「ホンダ」の記事一覧

ホンダライフの買取価格と中古車相場

ホンダライフは2014年に、軽トールワゴンの大ヒット車種である、N-BOXを中心とするNシリーズにバトンタッチし、生産を終了しました。

初代ホンダライフが登場したのが1971年で、1974年にその初代モデルの生産が終了し、1997年に2代目ライフが登場するまで23年間、そして2代目ライフが登場し2014年に生産終了するまでが17年と、実に長きに渡って「ライフ」の称号を引き継いできた軽自動車です。

2014年時点で生産を終了したので、ホンダライフの新車販売は有りませんが、中古車は人気車種の一つであり、3代目ホンダライフをはじめ、ワゴンRやムーブとは違った根強い人気を誇る軽自動車です。

中古車市場では高い人気のライフ

初代ホンダライフを見かける事はほとんどありませんが、1997年に登場した2代目ライフは今でも現役で走っているのを見かける事がありますし、ボクシースタイルで非常にデザイン的に洗練された3代目ライフも数多く見かけます。

特に3代目ライフの後期型は、ヘッドライトの重厚感も増して高級感を醸し出しているところが人気のようです。

3rdHonda_Life

画像出典:wikipedia

4代目ライフは3代目のボクシーなスタイルから一転して、曲面を基調にしたキュートなスタイルとなり、女性ユーザーからも人気の車種となりました。キュートなスタイリングでありながら、走りの面では軽自動車を感じさせない重厚感のある乗り味は、現在の軽自動車には無い魅力だったのではないかと思います。

2008年に5代目になり、個人的にはデザイン的にちょっとバランスが悪くなった感じがしますが、変わらない取り回しの良さとホンダならではのきびきびとした走り、クラスを超えた充実の安全装備などが高く評価されていて、中古車市場で人気の軽自動車です。

人気はあるけれど、タマ数的にスズキワゴンRやムーブなどに比べると少ない車種なので、中古車市場においては強気の価格設定となっています。

ホンダライフの中古車を購入時にチェックすべき注意点は

ホンダライフは、使い勝手の良いボディサイズと、ホンダ製エンジンのきびきびと力強い走りが人気で、長く乗り続けるユーザーが多いのも特徴です。

したがって、ホンダライフの中古車は、比較的走行距離も多い物件も多く、各部の劣化が進んでいる中古車も多いので、出来れば実際に試乗してみた方が良いと言えます。

ただ、中古車の場合は車検切れで販売される車両も多いので、公道での市場は難しいのも現実ですが、最低でもエンジンの始動状態とスムーズに吹け上がるかどうか?といったところはチェックしておきたいですね。

また、年式によってはタイミングベルトの交換が必要な車両もありますので、走行距離が多い中古車を購入する場合は、タイミングベルトの交換履歴が確認できる車両を選ぶのが良いでしょう。

また、リコール情報なども確認し、その内容が反映されているか、特にホンダ車の場合はタカタ製のエアバッグを使用しているので、一連のタカタ製エアバックのリコール対策が行われているかは重要なポイントです。

93152e08ff5d381a6a2b8e9fd77d6589_s

ホンダライフの中古車は、中古車選びのプロに探してもらおう

ホンダNワゴンへの世代交代により、生産中止となった今も、中古車市場では根強い人気を誇っているホンダライフですが、軽自動車特有の品質劣化が気になる部分もあるため、オイルをはじめ日常のメンテナンスがきちんと行われていた中古車を選ぶのが重要です。

ホンダライフの中古車を探しているけど自分ではその良し悪しを見極められない・・

そんな方には、ネットの「無料中古車探しサービス」で探してもらうという方法があります。

「無料中古車探しサービス」は、中古車選びのプロが、全国60万台以上の、まだ市場に出回っていない”非公開車両”の中から条件に合った中古車を探して提案してくれますので、ライフのような見極めの難しい軽自動車の中古車を探すのにもってこいのサービスだといえます。

条件に合った中古車を探して提案してくれるのは、中古車買取・販売大手の「ガリバー」なので安心です。

botan

人気車種だから売却時も高値が期待できる

中古車市場では安定した人気の軽自動車であるホンダライフは、買い替え等で売却する際も、下取ではなく買取り査定の方が高値で売れます。

下取だと定型的な査定マニュアルに基づいた値段しか出てきませんので、市場の評価は関係なく横並びの査定額になってしまいます。

中古車市場でも人気の車種なのに、そういった評価が反映されないまま下取で処分してしまうのはもったいないですよね。

もしホンダライフの売却を検討しているなら、是非買取り査定見積もりをかけてみることをおすすめします。

ホンダフィットの中古車相場と買取相場

ホンダフィットは、トヨタアクアと販売台数首位を競うコンパクトカーですが、斬新でマニアックな車を市場に投入する事で有名なホンダの中では、非常にシンプルで万人受けな車だといえます。

ホンダフィットは新車・中古車共に需要が高く、人気車種に属するので新車の場合だと値引きも小さめ、中古車の場合は相場は高めというのが特徴ですが、ここ最近新車販売が伸び悩んでいてシェアが低下しているホンダは、フィットの新車値引きを拡大して巻き返しを図ってる状況です。

なので、ホンダフィットの新車値引きは、以前に比べると大きくなっていますが、それでもフィットの新車値引きの相場は10万円~15万、オプション値引きを含めると20万円くらいといったところです。

2acbeab967f9d7a9cf51d7868ebc0c99_s

中古車市場では高い人気のフィット

初代ホンダフィットが登場したのは2001年で、2016年現在から考えると初代は実に15年も経っており、中古車市場でも殆ど見かける事はありませんが、2代目となる2007年以降が中古車としての経過年数や走行距離から考えた選択肢ではないかと思います。

初代に比べて一回り大きくなったとはいえ、5ナンバー枠で取り回しの良い手軽なコンパクトカーのホンダフィットは、中古車市場でも人気車種であり、中古車価格も他のコンパクトカーに比べると高めの設定が多いようです。

初代に限らずキープコンセプトを踏襲する2代目以降もヒット車種となったホンダフィットは、市場への流通数、いわゆる中古車の玉数も多い車種ですが、ダブついて値崩れすることなく、新車・中古車共に市場ではバランス良く流通しているといえるモデルです。

ホンダフィットの中古車購入時に注意すべきポイントは

ホンダフィットに限らず、ホンダ車は比較的電装系のトラブルが多いといわれていますが、ホンダフィットの中古車の場合、代表的なのはアイドリングストップ関連の制御の不具合で、これはパワーステアリングと同様、大々的なリコールが行われています。

年式にもよりますが、リコール対象となっている個所がきちんと改善されているか?といったところはホンダフィットの中古車を選ぶ上で注意しておきたいポイントですね。

5b4807c3bc91755047bf31a326d3160b_s

ホンダフィットの中古車は、中古車選びのプロにお任せ!

ハイブリッドモデルも含め、新車・中古車共にコンパクトカー市場では根強い人気を誇っているホンダフィットですが、使い勝手の良さから日常の足として、走行距離の多い中古車も多く、その程度の良し悪しを見極めるのは結構難しい部類の車種だとも言えます。

ホンダフィットの中古車を探しているけど自分ではその良し悪しを見極められない・・

そんな方には、ネットの「無料中古車探しサービス」で探してもらうという方法があります。

「無料中古車探しサービス」は、中古車選びのプロが、全国60万台以上の、まだ市場に出回っていない”非公開車両”の中から条件に合った中古車を探して提案してくれますので、フィットのような見極めの難しい軽自動車の中古車を探すのにもってこいのサービスだといえます。

条件に合った中古車を探して提案してくれるのは、中古車買取・販売大手の「ガリバー」なので安心です。

botan

安定した人気車種だから売却時も高値が期待できる

新車・中古車いずれも安定した人気のコンパクトカーのホンダフィットは、買い替え等で売却する際も、下取ではなく買取り査定の方が高値で売れます。

下取だと定型的な査定マニュアルに基づいた値段しか出てきませんので、市場の評価は関係なく横並びの査定額になってしまいます。

中古車市場でも人気の車種なのに、そういった評価が反映されないまま下取で処分してしまうのはもったいないですよね。

もしホンダフィットの売却を検討しているなら、是非買取り査定見積もりをかけてみることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ