エンジンの動弁系の故障やトラブルについて

自動車に限らず内燃機関は、空気を燃焼室の中に吸い込んで燃料と混合させ、そこにスパークプラグ等で火種をつくり、混合気を圧縮・爆発させることによって動力を作っています。

また、燃焼した混合気は排気ガスとして外部に放出する必要がありますが、混合気を圧縮し燃焼させる過程では、吸気側とともに圧縮漏れが起きないように蓋をしておく必要があります。

この蓋をする役目を担うのが、動弁系という部分です。

動弁系は空気を吸い込む吸気側と、燃焼後の排気ガスを排出する排気側それぞれに設けられたバルブを、タイミングよく開閉しており、これが「バルブタイミング」といわれるものです。

バルブタイミングは、エンジンがスムーズに効率よく運転できるように、各気筒の爆発順番に応じて吸気と排気バルブの開閉順番やタイミングをコントロールしています。

したがってこのバルブタイミングが狂うと、エンジンが正常の運転が出来なくなり本来の性能が発揮できなくなってしまいまいますが、通常の車の運転や使い方の範疇では、バルブタイミングのずれ等がは頻繁に発生するようなことはないと思いますので、基本的にはあまり気にする必要は無いといえます。

タイミングベルトの寿命には注意が必要

エンジンの吸気と排気のバルブの開閉タイミングをコントロールする部品に、タイミングベルトがありますが、新車・中古車を問わず10万キロ近くもしくはそれ以上の走行距離まで車を使用したことがある方なら、タイミングベルトの寿命に関する知識は持たれているのではないかと思います。

タイミングベルトの寿命は8万キロというのが定説ですが、それは一昔前の話であって最近では高強度で耐久寿命に優れたタイミングベルトの材質の開発も進み、10万キロは問題なく使用できるようになっています。

ただ、10万キロを超えるとどこでタイミングベルトが切れる等のトラブルが発生するかわかりませんので、そういった意味からは10万キロ走行を目安にタイミングベルトは交換した方が良いといえます。

また、バルブタイミングのコントロールに、タイミングベルト以外に金属製のチェーンを使用している車もありますが、チェーンの場合は基本的にはタイミングベルトのように劣化して切れるという事はないので、走行距離に応じた交換は不要となります。

信頼性とユーザーのメンテナンスコストの観点から、一時期各自動車メーカーはタイミングチェーンの採用が主流でしたが、丈夫な反面音がうるさいというデメリットもあり、静粛性を求められる最近の車では、先にも述べた通り高寿命のタイミングベルトの採用が増えてきているようです。

その他の動弁系の故障やトラブルとしては、サーキット走行などの高回転高負荷運転時に、バルブやバルブスプリングが折損、バルブタイミングのずれによる、ピストンとの衝突などがあり、これらのトラブルあが発生した場合はエンジン本体も致命的なダメージを受けることになります。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ