中古車は試乗して買うべき?

車を購入する際は、新車中古車に限らずその車に試乗してみるのが一番なのですが、新車の場合は予め公道を走れる状態の試乗車が用意されてることが殆どですが、中古車の場合は必ずその車に試乗できるとは限りません。

その理由はいろいろあって、まずひとつめは、車検が切れているという事です。

車検が切れている車は公道を走る事が出来ませんが、店頭に並んでいる中古車は車検が切れている車両も多いので、気に入った中古車があっても試乗する事が出来ない場合も多いです。

またその車が車検はあっても保険に加入していない場合も試乗する事は困難です。

車検が残っているという事は自賠責保険は掛かっているのですが、任意保険に加入していない場合で、その車を試乗させて万が一事故が起きた場合は、自賠責保険以上の補償は試乗車を運転していたユーザーの負担になってしまいます。

その他には、展示している中古車が未整備状態の場合ですが、これは入庫したばかりでまだ整備していないけど店頭に並べている状態の中古車で、仮に車検が残っていて公道を走れても、もしトラブルが起きるとまずいという事で試乗を断られる場合があります。

試乗を申し込んだら、明確な理由もなくはぐらかされたりする中古車販売店は要注意ですね。

ちなみにナンバーは付いているけど未整備状態だからと言って試乗を断られる場合ですが、最近の車はいくら未整備とはいえちょっと試乗するくらいでトラブルが起きたりする事はあり得ませんので、頑なに拒まれる場合は、既にどっか壊れていてそれを隠していると疑った方がよく、そういった中古車の購入は見送るべきでしょう。

信頼できる業者との取引なら必ずしも試乗しなくとも大丈夫

中古車を購入するときには、できるだけ試乗するに越したことは無いのですが、上記のようにどうしても試乗が出来ない場合もあります。

実際試乗してどこまでチェックできるか?といったところもありますが、まずは最低限チェックすべきポイントとして、

  1. まっすぐ走るか?(ハンドル手放しで左右に振れないか?)
  2. 曲がる時の違和感(引きずり、引っかかり)
  3. ブレーキの効き具合
  4. ミッションの入り具合(MT)、変速ショック(AT)
  5. 加速時のスムーズさ(ヘジテーションの有無)

などが挙げられます。

ただ、自動車の運転経験が少ないとか、車自体にはあまり詳しくないといった方には、なかなか試乗してもその中古車の状態を見極めるのは困難ですね。

中古車販売業者の中には悪質な業者もいますから、不具合を隠して言葉巧みに丸め込まれて、程度の悪い中古車を買わされる恐れもあります。

そういったリスクを回避する為には、信頼できる中古車販売店やディーラーからの購入が一番安心です。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ