50万円以下の中古車を買う時にチェックすべきポイント

中古車の購入予算で、50万円以下の予算での購入を考えている方は結構多く、また50万円位出せば、車種によっては結構程度の良い中古車を見つける事も出来ます。

もちろん、年式が新しく走行距離の少ない中古車だと、軽自動車でも場合によっては100万円近くする車もありますが、それでもやはり50万円以下の中古車で、程度が良い車を選ぶのであれば、軽自動車かコンパクトカークラス、車種によってはもうひとつ上のCカークラスがおすすめです。

50万円以下の中古車を買う時にチェックすべきポイント

中古車検索サービスの「カーセンサーネット」で、「50万円以下の中古車」で検索してみると、軽自動車から普通車まで160台ほどヒットしました。(2015年6月時点)

軽自動車だと2010年以降で走行距離が6万キロくらいから、50万円以下の車両価格の中古車がありますが、普通車になると50万円以下で買える中古車で2010年以降の車両は無く、また走行距離も最も少ない車両で6万キロとなっています。

なので、50万円以下の中古車は、年式でいえば5年落ち以上で、走行距離も多い車となりますので、ブレーキパッドやバッテリー、タイヤなどの消耗品関係の状態と、エンジンの調子は良くチェックしておいた方が良いといえます。

参考ページ:走行距離10万キロ走った中古車は大丈夫?

その他には、マニュアル車ならミッションが入りづらいとかギア抜けが起きないか、AT車ならN⇒Dに入れた時の変速ショックの大きさ等もチェックすべきポイントです。

ただマニュアルミッションの入りづらさとかギア抜けは、実際に走ってみないと判らないので、試乗のできない中古車の場合だとチェックは難しいですね。

実際に現車を確認しても、なかなか程度自体は見極められないと思うので、メンテナンスノート等の点検整備記録がきちんと残っている中古車を選ぶというのも方法です。

当たり外れのある中古車は保証とアフターフォローが重要

dd058ab60e359e83d90d08ac9c243741_s50万円以下の中古車にも、程度の良い掘り出し物も沢山ありますし、予算に限らず中古車購入は当たり外れがあるのも事実です。

なので最低でも1年間は保証の付いた中古車を選ぶ、また購入後のアフターフォローをきちんと行ってくれる、大手の中古車販売点やディーラーから購入するのも重要なポイントといえます。

50万円以下の中古車購入で失敗しない方法は?

50万円以下の中古車を選ぶ際には、先に述べたようなチェックすべきポイントは押さえるにしても、自分自身で程度の良い車両を選ぶのは結構難しいといえます。

新車とちがい、中古車で自分の条件に合った程度の良い車両を見つけるのは、結構運的な要素もあるのですが、やはり基本は中古車をきちんと見極める事が出来るというのが非常に重要です。

でも自分では、

lst_c04_18_18_lg中古車の良し悪しを見極めることは出来ない・・
lst_c04_18_18_lg本当にこの車を買って大丈夫なの?

そんな悩みや不安をお持ちの方も多いと思いますが、そんな方にはネットの「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車探しサービス」なら、プロの中古車鑑定士が、あなたに代わって走行距離が多い車からでも、条件に合った優良中古車を探して提案してくれます。

kochira「無料中古車探しサービス」の詳細はこちらから

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ