ローンで車を買うと所有者は自分にならないのか?

車を買うときは、特に新車の場合だと頭金をいくらか払って残りをオートローンなどの分割払いで支払う人も多いと思います。

車をローンで買った事のある方なら、車検証の所有者はその車の販売会社ローンを扱っている信販会社で、使用者が購入者本人の住所と名前になっているのを見たことがあるのではないでしょうか。

目次

 

車の所有者と使用者とは

車の所有者、使用者とはそれぞれ読んで字の如く、その車を所有する人(或いは法人)と、その車を使用する人という事になりますが、そもそもなぜ車には所有者と使用者という区分が存在するのでしょうか?

車を購入する際の購入代金の支払い方法は、諸費用含めた全額を一括で現金で支払う方法と、先にも述べた通り頭金として購入代金の一部を現金で支払い、残りの金額を分割払いで支払う方法があります。

なお、一昔前は諸費用分はローンには出来ず現金での支払いが必要と言われていましたが、最近は諸費用分も含めて、いわゆる頭金ゼロでもローンを組むことが出来ます。

関連記事
頭金なしでも中古車は買える?

ローンで車を購入した場合は、信販会社に車の購入代金を一括払いで建て替えてもらっているわけですから、建て替えてもらっている代金を払い終えるまでは、その車は自分のものにはなりません。

万が一、月々の支払いが出来なくなった場合には、信販会社はその車を引き上げて売却し債権回収しないといけませんが、所有者が他人名義の車を勝手に売却することができませんので、いざというときにために所有権を確保しているわけです。

所有者が自分でない場合、どんな不都合があるのか

上記のような、車の所有者が自分以外の第三者の状態を「所有権保留」といいますが、実際に所有権保留の状態だとどんな不都合があるのかといえば、日常生活で車を使用する上では全く不都合はありません。

車検を受ける時や任意保険の更新の際にも、車検証上の所有者と使用者の括りは全く関係ありませんし、万が一交通事故などの、車を運転中のトラブルが発生した際も問題ありません。

ではどのような時に不都合があるのか?ですが、車を売ったり廃車にしたりする、いわゆる車を手放す時となります。

車に限らず、人のものは勝手に売る事ができないのが常識ですが、所有者が他人名義になっているという事は、勝手に譲渡売却することは出来ません。

したがって、ローンで購入した車で所有者がディーラーや信販会社になっている車を売る時には、所有者を自分に変更する必要があります。

これが「所有権解除」という処理になりますが、ローンが完済している状態であれば、所有者のディーラーや信販会社に所有権解除の旨を申し入れると対応してもらえます。

ローンが残っている場合は、ローン残金を一括で支払えば所有権解除することが出来ます。

関連記事
ローンが残っている車を売る事は出来るのか?

ローンで車を買ったら必ず所有者は自分にならない?

購入した車の所有者が自分でなくても、日常の使用には特に問題ありませんが、このように買い替えや車を手放す場合のことを考えると、やはり所有者も使用者も自分になっていた方が楽です。

基本的にはローンで車を購入すると、前出の理由から所有権は保留になりますが、例外もあります。

例えばローンの金額が少ない場合は所有者も購入者自身になることも多く、目安としては100万円以下の金額のローンの場合がそれに該当するようです。

また、過去に信用事故等の経歴がなく、公務員など安定した収入があり社会的な信用が高い場合も所有権保留とならない場合があります。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ