も沢山見かけるようになりました。

その他にも大手検索エンジンのyahooが運営するサービスなど、大小合わせると様々な中古車検索サイトが存在していますが、どちらのサービスも、基本的な中古車検索から実際の見積もり入手の流れはほぼ同じなので、あとは検索のしやすさや検索結果情報の判りやすさなどで使い分けるといいのではないかと思います。

私の場合、今回のダイハツコペンの中古車探しはカーセンサーネットを利用しました。

関連記事
カーセンサーで県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

ダイハツコペン中古車探しの前提条件

ダイハツコペンの中古車購入検討の前提条件として、購入後のアフターケアと保証が付いているという事を優先しました。

また以前に購入した中古車と同様に、コペンの中古車を探すにあたっては県外にある中古車物件も視野に入れて探しましたが、電動オープントップという特殊かつ故障リスクの高い構造が採用されているという事も考慮し、何かあった時にすぐにフォローが受けられるように、出来るだけ近くで選ぶことにしました。

更に、中古車の走行距離と年式については、コペンという車の性質から年式よりも走行距離の少なさを優先しましたが、やはりコペンのようなスポーツカーで、更にオープンカーは、通常のクローズドボディの車よりもボディ剛性は低いです。

なので、その分劣化も早いという事を考慮し、多少年式は古くても走行距離が少ない、目安としては7万キロ以下を前提に検討を進めました。

これらの前提条件の下コペンの中古車を探し始め、なかなかすぐには条件に合致した中古車物件は現れませんでしたが、スマホの中古車検索アプリを活用してこまめに探した結果、カーセンサーネット経由でほぼ条件に合ったコペンを見つけ、早々に在庫確認と見積もりを依頼、翌日には以下の内容がメールで送られてきました。

カーセンサーネットからの見積もり回答メール

xxxxxxx様

カーセンサーネットをご利用いただきましてありがとうございます。
お客様より承った「在庫確認・見積依頼」に対し、販売店より回答が届きましたのでお送りいたします。

▼点線より下が、販売店からの回答内容です▼
————————————————–
xxxxxxx様

お問合せありがとうございます。
株式会社xxxの〇〇です。
ご依頼のお見積もりは以下の通りです。

■お見積り回答
車両本体価格(税込):    738,000 円
法定費用合計(非課税):   155,000 円
その他諸費用合計(税込):     0 円
——————————————-
支払総額:          893,000 円

△□市からでしたらインターですぐですので、
是非現車をご覧ください。

ご検討の程よろしくお願いいたします。

————————————————–

ちなみに中古車の車両情報は、

・本革シート(赤)仕様
・走行距離:68000km
・年式:H15(2003年)
・社外フルエキマフラー、HIDヘッドライト&フォグ
・テール&ウインカーLED換装済み

と言った内容ですが、何よりも気に入ったのがシルバーのボディと赤の本革シート&ドア内張の組み合わせで、特に赤の本革シートはコペンの中古車選びの必須条件でしたので、まさにその条件を完璧に満たしてくれている車両です。

また購入後にドレスアップ含め手を加える箇所はほとんどないといえるほど、オプション満載といったところも購入に至った大きな要因です。

コペンの中古車を購入してわかったこと

その後、購入手続きを済ませ、念願のダイハツコペンのオーナーとなることが出来ました。

関連記事
県外から中古車を買った時の引き取り方法や納車費用は
ネットで県外から中古車を購入する
ネットで県外から車を買う時に必要な書類や手続きの流れ

ここからは、実際に初代ダイハツコペンを中古車で購入してみて、車そのものの乗ってみた感想や、購入に至るまでのプロセスで感じたことなどを紹介します。

初代ダイハツコペンに乗ってみた感想

購入したコペンは5速マニュアルミッション車で、マニュアルミッション車を所有するのは実に10年ぶりという状況で、実際に納車日に車両を引き取りに行き、販売店で乗り込み運転した際にはクラッチミートのタイミング等でギクシャクしましたが、しばらくすると昔の感覚を取り戻しスムーズな運転操作が行えるようになりました。

初期モデルのコペンは、47kW(64馬力)を発生する直列4気筒DOHCツインスクロールターボJB-DETエンジンを搭載していますが、発進時のトルクも当初想像していたよりも大きくクラッチミートに神経質になる必要はありませんでした。

5速マニュアルミッションのシフトは比較的短いストロークで節度感を持って決まるセッティングが施されており、10年落ちの中古車でありながらヘタった感じもなくシフトスポーツカーとしての資質十分感じる事が出来るレベルです。

JB-DETユニットは先にも述べた通り今の各自動車メーカーの軽自動車には搭載されていない、4気筒エンジンであり、ターボが装着されているものの7000rpm付近までは比較的スムーズに回る印象です。

ただし、47kW(64馬力)という軽自動車の自主規制枠を背景にECUの制御でレブリミットが制限されており、それ以上の回転数まで引っ張るのはかなり厳しいです。

ここはECUの制御ロジックを変更することで解消でき、私の場合はD-SPORTのスポーツECUに換装しました。

これにより8000rpmまでストレスなく回るようになり、最高出力自体も80馬力にアップする事から、低速~中速域でのトルクもアップしているようで、ノーマルECUとは全く別物になった印象です。

また、コンパクトなボディと低いシートポジションにより、実際の車速以上の体感速度が感じられるのも特徴です。

ハンドリングも非常にクイックで、純正ステアリングの径がやや大きめなのは気になりますが、遊びも少なくワインディングでもしっかりとラインをトレースした走行が楽しめます。

クローズ時に車としての静粛性を求めてはいけない

これはコペン乗りの間では有名というか常識といわれている、クローズ時のルーフ周りから発生するガタピシ音で、はっきりいってオープンで走る方がはるかに静かです。

走行距離や年式による経年劣化の影響もありますが、電動オープントップの立て付け構造は元々剛性が低く、たとえば雨漏りがしないという最低限の機能だけを確保し、ガタピシ音などのいわゆる商品性の領域はコストとの天秤で割り切っているのではないかと思います。

2代目コペンではこの領域はかなり改善されているようですが。

その一方で、オープン時の解放感は最高で、初代、2代目を問わず軽自動車で手軽に本格オープンスポーツを満喫できるのが、コペンの最大の魅力だと言えます。

運転席と助手席のシートの間にあるディフレクターの効果で、オープン時の風の巻き込みもほとんどなく、冬場でも足元のヒーターを全開にオープン走行が満喫可能です。

ネットで県外から中古車を購入する、もう一つのおすすめの方法を紹介

今回のコペンの中古車は、先にも述べた通りスマホの中古車検索アプリをうまく活用して、県外も含め希望条件にあった物件を探し出して手に入れることが出来ました。

一方で、最終的に希望条件にあったコペンの中古車を手に入れるまでには、結構な時間がかかったというのも事実で、ちょうど春先の気候の良くなる時期にオープンカーでのドライブを考えていましたがそのタイミングで条件に合った中古車を見つけきれなかったのは少し残念でした。

ネットの中古車検索サービスは、全国の中古車販売店が提携することで運営されており、検索サービスに表示される中古車車両は、基本的にその中古車販売店の店頭に並んでいる車両となります。

なので、提携している中古車販売店が中古車業界オークションなどで、運よく希望条件にあった車両を仕入れてくるのを待つことになり、その結果なかなか希望条件に合った中古車が見つけられないといった事も起きたりします。

中古車販売店が希望条件にあう中古車を仕入れてくるのを待つのではなく、もっと効率よく希望条件にあった中古車を探すことが出来れば、中古車選びの幅も広がりますし、もっと効率よくタイムリーに中古車を購入することが可能になります。

実際、中古車業界には、中古車販売店の店頭などの中古車市場に公開されていない車両、いわゆる未公開車両もたくさんあるといわれており、それらも含めて自分の条件にあった中古車を探すことが出来るのが「無料中古車探しサービス」です。

「無料中古車探しサービス」なら、

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ