「中古車 10万キロ」タグの記事一覧

走行距離10万キロ走った中古車は大丈夫?

中古車選びの時に、最も気になるのが走行距離だと思います。

一般的には走行距離と年式が中古車選びの際の目安といわれていますが、年式は古くても走行距離が少なければ、車は良いコンディションが保たれている場合が多いですね。

目次

自動車は耐久消費財なので、使用すればするほど劣化が進みます。すなわち走行距離が多いほど自動車を構成する各部の劣化や消耗は進んでいるといえます。

また、自動車は有限寿命なので、走行距離が増えて各部が劣化したり消耗するとそれだけ残りの寿命も短くなります。

自動車メーカーでは、自社が開発して販売した新型車の市場での寿命は、現在はどのメーカーも15年20万キロに設定しているようです。

これが自動車メーカーの市場保証の基準となっています。

したがって、10万キロ走行の中古車は、自動車メーカーの基準の保証期間、すなわち寿命の半分を消化した状態といえますね。

逆にいえば、まだ残り10万キロも寿命があるということになりますので、そういった観点からは、10万キロ走行した中古車でも、全然問題ないといえます。

現在の中古車市場では、走行距離10万キロが下取りや買取査定における、一つの目安と言うか分岐点になっていますので、中古車でもよほどの人気車種で無い限り、走行距離が10万キロを超えると、ぐんとその価格が安くなります。

自動車メーカーの保証期間の設定の経緯には、技術の進歩に伴う、自動車の耐久品質の向上がありますので、そういった事からも、10万キロ走った車は非常にコストパフォーマンスが高い、お買い得の中古車だともいえます。

10万キロ以上走行した車のメンテナンス

そんなコスパが高くお買い得とも言える、10万キロくらい走行した中古車ですが、最近の車は技術の進歩により耐久品質が向上しているとはいえ、やはり全くのノーメンテナンスではその品質を維持し続ける事は難しいでしょう。

したがって、車として必要最低限のメンテナンスはきちんと行う必要があります。

これは10万キロ走行車に限らず、新車や低走行距離の中古車でも同じですが、自動車は基本的にエンジンによって走っています(EVの場合はモーターになります)

エンジンの内部では、高速でピストンが上下運動を繰り返しながら車を走らせるのに必要な動力を生み出しています。

高速で上下運動するピストンは、ピストンリングを介してシリンダーと擦れあっているので、摩耗や焼きつきを防ぐためには潤滑が必要で、その潤滑を担うのがエンジンオイルです。

このエンジンオイルによる潤滑がきちんと行われていないと、エンジン内部は摩耗してしまい本来持っているパワーを発揮できなるばかりか、最悪の場合は焼きついて始動不能になってしまいます。

こうなると本来は10万キロ以上の走行でも全然問題なく走る事の出来た中古車も、早々に車としての機能を満たせなくなってしまう、「寿命」が来てしまいます。

せっかく手に入れた車を、永くその品質を保ちながら乗り続けるためにすべき最低限のメンテナンスは、「エンジンオイルの定期的な交換」で、エンジンオイルをきちんと管理できていれば車の寿命はぐんと伸びます。

Motor oil, car engine close up
身近な例を挙げるとタクシーですが、タクシーの平均走行距離は20万キロ、中には30万キロ以上走ってもまだ現役で活躍している車もあります。

タクシーは、法律で3カ月毎の法定点検整備が義務付けられていますので、エンジンオイルの管理もきちんと行われており、それが20万キロ、30万キロ走り続けられる要因のようです。

10万キロ以上の中古車を購入する時の注意点

実際に、10万キロもしくはそれ以上走った中古車を購入する際の注意点としては、上記のとおりきちんとエンジンオイルのメンテナンスがされている車両であるか?ということが挙げられます。

あとはエンジンに空気を送り込む際に、異物が侵入しないようにするためのエアークリーナーの、フィルターがきちんと交換されているか、同じく車室内のエアコンのフィルターが交換されているか?というのも確認しておきたいポイントです。

エアコンのフィルターは、常に外気をろ過している状態なので、10万キロ走行すればほぼ目詰まりしたような状態となっています。

エアコンフィルターが目詰まりした状態だと、エアコンの効き自体も悪くなりますが、エアコン運転時の抵抗が増えますので、コンプレッサーの故障にもつながります。

mpv3

また、10万キロを超える車では、タイミングベルトの寿命も重要なポイントで、一般的には8万キロ~10万キロくらいでタイミングベルトは寿命が来ると言われています。

車種によってはタイミングベルトではなくタイミングチェーンを採用している車もあり、この場合は特に気にする必要がありませんが、タイミングベルト車の場合、タイミングベルトが切れるとエンジンが停止して走行不能となります。

以上の事より、10万キロ以上の中古車を購入する際の注意点としては、

  • エンジンオイルがきちんとメンテナンスされているか
  • エアクリーナーやエアコンのフィルターが交換されているか
  • タイミングベルト車の場合、タイミングベルトが交換されているか

といった点をチェックする事が重要だといえます。

一般ユーザーが全てを確認するのは不可能

そうは言っても、実際に中古車を選ぶ際に、これらの項目を全部チェックしてというのは、一般ユーザーでは現実的に難しいのではないかと思います。

前オーナーが、きちんと整備記録などをメンテナンスノートに残していればその履歴を確認する事も出来ますが、メンテナンスノートへの記載は正規ディーラーで整備を行った時以外は記載されていないことも多いです。

例えばカー用品ショップやガソリンスタンドでオイル交換している場合は、その履歴を確認するのは困難ですね。

重要なポイントであるタイミングベルトも、交換履歴が無ければ実際にタイミングカバーを外して確認しない限り確認は出来ませんが、販売されている中古車のタイミングカバーをいちいち外して確認する事は出来ませんし、整備経験のない素人には困難です。

何よりも、ネットで中古車を探す場合このような現車確認は出来ないという問題があります。

なので、ネットを介して販売店側に質問し、帰ってきた答えを信用するしかないのですが、悪質な業者や個人にあたってしまうと、嘘の情報を掴まされてしまったりします。

まとめ ~10万キロ走った中古車選びで失敗しないために~

ネットで中古車を探し購入する上で、多走行車になればなるほどこういったリスクは大きくなりますが、一方で地元近所の中古車屋さんには無いような掘り出し物の中古車や、車種をはじめ予算や装備、走行距離などなど、自分の希望する条件にピッタリはまった中古車に巡り合えるネットでの中古車選びの魅力も捨てがたいですね。

コストパフォーマンス的にも狙い目の、10万キロもしくはそれ以上走った中古車を選ぶ際に失敗しない唯一の方法は、「信頼できるところから買う」ということになります。

そんな「信頼できるところから買う」という方法でおすすめなのが、「中古車無料お探しサービス」です。

「中古車無料お探しサービス」は、スマートカーライフプランナーと呼ばれる車選びのプロが、あなたの希望条件に合った中古車をまだ市場に出回っていない、約60万台の中古車の中から厳選して提案してくれます。

提案してくれる中古車はもちろん修復歴なし、メンテナンスの履歴や現車での確認もきっちり行なった上で提案してくれます。

「中古車無料お探しサービス」で、希望条件に合った中古車を提案してくれるのは、全国に400店舗以上を持つ中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その実績からも「信頼できるところから買う」ということにピッタリだといえます。

kochira1分で登録出来る「中古車無料お探しサービス」はこちら

navikuru

サブコンテンツ

このページの先頭へ