水没した中古車の見分け方と水没車の処理方法について

近年、ゲリラ豪雨や梅雨時期の記録的な大雨により、車で走行中に予期せぬ水没状態に見舞われるケースが増えています。

2018年7月に西日本で発生した「平成30年7月豪雨」でも、被災地では大量の自動車が水没被害に見舞われましたが、完全に水没してしまった車はさておき半水没程度の車は今後、中古車市場に多く流通する事も予測されます。

そういった状況下でも、中古車における最大の不良物件ともいえる「水没車」を掴んでしまう事がないように最低限押さえておきたい水没車の見分け方と、水没車を掴まされない中古車選びの方法を紹介します。

なぜ水没車は中古車における最大の不良物件なのか

水没車の最大の問題点は、「いつ何時水没した影響が出るか判らない」という点です。

水没車で起きる最も多いトラブルは電装系の故障ですが、自動車には数多くの電装部品があり、浸水によってこれらの部品がショートしたり、内部に水が溜まって電気的な接点が錆付いたりすると、正常に機能しなくなります。

そしてこれら電装系部品の故障は、浸水による影響がだんだんと進行していき、ある日突然にトラブルとして現れる事も多いです。

最も怖いのは、電気系のショートによる車両火災の発生です。

特に最近はハイブリッド車の普及が拡大し、降雨被害による冠水車・水没車の中にも数多くのハイブリッド車が含まれています。

ハイブリッド車(少なくとも日本をはじめとする先進国の製造するモデル)には法律で規定されたフェィルシステムが搭載されているので、水没してもバッテリーの電気が漏電して感電する事はありませんが、電気回路内に水が浸入する事によるショートの可能性はゼロではありません。

水没車と告知して販売する中古車業者はいない

水没車は中古車売買では「災害車」として扱われ告知が必要となりますが、実際には水没車であることを告知せずに販売している中古車販売店もあります。

なぜならば冠水車・水没車という事が告知され最初から判っていれば普通のユーザーならば購入は避けるはずで、逆に言えば中古車販売店は冠水車・水没車を仕入れてきてもその事実を告知したら買い手が付かず長期在庫物件になってしまいます。

そう考えると普通の中古車販売店ならそんな車を仕入れて店頭に並べようとは思いませんが、「災害車」は安く仕入れることが出来るため水没車であることを隠して一般的な相場価格で売りさばいて利益を得る、悪質な中古車販売業者もいるということです。

df19860fbf3b9d5345e529d1d67d232f_s

最低限押さえておきたい水没車の見分け方

では実際に、中古車販売店等に展示されている車が水没車かどうか、見分ける方法ですが、まず水没や浸水によって発生した汚れやシミは、その部品を交換しない限りはどんなに綺麗に掃除しても落す事は出来ません。

特に革と布製品についた染みは落ちないので、例えば室内のシートの同じような位置に不自然な染みがあるとかいった場合は、その位置まで浸水していた車の可能性があります。

運転席の足元にはアクセルペダルやブレーキペダルなどの操作系がありますが、この操作系の可動部分や更にその奥のダッシュパネル裏に近いところをチェックするのも有効です。

こういった部位は奥に入り組んでいて掃除がしづらいため、水没して泥水に使った後の泥がそのまま見落とされ残っている場合があります。

次に水没車の特徴として挙げられるのが、エアコン作動時の異臭です。
エアコン内部は浸水すると、通風ダクト内に汚れやカビが発生し、容易に取り除くことが出来ないため、これらがエアコン作動時の異臭となります。

エアコンの場合は吹き出し口に取り付けるタイプの芳香剤が取り付けられているとこれでごまかされる場合があるので、送風を足元にしてヒーターを作動させてみましょう。

ヒーターの場合でも空調ユニット(通称:HVAC)の浸水したダクトを介して車室内に温風が吹き出しますので確認する事が出来ます。

その他には、車両の下回りに錆が多く発生している、エンジンルーム内の不自然な個所に泥が堆積しているといった状態が見られたら、水没車の疑いありです。

車両の下回りなどは、通常に使用していても錆や汚れが発生するので、それだけでは見分けられませんが、上記のような観点でチェックすれば、水没車を掴まされてしまうリスクもある程度回避できるのではないかと思います。

一般ユーザーが完璧に水没車を見分けることは不可能

このように、中古車選びにおいて水没車を見分ける方法はいろいろありますが、実際に中古車購入のトラブルとして、水没車の購入に関するトラブル事例は毎年発生しているのが現状です。

したがって、一般のユーザーが完璧に水没車を見分けることはほぼ不可能であるといわざるを得ません。

aee3f379db2ac89163cf3fe5ba1416f2_s

水没車で失敗しない中古車選びの方法

では中古車選びにおいて、水没車両等の欠陥商品を掴んでしまわないためにはどうすれば良いのでしょうか?

それはやはり「信頼できる中古車販売店から購入する」という事で、車選びのプロではない一般ユーザーにとっては、信頼できる販売店から購入するのが最善の方法だと言えます。

最近はネットの中古車検索サービスも充実しており、県外にある中古車も含めて自分の条件に合った中古車を探すことが可能です。

しかしながらネットで県外から中古車を購入する場合、中古車の選択肢は増えるもののその中古車を販売している販売店が、果たして信用できるのかどうか?全く判らないのも事実です。

「近所には自分の欲しい車種の中古車がないから、ネットでも中古車を探して良い物件があったら購入したい」

「だけどネットに出品している販売店が信用できるかどうか不安・・」

そんな悩みをお持ちなら、ネットの「無料中古車お探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車お探しサービス」なら
point160万台の非公開車両の中から、希望条件に合った中古車を提案!

車選びのプロであるスマートカーライフプランナーが、あなたの入力した希望条件にズバリ合った中古車を提案してくれますので、なかなか自分の条件に合う中古車が見つからないといった悩みを解決できます。

point2提案する中古車はもちろん「事故修復歴」チェック済み
条件に合った中古車を厳選して提案してくれるのは、全国に450店舗以上を持つ、中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その品質も安心です。もちろん「水没車」を販売するようなこともありません。

なので、自分でネット検索して見つけた中古車のような、「このお店で買っても大丈夫かなぁ?」といった心配もありません。

point3希望条件に合った中古車は最短で即日、通常2日で提案
わずか1分程度の、希望する中古車の条件等の登録を済ませれば、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップで迅速に提案してもらえるので、ネットでの中古車探しに時間を取られることなく、欲しい中古車を見つけられます。また、非公開車両の中から提案してくれるので、検討しているうちに他の人に買われてしまった・・といったこともありません。

point4安心の年保証と返品サービス
提案してもらえる中古車はどれも最長で10年の保証を付けることが可能、また納車後も期間内であれば返品することが出来ますので、ヤフオク等の個人売買のようなリスクの心配もありません。
muryoudesagasu

最長保証期間 国産車10年 輸入車5年 ※.1年以上の有料オプション補償付帯時のみ対象

水没車の処理方法について

実際に車が水没して動かなくなりその場に放置せざるを得ない状況となった場合、水が引いた後にその車を移動させる必要があります。

当然自力では動くことが出来ないのでレッカー移動させる必要がありますが、そのためにはレッカー車を手配する必要があります。

レッカー車の手配方法としては、

  • JAFにお願いする
  • 任意保険に付帯するレッカーサービスを利用する
  • ディーラーや中古車販売店に頼む
  • 廃車専門の買取業者へ依頼

といった方法が挙げられますが、

JAFにお願いする場合は、JAF会員でない場合15kmのレッカー移動で約13000円の料金がかかり、距離が延びる毎に料金が上乗せされていきます。

任意保険に付帯するレッカーサービスだと、保険会社により異なりますが50kmくらいまでは無料で対応してくれるところもあります。ただし保険会社経由で手配調整するため結構な時間待たされます(経験上)

上記のレッカー移動の場合、移動先は自分で指定しないといけないのでそのまま自宅まで運んでもらうという方法もありますが、駐車場の状況によってはそこまでレッカー車が入れない、下り勾配の途中に車庫がある団地など、自力で動かない車を車庫に入れるのが困難な場合もあります。

その場合はディーラーに頼むのと同様に、最寄りのディーラーか中古車購入した販売店との受け入れ調整が必要となりますが、規模の大きい水害の場合だと水没車の数が多くディーラーや中古車販売店が対応出来ないもしくは相当な時間を要する事になります。

車室内まで冠水した車両は、コンピューターをはじめとする電気系統にトラブルを抱えますので、完全に修理することはほぼ不可能で廃車の選択肢しかありません。

関連記事 水没車のトラブル事例とその危険性

ディーラーや中古車販売店で廃車にした場合、廃車費用が掛かったり廃車にする車両の残存価値はゼロもしくは二束三文の査定となっていしまうことがほとんどです。

一方で廃車買取専門の業者に頼めば、車両の直接引き取りだけでなく廃車にする車両の価値を評価して買い取って貰えます。

なので、水没車の移動含めた処理は、廃車買取専門業者に頼むのがベストだといえます。

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト 

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ