「スズキ」の記事一覧

新型ジムニーの納期は1年以上?納車期間を短縮する方法

新型ジムニーは発売されて以来爆発的な人気で、製造メーカーであるスズキの予想を大きく上回る注文が入っており、生産が全く追いつかない状況です。

新型ジムニーが発表・発売されたのは2018年7月ですが、2018年9月時点での新型ジムニーの納期は1年以上、普通車の小型SUVになるジムニーシエラに至っては2年近く納車期間がかかる状況で、スズキ自動車でも増産準備を進めているとのことですが、すぐに増産というわけにはいかないようです。

画像引用:スズキ自動車HP

新車発売当初の過熱ぶりも冷めてきたり、やはり納期が長すぎるという事でキャンセルするユーザーも出てきますので、納車期間はだんだんと短くはなってくると思われますがそれでも当分は1年近い納車期間で推移しそうな感じです。

関連ページ:ジムニーの中古車相場と購入時の注意点

そもそも新型ジムニーはなぜそんなに人気なのか

ジムニーと言えば軽自動車唯一の本格クロカンSUVで、同じスズキのハスラーに比べると快適性よりもSUV本来の悪路走破性にウエイトを置いた車で、いわゆる一部のマニアックなユーザーに支持される車でした。

そんなマニアックな車であるジムニーが新型になって爆発的な人気を誇っているのはやはりそのデザインの良さに尽きると思います。

デザイン的には90年代のJA型に回帰した角張ったモデルとなったことで、先代のJB型とボディサイズは同じでありながら一回り大きく安定感のあるフォルムに見えるようになりました。

メルセデスGクラスをイメージさせるデザインが人気

フロントマスクからリアに流れる直線基調のデザインは、メルセデスのGクラスをイメージさせるといわれており、これも新型ジムニーの人気の要因と言えるでしょう。

画像引用:スズキ自動車HP

快適性をアピールする事で新規ユーザー層を拡大

新型ジムニーのカタログをみると、本格的なオフローダーであることを前面に押し出しながらも、運転のしやすさや快適性、スズキが誇る先進の安全性能を水平展開していることもアピールする事で、スタイリッシュな本格SUVを普段の足としても快適に使えることを実に巧みにイメージさせています。

これによってそれまでジムニーに持っていた、オフロード走行に特化した武骨な車で快適性とかは二の次というイメージを払拭させ、女性ユーザーや買い物や街乗りなどの普段の足替わりに使うユーザーも広く取り込むことが出来ており、実際に販売店に予約ユーザー層を聞いてみると、女性オーナーの予約もかなり多いようです。

新型ジムニーの新車価格と売れ筋グレード

新型ジムニーの新車価格はベーシックグレードであるXGが145.8万円(5MT車)となっていますが、ディユアルセンサーブレーキサポート他のスズキセーフティサポートが標準装備されている最上級グレードでも174万円なので、快適装備も充実した最上級グレードが売れ筋となっています。

新型ジムニーに試乗した感想

実際に新型ジムニーに試乗してみましたが、まず乗り込んでみると車内の質感はまあ軽自動車並みといった感じではあるものの、かつてのJA型の武骨なイメージをどことなく残した感じのインテリアデザインは使い勝手もよくよくできたという印象です。

画像引用:スズキ自動車HP

ディーラー試乗なので長距離は走行していませんが、走り出してすぐに感じたのはボディ剛性の高さです。

試乗コースの緩やかなカーブをあえてステアリング舵角を大きめになるようなラインをトレースし走ってみましたが、箱形の軽自動車によくありがちなボディ全体がねじれてワンテンポ遅れるような感覚は全くなく非常に剛性の高い乗用車と同じ感覚で不安を感じる事はありませんでした。

シャシーは先代と同じラダーフレーム構造をベースとしているようですが、相当の合成アップのテコ入れがされている、またボディーパネル自体も高張力鋼板等を採用し剛性アップが図られているようで、このあたりの効果が新型ジムニーの乗り心地と運転のしやすさに大きく貢献しているようです。

新型ジムニーの中古車は購入可能か

そんな大ヒット車種となった新型ジムニーですが、やはり最大の問題は納車期間が長いという事です。

1年以上の納期となると、新型ジムニーが納車される前に今の車の車検が切れてしまうといった問題もありますし、やはり1日でも早く新型ジムニーを手に入れたいと願うユーザーの方も多いようです。

新車納期が1年以上かかるとなると、あとは中古車での購入という事になりますが、発売されたばかりの新型ジムニーの中古車なんてあるの?ということで新型ジムニーの中古車を調べてみたところ、2018年7月登録のいわゆる「未使用車」がありました。

グレードは最上位のXCで乗り出し価格188万円ですから、人気の新型車によくあるプレミア価格のような状態にはなっておらず適正な中古車価格で流通しているようです。

新型ジムニーの納車期間を短縮する方法は未使用車を探すのがベスト

新型ジムニーでも、中古車市場には未使用車の中古車が流通していますし、またその価格はプレミア価格のような状態にはなっていないので新型ジムニーを短期間で手に入れる方法として未使用車を購入するという選択肢はありだといえます。

未使用車はほとんど走行していない新車同然の中古車なので、その程度については全く心配する必要がありません。

問題はまだ新型ジムニーの未使用車の流通量が少ないという事で、地元近所の中古車屋だけではなかなか巡り合えないという事ですね。

なのでネットの中古車検索サービスで県外の中古車も含めて探すという方法がありますが、

自分で中古車検索サイトを使って探す時間もないし問い合わせするのも面倒・・

そんな方には「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車探しサービス」なら、

ジムニーの中古車相場と購入時の注意点

スズキジムニーは軽自動車では唯一の、本格オフロードタイプのSUVですが、中古車市場でも安定した人気を誇る車種の一つです。

同じくスズキからは、ハスラーという軽のSUVが登場し、こちらも人気のSUVですが、ハスラーはあくまでシティユースを対象にしたSUVなので、オフロードの走破性を考えて開発されたジムニーとは異なる車だといえます。

ジムニーの中古車相場は年式や走行距離によって異なりますが、このジムニーは国産車では数少ないというか他には例が無い、年式が古くなるほど中古車市場での価格が高騰する車です。

またカスタマイズした車両の方が高く売れるという、まさにハーレーダビットソンのような車ともいえます。

中古車販売店には、ジムニーの専門店も多く存在し、カスタマイズされたジムニーの中古車が、年式や走行距離とは関係なしに結構なお値段で店頭に並んでいます。

jimnmy2

スズキジムニーの中古車相場

実際に中古車検索でスズキジムニーの、走行距離10万キロ以上の中古車を検索してみました。

 

スズキジムニーの中古車相場を見てみると、1994年式のJA11型ジムニーで、走行距離が16万キロ走行した車両が、60万円位の中古車価格で販売されています。

ちなみにJA11の次の、JA12型からはサスペンションがそれまでのリーフリジットからコイルスプリングに変更され、オンロード走行における操縦安定性と快適性を向上させたモデルになりましたが、スズキジムニーといえば、頑丈なリーフリジットサスでオフロードを左右に揺られながら走破する車というイメージが強いですし、悪路走破性を考えてジムニーの中古車を購入するならやはり、JA12型以前のリーフリジットサスペンションモデルを選びたいですね。

またジムニーは、1990年に登場したJA11型から以降は、軽の自主規制上限の64psを発揮する、3気筒の660㏄ターボエンジンが搭載されているので、ATモデルでも力強い走りが魅力です。ただし3代目モデル以前のATは3ATなので、5MTモデルを選んだ方が満足度は高いでしょう。

20年ぶりに新型ジムニー登場!中古車相場への影響は?

現在販売されているJB23型のジムニーが登場したのは1998年で、それから20年の時を経た2018年7月に20年ぶりとなる新型ジムニーの発売が発表されました。

この新型ジムニーは、ジムニーのアイデンティティともいえるラダーフレーム、エンジン縦置きFRレイアウト、副変速機付きパートタイム4WDなどを継承し、JA11型の武骨でスクエアなスタイリングの面影を残しながらも、洗練されたデザインとなっています。

内装の質感も大幅に向上しているようで、更にはスズキが誇る安全装備であるデュアルセンサーブレーキサポートも装備しています。

画像出典:スズキ自動車

新型ジムニーの価格帯はまだ公表されてませんが、おそらく現行モデル並みか若干高いレベルだと思われますので、ジムニーの中古車の購入を考えていたユーザーだけでなく、新たなジムニーファンも含め多くのユーザーから支持される車になりそうで、そういった意味からもジムニーの中古車相場は新型の登場以降若干下がってくるのではないかと思います。

ジムニーの中古車を選ぶ際に注意すべきポイントは

新型の登場後も相場の変動はあれど根強い人気が続くのは間違いないスズキジムニーの中古車ですが、リーフリジットサスを採用したモデルは中古車市場ではかなりタマ数も少なくなってきており、ジムニー専門店などのマニアックなお店以外ではなかなかお目にかかれない中古車両となってきました。

なので、ジムニーの中古車をリーズナブルな価格で選ぶとなると、JB23型がメインの対象になると思います。


JB23型は、今なお進化を続けながら販売されている現行モデルのベースですが、ジムニーは手軽にカスタマイズできるという部分が人気の車であり、市場に流通している中古車もカスタマイズされた車両が多いです。

ノーマルコンディションのジムニーの中古車の場合でも、前オーナがカスタマイズしてオフロード走行を楽しんでいたという車も多く、中古車の中でもその状態を見極めるのは非常に難しい車だとも言われています。

また、ランクル等の高額な普通車のSUVとは異なり、手頃な価格でオフロード走行を楽しめるのもジムニーの魅力であり、ローギアで悪路走破している頻度も多く、エンジンのダメージが通常のオンロード走行車よりも大きい車両も多いです。

なので、エンジンが常にフルパワーを絞り出すような過渡走行した履歴の長い車は、ターボチャージャーが大きなダメージを受けているケースも多いと言われています。

また購入後もしっかりとオイルメンテナンスを行わないと、ターボチャージャーのトラブルの発生リスクが高くなりますので、定期的なオイルメンテナンスが重要です。

その他、ジムニーの中古車を選ぶ時に注意すべきポイントとしては、現車を確認できるのであればエンジン自体の吹き上がりをチェックするのと、コイルサスのダンパーが抜けていないか?といったところに注意した方が良いでしょう。

ただやはり、ジムニーの中古車の場合はヘビーな使われ方をした車両も多いと考えておいたほうが無難といえます。

なので、ジムニーを中古車で購入するならば多くても走行距離10万キロくらいまでの物件を選んだ方が、結果的に維持メンテナンスコストを考えると安くつくという事になります。

ジムニーの中古車選びで失敗しないために

一方で、ジムニーの中古車を探したいけど時間もないし、いまいち見極める自信がない・・

そんな方には、ネットの「無料中古車探しサービス」で探してもらうという方法があります。

「無料中古車探しサービス」は、中古車選びのプロが、全国60万台以上の、まだ市場に出回っていない”非公開車両”の中から条件に合った中古車を探して提案してくれますので、ジムニーのような見極めの難しい中古車を探すのにもってこいのサービスだといえます。

条件に合った中古車を探して提案してくれるのは、中古車買取・販売大手の「ガリバー」なので安心です。

botan

サブコンテンツ

このページの先頭へ