レクサスの中古車は20万キロ走っていても大丈夫?

レクサスはBMWやメルセデス、アウディといった欧州プレミアムブランドと競合する日本車のブランドとして、トヨタ自動車が立ち上げた高級車ブランドです。

レクサスは元々、日産のインフィニティと同様に北米の販売チャンネルとして立ち上げられたブランドですが、日本国内への導入以降、国内では高級車ブランドとしてその地位を確立しています。

車としての性能も、洗練されたパワートレインに世界最先端のトヨタ製ハイブリッドシステムの組み合わせで、欧州プレミアムカーを凌駕する走りと静粛性を実現しています。

目次

 

レクサス各モデルの中古車相場

レクサスには現在、スポーツクーペからセダン、SUVと幅広いラインアップがありますが、代表的なモデルの走行距離と中古車価格相場を、カーセンサーで調べてみました。

モデル年式走行距離(km)中古車価格(万円)
LS600h2007~201711~270000148~1290
LS4602006~2016840~27200099~998
GS2005~201618~24800055~1030
IS2005~201720~24200049~750
RX2005~20173~24500098~856
NX2014~201715~49000383~773

2018年1月時点。価格は本体価格を表示。

レクサスブランド全体での中古車総数は、カーセンサーで検索可能なだけでも、約6000台となっており、その中でも上級車種であるレクサスLS460は、走行距離が10万キロだと100万円台で購入する事も可能です。

また、走行距離が20万キロ以上の中古車も多く販売されており、20万キロ以上でも十分に中古車としての残存価値が評価されるあたりは、やはりレクサスブランドの人気の高さというか強さと言えるところです。

走行距離が多くてもレクサスの中古車は故障が少ない?

通常の中古車だと、20万キロを超えるような車は故障も多く、日本の中古車市場では売り物にならないので海外の市場に流したり、廃車にして部品取りにまわすことがほとんどですが、先にも述べた通りレクサスの場合は走行距離が20万キロ、物件によっては30万キロ近い走行距離の中古車が数多く流通しています。

では20万キロや30万キロといった距離を走行しても、レクサス車は他社に比べ劣化によるトラブルが少ないのか?というと、車全体でみると必ずしもそうではないという印象です。

もちろん、レクサスという高級ブランドとしての品質の作り込みを考えると、内外装の質感や室内の静粛性といった、商品性の部分では他車や同じトヨタブランドの車よりはグレードの高い材料を採用したり、構造設計を強化している部分はありますので、そういった部分の劣化やトラブルは少ないといえます。

一方で、エンジンやトランスミッション、またハイブリッド車におけるハイブリッドシステムやバッテリーなど、車の基本機能をつかさどる部分の多くは、トヨタブランドの車と共用していますので、基本的にはトヨタブランド車並みの耐久信頼性の考え方で設計・生産されています。

エンジンやミッション等、自動車の基本機能の耐久信頼性の考え方は、15年20万キロというのが日本国内の自動車メーカーでは一般的なので、トヨタ車も他車と同じ考え方で造られている、すなわちレクサス車もこういった部分においては、他車と同じ耐久信頼性ということになります。

なので、やはりレクサスにおいても同様に、中古車としては走行距離10万キロまでの物件を選んでおいた方が無難と言えるでしょう。

そしてなにより重要なのは、走行距離が10万キロに至るまでにきちんとメンテナンスされてきた車であるか?という事になると言えます。

車の基本機能の部分は、日頃から必要なメンテナンスがきちんと行われていれば滅多に損なわれることはなく、その代表例が点検整備が法令で義務付けられ、30万キロオーバーの車両も現役で活躍するタクシーです。

関連ページ:走行距離10万キロ走った中古車は大丈夫?

しっかりとメンテナンスされたレクサスの中古車を上手に探すには

LS460といった高級車も、走行距離が10万キロ以上や20万キロ近い物件だと、100万円台で購入できるので若い世代でも手の届きやすい中古車ですし、そういった中でコンディションの良い中古車を探し当てることが出来ればラッキーです。

ただその一方で、レクサスの中古車はどのモデルに限らず、中古車価格に相応しい程度の車両を見つけるのが難しいと言われています。

その理由としてはレクサスのような高級ブランドの場合、車には対して愛着はなく、レクサスブランドのステータスで選ぶユーザーも多いことが挙げられます。

車自体に愛着もないユーザーの場合、一つの車種に長く乗り続けるつもりもないので定期メンテナンスも受けず、いわゆる乗りっぱなし状態で車を酷使することが多いです。

また、LS460の場合は法人で使用されていた車両、すなわち「車は移動するための道具」以外何物でもないといった考えで酷使された状態の中古車も数多く出回っているのもまた、中古車選びを難しくさせている要因だと言えます。

では実際に、20万キロ以上走ったレクサスの中古車を選ぶときに、しっかりとメンテナンスされた車を見つけるためにはどうすればよいか?という事ですが、そのためには、以下の二つが重要なポイントとなります。

・より多くの中古車をチェックする

近場の中古車販売店に流通している中古車だけでは、どうしても選択肢も狭くなり、程度があまり良くないなと思いながらも、早く車を手に入れたいという気持ちもあり、ついつい妥協して購入してしまったというケースも多いです。

近場だけではなくネットの中古車検索サービスなども活用しながら、出来るだけたくさんの中古車物件の情報をチェックする事が、納得のいく中古車探しの基本だといえます。

関連ページ:県外から中古車を買った時の引き取り方法や納車費用

・万が一の場合でもしっかりと、アフターフォロー含めた保証が付いている車を選ぶ

近場の中古車販売店だけでなく、ネットで県外から中古車を購入した場合でも、県外の正規ディーラーや全国チェーンの大手中古車販売店から購入すれば、地元の店舗で保証を受けることが出来ますので、保証のしっかりした中古車を選ぶようにしましょう。

関連ページ:中古車の保証について

 安心保障の付いたレクサスの中古車を上手に探す方法

プレミアムブランドとしてしっかりと作り込まれた品質と、車としてのパフォーマンスは欧州プレミアムカーと肩を並べることが可能なレクサスは、どのモデルも中古車市場では人気があります。

人気があるが故に、走行距離が10万キロや20万キロといったレクサスの中古車は、複数のオーナーに乗り継がれた車も多く、コンディションの見極めが難しいのも事実です。

また忙しくてなかなか自分でじっくりと中古車を探すことが出来ない、といった事もあります。

憧れのレクサスをリーズナブルな価格で手に入れたいけど、コンディションの善し悪しが自分では判断できない、またなかなか自分で探す時間がない・・

そんなお悩みをお持ちなら、ネットの「無料中古車探しサービス」にお願いしてみるという方法があります。

「無料中古車探しサービス」なら、

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ