「中古車 傷 見落し」タグの記事一覧

中古車の傷で見落としがちな個所はどこか

中古車を購入する際には、現車を実際に確認したり、県外などの遠方の中古車であれば画像や動画で確認したりとその方法は様々ですが、購入前に中古車を確認する理由は、まずは外観上に大きな傷やへこみがないかチェックする為だと思います。

車は日常生活で使用しているうちに、さまざまな傷が付きますし、車のボディは薄い鉄板なので、ちょっとした事でも比較的簡単に凹んだりします。

傷の中で多いのは、走行中の石跳ねによる子傷で、これはフロント回りやボンネットに多く見られます。

ただよほど大きな石等が跳ねて当たらない限りは、大きく塗装がはげたり凹んだりという事はありませんが、高速走行の多いアメリカではかなり大きな傷が出来る事も多いようで、その対策として日本では装着している車は殆ど見かけませんが、「ノーズブラ」というものが存在します。

noze

画像出典:http://www.boom-enterprises.com/colgan/top.htm

確かに飛び石によるフロント回りの傷付きの防止には効果がありそうですが、このノーズブラはカルフォルニアが発祥の地らしいです。

カルフォルニアのように湿度が低く、雨の少ない地域なら問題ないですが、日本のような湿度が高く年間降水量も多い地域では、ノーズブラを装着したままだとかえって塗装を痛めてしまうと言われています。

ドレスアップとして装着する場合でも、付けっぱなしにはしない方がよさそうです。

その他にはボディサイドの、前後のフェンダーのホイールハウスまわりの傷も良く見られますので要チェックですね。

車種によっては、ホイルアーチに樹脂のカバーが付いている車種もありますが、樹脂カバーがあると傷が付いても錆の心配はありませんが、傷の程度によっては補修が出来きないので交換となってしまい、高くつく場合もあります。

ff

バンパーも殆どの車が樹脂性ですが、樹脂バンパーは大きな凹みや傷だと補修するより丸ごと交換した方が結果的に手間がかからず安くつく場合が多いです。

一番見落としがちなのは左右のドア下の傷

中古車の傷をチェックする際、普通に立ったり座ったりした時の視点の範囲内の傷は、ほとんど認知できると思います。

一方で、そういった視点以外に部分にある傷はやはり見落としがちになりやすいですが、そのひとつがボディサイドのドアの下の裏側部分にある傷です。

エアロパーツが装着されている車の場合だと樹脂性のサイドスカート部に、エアロパーツ未装着の車だとドア下のボディに傷が付いた状態になります。

この左右のドア下の部分は、リフトアップすれば容易に見えますが、それ以外は覗きこまないと見えませんし、サイドスカートが装着されている場合は地上との隙間が小さいので覗きこんでも見えない場合もあります。

もしサイドスカートが装着されていて見えない場合は、手で触れてみると良いです。

私が中古車を購入した際も、サイドスカート下の傷は完全に見落していて、購入して暫くしてから何気なく手で触ってみると、前から後ろまで深い傷があることが判りました。

樹脂性のエアロパーツについた傷ですし、通常は見えないのでいいのですが、中古車販売店がこの傷の事は最初に言ってなかったのは、正直腹立たしいところですね。

中古車の傷、事前に説明がなかった場合、後から直してもらえるか

中古車を購入後に、上記のような傷があることに気が付いた場合、直してもらえるのか?というところですが、販売店側が全く無傷ですと言っていて、それが書面などの記録で残っていれば、交渉すれば無償で直してもらえるかもしれませんが、それ以外のケースだと、ほとんどは無償で修理してもらうのは難しいでしょう。

その理由は、中古車は傷やへこみを含めた価格で設定されてるからです。もし傷を修理するとなると、それは別費用として発生し請求されるのが普通です。

私の購入した中古車の場合も、サイドスカートの傷とは別に、左のフェンダーに引っかき傷がありましたが、その分相場よりは安く中古車価格が設定されており、それを直して納車も出来ますが、その場合は別途費用が掛ると言われました。

中古車を購入する時に、傷をチェックする場合は、ボディの下回り(特に左右のドア下付近)をしっかりチェックして、錆に繋がるような傷が無いか確認するのが大事です。

中古車の傷を見逃してしまわない方法は?

中古車を購入する時に傷やへこみはしっかりチェックするにしても、数ある中古車の中から傷やへこみを見逃さずに車両を選ぶのは結構難しいといえます。

新車とちがい、中古車で自分の条件に合った程度の良い車両を見つけるのは、結構運的な要素もあるのですが、やはり基本は中古車をきちんと見極める事が出来るというのが非常に重要です。

でも自分では、

  • 中古車の良し悪しを見極めることは出来ない・・
  • 本当にこの車を買って大丈夫なの?

そんな悩みや不安をお持ちの方も多いと思いますが、そんな方にはネットの「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

「無料中古車探しサービス」なら、プロの中古車鑑定士が、あなたに代わって走行距離が多い車からでも、条件に合った優良中古車を探して提案してくれます。

attention「無料中古車探しサービス」の詳細はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ