年式が10年以上の中古車は買取OKか?

中古車を売りたいとか買いたいとか考える時に、その車の年式というのは結構重要なポイントであったりします。

自動車は耐久消耗財なので、当然実際に使われはじめてからの経過年数は少ないに越したことが無いのですが、不況が続く昨今の経済状態では、バブル経済の頃のように車を1年くらいでどんどん乗り換えるようなユーザーは少なくなり、新車で購入した車をずっと乗り続けるユーザーが多くなりました。

c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_s

同じ車も10年以上乗り続けるとだんだんと愛着が湧いてきて、家族の一員ように思えたりもしますね。

しかしながら、10年以上乗り続けるとやはり経年劣化も目立ち始めますし、故障個所も増えたりでその修理費含めたランニングコストが思った以上にかかってしまうのは悩ましいところです。

10年以上経つと下取査定はほぼゼロ、買取査定なら高値も期待

自動車の耐久保証は15年20万キロを目標に作られていますので、10年以上の中古車になると車として機能しなくなるといったことはありませんが、車の商品価値としては大きく下がります。

車の商品価値は下取と買取で評価されますが、下取りの場合だと人気車種で無い限りは10年以上の中古車の場合はほぼゼロ査定が普通です。

ただ実際にはゼロ査定と言いながら、ちゃっかり中古車市場へ流して利益を得ている事もありますし、次の車を購入する際の値引き分を査定に回して、あたかもゼロ査定だけども値を付けて引き取ります的な商談に持ち込む場合も多いですね。

よくいわれる、車を購入検討する際の見積もりは、下取車無しの状態で見積もりを取ろうというのは、こういったディーラーや中古車販売店側の、下取金額と値引きを混在させて、本当の値引き幅を見えなくして利益を出そうとする手口を防ぐためです。

下取価格が付かない10年以上の車でも高く買い取れる理由

d1ebca6b71bbb6b9853ba04d7dbc6841_s
一方の買取査定の場合、10年以上経った中古車でも、車種によっては正直驚くくらいの買取査定金額で買取ってもらえる事も多いです。

その一番の理由は、買取専門店の場合は、買取った車を一般的な中古車オークション等に流すのではなく、自社の持つ独自の販売ルートで市場に出す場合が殆どです。

その独自の販売ルートは、日本国内だけではなく世界各国への中古車販売網を構築しており、車種によっては日本で10年以上前の車だったり、走行距離が20万キロ近く走っているような車も高値で取引され大きな利益を生む事ができます。

また、車種毎の専門店など、特定の車種の販売を得意とする買取専門店も多くありますので、そういった車種だと下取で値が付かないような車でも、買取査定で高値が付く場合が多いです。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ