ジムニーの中古車相場と購入時の注意点

スズキジムニーは軽自動車では唯一の、本格オフロードタイプのSUVですが、中古車市場でも安定した人気を誇る車種の一つです。

ジムニーの中古車相場は年式や走行距離によって異なりますが、このジムニーは国産車では数少ないというか他には例が無い、年式が古くなるほど中古車市場での価格が高騰する車です。

またカスタマイズした車両の方が高く売れるという、まさにハーレーダビットソンのような車ともいえます。

実際、スズキジムニーの中古車相場を見てみると、1996年式のJA12型ジムニーで、走行距離が11万キロ走行した車両が、60万円位の中古車価格で販売されています。

jimnmy2

ちなみにJA12型からはサスペンションがそれまでのリーフリジットからコイルスプリングに変更され、オンロード走行における操縦安定性と快適性を向上させたモデルになりましたが、個人的にはやはりスズキジムニーといえば、頑丈なリーフリジットサスでオフロードを左右に揺られながら走破する車というイメージが強いですね。

ジムニーの中古車を選ぶ際に注意すべきポイントは

そんな人気のスズキジムニーですが、リーフリジットサスを採用したモデルは中古車市場ではかなりタマ数も少なくなってきており、ジムニー専門店などのマニアックなお店以外ではなかなかお目にかかれない中古車両となってきました。

なので、ジムニーの中古車をリーズナブルな価格で選ぶとなると、JB23型がメインの対象になると思います。

Suzuki_Jimny
JB23型は、今なお進化を続けながら販売されている現行モデルのベースですが、ジムニーは手軽にカスタマイズできるという部分が人気の車であり、市場に流通している中古車もカスタマイズされた車両が多いです。

ノーマルコンディションのジムニーの中古車の場合でも、前オーナがカスタマイズしてオフロード走行を楽しんでいたという車も多く、中古車の中でもその状態を見極めるのは非常に難しい車だとも言われています。

また、ランクル等の高額な普通車のSUVとは異なり、手頃な価格でオフロード走行を楽しめるのもジムニーの魅力であり、ローギアで悪路走破している頻度も多く、エンジンのダメージが通常のオンロード走行車よりも大きい車両も多いです。

したがってジムニーの中古車を選ぶ時に注意すべきポイントとしては、現車を確認できるのであればエンジンの吹き上がりをチェックするのと、コイルサスのダンパーが抜けていないか?といったところに注意した方が良いでしょう。

ジムニーの中古車の場合は、やはりヘビーな使われ方をした車両も多いと考えておいたほうが無難といえますね。

ジムニーは、中古車選びのプロに探してもらおう

このように、中古車の程度を見極めるのが難しいジムニーですが、

ジムニーの中古車を探しているけど自分ではその良し悪しを見極められない・・

そんな方には、ネットの「無料中古車探しサービス」で探してもらうという方法があります。

「無料中古車探しサービス」は、中古車選びのプロが、全国60万台以上の、まだ市場に出回っていない”非公開車両”の中から条件に合った中古車を探して提案してくれますので、ジムニーのような見極めの難しい中古車を探すのにもってこいのサービスだといえます。

条件に合った中古車を探して提案してくれるのは、中古車買取・販売大手の「ガリバー」なので安心です。

botan

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ