「日産」の記事一覧

日産フェアレディZの歴代モデルと中古車相場はどれくらい

日産フェアレディZは、今国産車ではマツダロードスターやホンダS660と並ぶ、ピュアスポーツカーです。

輸入車ではフェラーリやランボルギーニといったスーパーカーのカテゴリを除くと、このフェアレディZの競合としてはポルシェが挙げられます。

実際に、フェアレディZは北米市場においてポルシェをターゲットカーにして、ポルシェより安く高性能なスポーツカーを目指して開発されてきました。

フェアレディZの歴代モデルについて

フェアレディZが世に登場したのは1969年であり、2018年現在より遡る事、実に49年も前という事になります。

なので現行の6代目モデル以外で中古車市場に流通している中古車は、10万キロ以上の走行距離のものが大半です。

関連記事
中古車で10万キロ以上の走行距離は大丈夫?

初代モデル S30型
この49年前に登場したのがS30型と呼ばれる初代フェアレディZで、コンパクトでありながらもロングノーズショートデッキの美しいフォルムの2シータークーペとして、日本国内のみならずアメリカ市場でも大ヒットしたモデルです。

現在も、日本国内では一部の愛好家のオーナーによって乗り継がれていて、ヒストリックカーイベントなどでは古き良き名車として、同じく日産のスカイライン(通称ハコスカ、ケンメリ)などと共に見かけます。

まさにライトウエイトスポーツそのもので、1トン程度の車体にベースモデルには、L型エンジンとして日産パワートレインの一時代を築いた直6SOHC 2.0Lエンジンが載せられていました。

その後、フェアレディZが名車と呼ばれる原点となったこのS30型モデルは、排気量を2.4Lに拡大したエンジンの搭載モデルや、アメリカ市場の衝突安全規制に適合させたモデルなどを追加しながら、1978年まで作り続けられました。

ちなみに先にも述べたヒストリックカーイベントなどでお目にかかるS30型のフェアレディZは、右ハンドルの日本国内仕様は中古車市場の流通量もかなり少なく、爆発的に売れたアメリカ市場から逆輸入された左ハンドルモデルが多く流通しています。

2代目モデル S130型
初代モデルより若干大きくなったボディサイズですが、ロングノーズショートデッキのスタイルと、フロントマスクも初代モデルの雰囲気を継承したモデルです。

エンジンは変わらず直列6気筒のL型エンジンでしたが、排気量2800㏄のL28型エンジンを搭載したモデルもありました。

3代目モデル Z31系
3代目モデルからは、ロングノーズショートデッキのスタイルは維持しながらも、エンジンルームの中にはそれまでの直6エンジンではなくV型6気筒エンジンが収められました。

特徴的なフロントマスクであるパラレルライズアップヘッドランプの、その眠たそうな表情は好みが分かれるところです。

4代目モデル Z32系
それまでのフェアレディZの伝統的スタイルであった、ロングノーズショートデッキから一変した、ロー&ワイドなフォルムはデザイン的には力強さと美しさを兼ね備えており高い評価を受けていましたが、バブルの流れで大型化&高級路線に走ったことも含め、旧来のフェアレディZファンからは不評だったといわれています。

良くも悪くも、この4代目モデルの存在は日産にとってフェアレディZのアイデンティティーを再認識させたともいわれており、時代の流れから大きな販売台数は実現していないものの、原点回帰ともいえるべきスタイルで登場したのが5代目のZ33と現行となる6代目のZ34系です。

この5代目モデル以降、国内の自主規制であった280PSが撤廃され、300psオーバーのモデルとなりました。

フェアレディZ各モデルの中古車価格相場

国産車では数少ない、ピュアスポーツとしての歴史を持つ日産フェアレデイZの中古車相場を調べてみました。

モデル名・型式年式走行距離中古車価格(万円)
S30系 Z4321969不明応談
S30系 フェアレディZ 240 ZG 197282000980
S30系 フェアレディZ 240 ZG 1973920001098
S130系 フェアレディZ 280ZX Tバールーフ 1981109000255
フェアレディZ 2.0 Z Tバールーフ ターボ 5速MT1982121000232

中古車相場をみても、初代モデルのS30型はほとんど中古車市場での流通量はなく、あったとしてもその中古車価格は500万円くらいや価格応談といった、一般の中古車とは異なる希少価値での取引が前提となっています。

また、先にも述べた通り日本国内で発売された右ハンドルモデルはかなり流通量も少なく、一般の中古車販売店でそこそこ手が届く価格のモデルはそのほとんどが、アメリカ市場から逆輸入の左ハンドル車です。

2代目のS130系であれば250万円くらいからの中古車が流通しており、V6エンジン搭載の最初のモデルのZ31系は100万円以下の中古車価格の物件もたくさん流通しています。

フェアレディZを購入した場合、維持費はどれくらいかかるのか

中古車の場合、どの年式のフェアレデイZを購入するかによって、その維持メンテナンス費用は大きく変わりますが、どのモデルを購入してもスポーツカーなりの燃費だという事、また5代目のZ33系モデルの最も新しい年式でも、10年落ちの中古車となりますので、経年劣化を含めた部品交換はかなりの頻度で発生します。

関連記事
10年落ちの中古車に見る、中古車選びのポイント

またスポーツカーという車自体の性格からも、ハードな使われ方をした中古車や修復歴がある中古車も多く流通していますので、そういった車両を購入してしまうと、色々と不調な箇所が出てきて思わぬメンテナンス費用が必要になる頻度も高くなります。

関連記事
修復歴ありの車はお買い得と言えるのか?

なので、しっかりとした中古車の見極めが大事な車種ともいえます。

フェアレディZの中古車を買うならどのモデルか

ライトウエイトスポーツとしてのフェアレディZなら、迷わず初期型のS30型を選びたいところですが、中古車価格や維持管理を考えると、日常の足としてフェアレディZを考えているユーザーにはやはり現実解ではないといえます。

フェアレディZの走りを楽しみながら日常の足として使え、リーズナブルな中古車価格での購入を考えると、5代目のZ33系が現実解だといえます。

(著作権者:MIKI Yoshihitoさん、日産フェアレディz

Z33系フェアレディZの有料中古車を手に入れるならこちら

日産リーフの中古車相場と買取価格相場

日産リーフは、日本車では数少ない純粋な電気自動車(EV)です。

現在、日産リーフ以外の日本車の純粋なEVは、三菱iMiEVのみとなりますが、iMiEVはどちらかというと控えめな販売を意図的にとっているとも思えるようなEVですが、日産リーフは発売以来国産車初の電気自動車(EV)として非常に積極的な販売戦略を展開しています。

画像出典:http://www.nissan.co.jp/

EVとしての性能向上含めた商品改良も毎年行われており、発売当初のモデルでは160km程度だった満充電での航続距離も、最新型のモデルでは280km程度まで向上しています。

更に、2017年には次期モデルとなる新型リーフも市場投入が予定されており、満充電での航続距離は実に500kmを達成しているとのことです。

目次

 

日産リーフの中古車相場や買取相場はどれくらい

日産リーフが発売された、2010年からの中古車価格を調べてみると、走行距離5万キロ前後で以下のようになっています。

年式走行距離(km)価格(万円)
2010年33,00059.0
2011年46,00039.8
2012年46,00059.9
2013年43,00079.8
2014年49,000129.8
2015年37,000157
2016年24,000204

リーフの新車価格は年式にもよりますが、各種補助金を活用しても約300万円くらいになりますが、5年落ちの5万キロ以下の走行距離の中古車価格は約60万円程度となっています。

同じ5年落ちで同程度の走行距離のマツダアクセラの中古車価格をみると、約100万(2.0L SKYACTIVモデル)となっていますので、電気自動車(EV)であるリーフの中古車価格の下落幅はかなり大きいといえます。

60万程度の中古車価格ですから、どんなに高い買取査定でもせいぜい25万が限度ではないかと思いますが、そう考えるとまさに二束三文の、非常にリセールバリューの低い車という事になってしまいます。

なぜ日産リーフの中古車は二束三文レベルになるのか?

最大の理由は、現状の自動車の使用環境における、電気自動車(EV)の利便性の低さ、経済性の面からの自動車ユーザーへの訴求の低さ、そして最後にバッテリーを含めた、中古の電気自動車(EV)の耐久性への不安、この三つに尽きるのではないかと思います。

まず、現状の自動車の使用環境における利便性の低さですが、充電インフラが少ないことと、充電するのに時間がかかるということですね。

充電インフラについては、最近では高速道路のSAや道の駅、ショッピングモールの駐車場では当たり前に急速充電設備が1基から2基程度設置されていますし、休日や長期連休には利用できないといった制約はありますが、日産ディーラーには必ず充電ステーションがあります。

まだまだ主要幹線道路や主要都市部といったところに限られており、山間部などの多い地方では決して実用十分とは言えませんが、充電インフラについては概ね整ってきたという状況です。

問題は充電時間で、急速充電の場合でも30分程度はかかるわけで、休憩ついでに充電すればさほど問題ではないかもしれませんが、休憩先の充電ステーションに先客がいた場合は、待ち時間分が上乗せになってしまいます。

運転中にバッテリーのメモリが目に見えて減っていくことへの不安や憂鬱は、スマホを所有している自動車ユーザーであれば経験があると思いますし、充電時間によって時間が拘束されてしまうのは、忙しい環境で暮らすことになれた現代人には結構煩わしく感じるのではないかと思います。

次に、経済性の面からの自動車ユーザーへの訴求の低さですが、現状のガソリン価格は120円~130円台で推移しており、電気代と比較云々以前に、ガソリン価格が高く家計を圧迫している状況ではないので、電気自動車(EV)に乗り換えて節約しようという意欲が起きないといわれています。

大半の自動車ユーザーは、現時点では電気自動車(EV)に乗り換える経済的なメリットより、日常生活における、充電に関する様々な煩わしさのデメリットの方が大きいと感じているといえます。

最後にバッテリーを含めた、中古の電気自動車(EV)の耐久性への不安についてですが、バッテリーは充放電を繰り返す、すなわち自動車の使用頻度が増えるほどバッテリーは消耗劣化し、本来の蓄電性能を発揮できなくなります。蓄電性能を発揮できなくなるという事は、一回の充電当たりの走行距離が短くなるという事ですが、電気自動車(EV)の中古車の場合、どれくらいバッテリーが劣化している=走行可能距離が目減りしているのかが判りません。

一般のガソリン車やディーゼル車の場合だと、走行距離が多くてもカタログ燃費から大きく乖離することはほぼありませんが、日産リーフなどの電気自動車(EV)の中古車の場合は正直買ってみないと判らないというリスクがあります。

日産リーフの中古車は買いではないのか?

いろいろネガティブな要因も多いように思える日産リーフの中古車ですが、日産リーフは、24kwh駆動用バッテリー仕様は5年10万キロ、30kwh駆動用バッテリーは8年16万キロ保証となっていますので、この保証を上手に活用すれば中古車価格が安い日産リーフは、コスパに優れたお買い得中古車であるといえます。

例えば、30kwh駆動用バッテリーの日産リーフ中古車を、5年落ちの走行距離5万キロ程度で購入した場合、バッテリー保証期間の8年まで3年間乗ると、
年間維持費:48,000円×3年=144,000円

2.OL~2.5Lクラスガソリン車の、年間維持費
ガソリン代:20,000円/月×12か月×3=720,000円+α

となり、3年間での差額は、576,000円+αとなります。

中古車購入価格が安いことと、電気自動車の年間ランニングコストの低さを考えると、充電に関する煩わしさが妥協できる環境&車の使い方であれば、日産リーフの中古車は買いだといえるのではないかと思います。

日産リーフの中古車選びで失敗しないために

以上のように、バッテリーの保証制度等を上手に活用することで、圧倒的な動力性能と経済性を両立した電気自動車である、日産リーフの中古車は大変魅力的な選択肢になると思います。

特に動力性能は、発信直後から最大トルクを発揮するモーターの特性がもたらす加速感は、2.5Lクラスのハイパワーモデルをも凌駕するほどです。

そんな魅力も兼ね備えた日産リーフの中古車ですが、その一方でやはりバッテリーの劣化度合等の個体差が現れやすいのも事実です。

また絶対に避けたいのが修復歴ありの中古車で、電気自動車は高圧電流を安全に発生・維持させるためにさまざまな精密部品が組み込まれ、緻密に制御されています。

高圧電流をコントロールする部分をはじめ電子制御関係は、事故等のダメージがすぐには現れずある日突然にトラブルが発生する場合があります。

こういったリスクを避けるためには、その中古車の事故修復歴をしっかりと確認することが重要ですが、事故修復歴を隠して販売する中古車業者も多く存在しますし、実際に素人の目から見ると、そういった瑕疵を見抜くのは難しいといえます。

日産リーフの中古車を探したいけど、程度の見極めが出来ないし不安・・

そんなお悩みをお持ちなら、ネットを利用した「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車探しサービス」で日産リーフの中古車を探す

サブコンテンツ

このページの先頭へ