10年落ちの中古車に見る、中古車選びのポイント

最近の自動車は耐用年数や走行距離も昔と比べると格段に向上しており、以前は10年10万キロが自動車メーカーの耐久保証基準であったものが、現在は15年20万キロにまで延長されています。

したがって、中古車においても10年落ちの品質は車として全く問題ないレベルだといえますが、その一方で10年経てば経年劣化する部品もあり、この経年劣化の部分は中古車のコンディションを大きく左右するところでもあります。

関連情報

年式が10年以上の中古車は買取OKか?
中古車の買取、20万キロ以上の車でも値が付く?
走行距離10万キロ走った中古車は大丈夫?

6045bbfe4bd5549f33f3eff1fe3e47ae_s

10年落ちの中古車で気にすべき経年劣化は

実際に、10年落ちもしくはそれ以上の中古車の場合、最も気にすべき経年劣化は、ゴム系部品の劣化と樹脂部品の劣化だといえます。

ゴム系部品といえばその代表はタイヤになりますが、タイヤの場合は10年落ちの中古車なら何度か交換されているのが普通なので、あまり経年劣化を気にする必要はありませんが、走行距離の少ない車両の場合は、タイヤのゴムが硬化してサイドウォールのひび割れがある場合も多いので、要チェックです。

ゴム系部品でタイヤより経年劣化の影響が出やすいのが、エンジンマウントや足回りのブッシュラバーです。

これらの部品は、常にエンジンや車両全体の荷重を受け止めている状態なので、へたりや亀裂等の劣化が早い部品です。

ただし、足回りやエンジンルーム内に設置されたマウントラバーは普通に現車確認しても見えない場合が殆どですし、劣化の状態は目視で確認するのは困難です。

したがって、こういったゴム系部品の経年劣化含む状態をチェックするには、実際に試乗してみて、振動や異音の発生有無を確認するしかありません。

43e678ad15d809cdd62d6b47e930582c_s

その他にはピラー周りのシール機能を担っている、ウエザーストリップと言われるゴム製のシール部品です。

このウエザーストリップが劣化すると、他のゴム部品と同様にひび割れたり、劣化がひどい場合は破れたりして、その結果、ピラー部分からの雨漏りや走行時の風切り音の車内への侵入といった不具合が発生します。

こういった部分は実際に中古車の現車確認でも確認できますし、またネットでの中古車検索などにおいても、販売店に問い合わせの際にピラー周りのウエザーストリップの詳細画像をお願いすれば、大抵の中古車販売店は画像を提示してくれます。

逆に言えばネットでの中古車購入を検討する際には、そういった対応をしてくれない中古車販売店からは、購入を控えておいた方が無難でしょう。

内外装の樹脂部品も要チェック

ゴム部品以外に経年劣化の影響を受けるのが、内外装に使われている樹脂系部品です。
自動車は軽量化や装飾の観点からもたくさんの樹脂部品が使われていますが、これら樹脂部品は、紫外線などによって劣化が進んでいきます。

もちろん、材料選定などで基本的な耐候性能は確保されており、経年劣化と共に機能を失うほど破損するといったケースは少ないですが、表面が劣化して見栄えが悪くなったりする事は多いです。

特に、SUVなどで採用されている、無塗装の樹脂バンパーの場合、経年劣化と共に表面が白くなってしまい、車全体の見栄えを大きく損なってしまいます。

一方で日頃から保護剤などを使ってメンテナンスされていれば、10年経過した中古車でも樹脂バンパーの劣化は防ぐことが出来ますので、10年落ちの中古車で樹脂バンパーの車を選ぶ際には、その劣化度合いで前オーナーがこまめに手入れされていたかどうかを見極める事も出来ます。

また、インパネ等の内装の樹脂部品についても経年劣化の影響が現れ易い個所なので、10年落ちの中古車を選ぶ際には、色褪せやひび割れなどはしっかりチェックしておきたいですね。

4a7c3ac3ce8838bd2a34432f2e127655_s

年式が古くなるほど難しくなる中古車選び、最善の方法は?

このように、車も登録されてから10年も経てば、さまざまな部分に経年劣化が現れてきますが、10年以内の中古車でも同様に経年劣化は起こります。

自動車は常に厳しい外部環境の中で使われている耐久消費財なので、使用や経年による劣化や故障の発生はやむを得ないですが、1年落ちより2年、2年落ちより5年と、年式が古くなればなるほどこういったリスクは高まりますし、その見極めは難しくなります。

その一方で、自分の欲しい車種で充実した装備満載の車を、安く手に入れる事が出来るのも中古車の大きな魅力といえます。

特に、冒頭に述べたとおり、自動車メーカーの耐久保証基準の向上により、10年落ちの中古車はコストパフォーマンスの観点からも非常に狙い目の中古車だと思いますので、しっかりとその良し悪しをチェックして優良物件を手に入れたいですね。

そのためには、より多くの中古車物件をチェックする事が重要となりますが、地元近所の中古車だけではなく、県外の中古車物件も視野に入れて探せば、優良物件に巡り合える確率も上がります。

実際、私自身も県外も選択肢に含めた中古車購入で、希望条件に合った掘り出し物の中古車購入を実現しました。

詳細はこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。
カーセンサー経由で県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット
ネットで中古車を購入した体験談 ダイハツコペン

10年落ち中古車選びのポイント

  • ゴム部品のウエザーストリップは、劣化することで異音や雨漏りなどのトラブルが起きるので要チェック
  • 内外装の樹脂部品の劣化状態で、その中古車がきちんと手入れされていたかある程度判断できる
  • 特に無塗装の樹脂バンパーが白化している中古車はあまり大事に乗られてこなかった中古車の可能性大
  • 経年劣化はあれど、10年落ちの中古車はコストパフォーマンスの観点からも非常に狙い目
  • 10年落ちでも程度の良い中古車を手に入れるには、より多くの物件をチェックする事が重要

 

10年落ちの中古車選びで失敗しない方法

一方で、「自分ではなかなか中古車を探す時間もないし、その程度の見極めにもいまいち自信がない」

そんな悩みをお持ちなら、ネットの「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車お探しサービス」なら

point160万台の非公開車両の中から、希望条件に合った中古車を提案!
車選びのプロであるスマートカーライフプランナーが、あなたの入力した希望条件にズバリ合った中古車を提案してくれますので、なかなか自分の条件に合う中古車が見つからないといった悩みを解決できます。

point2提案する中古車はもちろん「事故修復歴」チェック済み
条件に合った中古車を厳選して提案してくれるのは、全国に450店舗以上を持つ、中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その品質も安心です。

なので、「このお店で買っても大丈夫かなぁ?」といった心配もありません。

point3希望条件に合った中古車は最短で即日、通常2日で提案
わずか1分程度の、希望する中古車の条件等の登録を済ませれば、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップで迅速に提案してもらえるので、中古車探しに時間を取られることなく、欲しい中古車を見つけられます。また、非公開車両の中から提案してくれるので、検討しているうちに他の人に買われてしまった・・といったこともありません。

point4安心の保証と返品サービス
提案してもらえる中古車は最長で10年の保証を付けることが可能、また納車後も期間内であれば返品することが出来ますので安心です。

botan

保証期間 国産車10年 輸入車5年 ※.1年以上の有料オプション補償付帯時のみ対象

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ