寒冷地仕様車の中古車はお買い得なのか

最近は一昔前とは異なり、全国規模の中古車オークションの開催や、インターネットの普及により、全国どこからでも自分の希望に合った中古車を探して購入することが出来ます。

したがって、従来は特定の地域のみで新車販売・登録され、中古車として流通していた車も購入することが出来ますが、その代表的なものが寒冷地仕様車です。

目次

 

寒冷地仕様車とはどんな車?

寒冷地仕様車は、日本で言えば東北や北海道などの、冬場の気温の大部分がマイナスとなるような地域で販売されている、低温時の車の各種性能の低下を防止する対策仕様が織り込まれた自動車です。

寒冷地仕様車としての装備は、オプションとして設定されており一般地向けの車両をベースに必要な部品を置き換える、場合によっては追加設定します。

標準車へのオプション装備となるので、寒冷地以外の地域でも寒冷地仕様車を購入することは可能であり、特に海岸沿いなどの塩害を受けやすい地域では、車両下回りの防錆が強化された寒冷地仕様車を選択する方も多いようです。

18bc9cda9d89aa81386f0f495f72f8da_s

寒冷地仕様車と普通の自動車の違い

実際に寒冷地仕様車と普通の自動車、いわゆる一般地向けの車は何が違うのか?という事ですが、具体的には下記の装備や設定が挙げられます。

①バッテリー
自動車のバッテリーに限らず、温度が低くなると電池の能力は低下しますので、寒冷地仕様車には能力低下分を補うために、一般地より容量の大きいバッテリーを搭載しています。

②オルタネーターの大容量化
車に必要な電力は、オルタネーターで発電されバッテリーに蓄えられますが、寒冷地ではPTCヒーターやシートヒーターといった暖房装置が設定されており、それらを作動させるためには多くの電力が必要となります。

したがって、多くの電力を確保するには、バッテリーの大容量化だけではなく発電機であるオルタネーターの発電容量も増やす必要があります。

③スターターの高性能化(強化)
寒冷地では、低温によるオイルの高粘度化やアイシング等により、エンジン始動時の負荷も一般地域に比べ大きくなりますので、スターターモータも強化されています。

a65e8e66617d69013bbe523adcb34744_s

その他には、凍結と積雪による高負荷が懸念されるワイパーモーターの強化、低温化でも迅速にウインドウの凍結を除去するためのリアデフォッガーの能力アップ、凍結によるラジエターの破裂を防止するために、寒冷地専用の冷却水用のクーラントなどが挙げられます。

更に、寒冷地では路面の凍結防止として塩化カルシウム配合の凍結防止剤が散布されますが、この塩化カルシウムは車両下回り部品の錆を促進するため、寒冷地仕様車では車両の下回りに防錆処理を施す場合もあります。

ちなみに排気系部品については、カナダや北米などの重防錆地域を基準に設計されていますので、一般地域向けと寒冷地向けで仕様の差はないのが普通です。

最後に、寒冷地仕様車として車室内の暖房能力が強化される事もあり、ヒーターダクトの追加やPTCヒーターと呼ばれる電気式の即暖装備の追加、一部の車種では排気ガスの熱を回収して、エンジンの冷却水を温め暖房が効き始める時間を短縮する、廃熱回収装置などが装備されています。

寒冷地仕様車の中古車を購入するメリット・デメリット

ここでいう寒冷地仕様車の中古車を購入するメリット・デメリットとは、一般地域で寒冷地仕様車の中古車を購入するというケースでの話になりますが、まずメリットとしては先にも述べた寒冷地での使用を想定した、電装系の強化や容量アップによるものが挙げられます。

特にバッテリーの容量アップは、ウインタースポーツで山岳地域に行く機会が多ければ多いほど安心材料となります。

暖房機能の強化も、一般地域といえども真冬には朝の最低気温が氷点下になることもありますので、PTCヒーターなどの即暖機能があれば非常に助かりますね。

逆に寒冷地仕様車の中古車のデメリットとしては、機能そのもので考えるとデメリットは特にないと言えます。

以前は寒冷地仕様車はオーバークール対策のためラジエターの冷却性能が小さく、一般地区での夏場には冷却性能が追い付かずオーバーヒートしやすいと言われていましたが、現在試乗に流通している中古車の年式で考えると、その心配はないといえるでしょう。

そもそも日本の場合は、寒冷地と言われる北海道や東北でも、夏場には30度以上の気温を記録する猛暑日もありますが、そういった時に寒冷地仕様車がオーバーヒートしたという話は聞いたことがありませんし、最近の車は冷却性能の制御技術やシステムの精度も向上しているので、通常の走り方の範疇であれば寒冷地仕様車でもオーバーヒートすることはありません。

寒冷地仕様車の中古車のデメリットは、過酷な使用環境で使われた車であるという事です。

特に車両の下回りは、凍結防止剤の塩化カルシウムによるダメージを受けていますので、各部品の腐食状態が気になるところです。

最近の車は排気系はオールステンレス製なので、腐食して脱落するといった事はほとんありませんが、足回りやフロア下等の一般的な鉄で作られた部品は、施されている防錆処理が劣化し、ダメージを受けている場合もあります。

なので、寒冷地仕様車の中古車を購入する場合は、車両の下回りの状態は必ずチェックしておきたいポイントだといえます。

2dc2dcef3e7760e0bdaa7ce7db5dd12d_s

まとめ 寒冷地仕様車の中古車はお買い得なのか

寒冷地仕様車は、新車購入時にはその装備にもよりますが標準仕様となる一般地仕様車に比べ割高になっていますが、中古車として販売されている車は標準仕様車と変わらないか、むしろ逆に安い場合もあります。

なので、ウインタースポーツを趣味としている方であれば、寒冷地に対応した装備や性能アップが最初から対応されている、寒冷地仕様車の中古車はお買い得と言えます。

逆に、一般地域において寒冷地に近い環境下で車を使用する頻度が少ない場合は、中古車としてのお買い得感はあまり感じられませんし、むしろ車両下回りの腐食という観点では、リスクが大きい中古車選びだとも言えます。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ