「自動車メーカー 地元 中古車」タグの記事一覧

中古車はその車種の自動車メーカーのある県で買うとなぜ高いのか?

現在、日本の国内の自動車メーカーは、軽自動車も含め8社あり、それぞれの自動車メーカーがそれぞれ各都道府県に本社機能や生産拠点を構えています。

例えば本社機能ではトヨタは愛知県、日産は愛知県、ホンダは東京都、マツダは広島県、スズキは静岡県浜松市、また生産拠点でみると、マツダの場合だと本社のある広島県をはじめ山口県にも生産工場がありますし、日産の場合だと九州に生産工場があります。

281fda19e3e1f47169ae09af8de45e24_s

自動車メーカーのお膝元には関連企業が集中

自動車には数十万点以上のさまざまな部品が使われていますが、これらの部品は自動車メーカーの下請け企業が製造しています。

下請け企業は自動車メーカーと直接取引する1次下請けから、さらにそこから仕事を請け負う2次や3次と幅広く存在し、その多くは自動車メーカーの本社や生産工場と同じもしくは近隣の都道府県にあります。

これがいわゆる「地場企業」といわれるものですが、これら地場企業はやはり、自動車メーカーの業績にその存続がかかっているため、1台でも多く取引先の自動車メーカーの車に売れてもらわないと困ります。

したがって、地場企業も一丸となって、所要取引先である地元自動車メーカーの車が一台でも多く売れるように拡販活動を行いますが、もっとも手っ取り早い拡販が、自分の会社の従業員に購入してもらう事です。
5757341bd42dc84c6af6a4c6c65d88c3_s

通勤車両は地元自動車メーカーの車種のみ許可

従業員への拡販として代表的なのは、通勤車両は取引先の自動車メーカーの車種のみを許可するというもので、他社の車は通勤車両としての許可が下りず、車内駐車場への乗り入れも禁止されます。

なので、地場企業の従業員は地元自動車メーカーの車種を新車・中古車問わず購入する選択しか無いので、地元自動車メーカーの車は常に需要が高い状態となっています。

販売店側からすれば、需要が高ければ少々高値でも売れるので、自動車メーカのある地元都道府県の中古車価格は、他県に比べて高めの相場になっています。

実際に自動車メーカーの地元と県外の中古車ではどれくらい差があるのか?

車種によってその差は異なりますが、大体自動車メーカーの地元での中古車相場と、県外の中古車の相場を、同じ年式、同じグレードや程度同士比較すると、10万円~20万円くらいの差が見られます。

したがって、県外登録費用や、納車にかかる費用を差し引いても県外から中古車を買った方が安上がりという場合もあります。

 

もちろん、遠方になればなる程、上記の費用は多く掛かりますので、その限界はありますが、例えばマツダの地元である広島だと、西は北九州、東は大阪あたりまでなら、県外登録費用や納車費用を考えても、同程度のマツダ車の中古車を、広島で買うより安く買う事が出来ます。

県外からの中古車購入に関する情報は、下記の記事でも紹介していますので参考にして頂ければと思います。

県外から中古車を買った時の引き取り方法
ネットで県外から中古車を購入する
ネットで県外から車を買う時に必要な書類や手続きの流れ
マツダMPVの中古車相場と購入時に注意したいポイント
カーセンサーで県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

自動車メーカーと中古車価格相場の関係

日本には現在、8社の自動車メーカーが存在しています。

厳密には光岡自動車などの、大手自動車メーカーの車両ベースにカスタムカーを製作・販売するメーカーも含めるとあと数社は存在する事になります。

日本の主要自動車メーカーとその本拠地というか本社機能がある都道府県を整理してみました。

トヨタ 愛知県

日産 神奈川県

本田技研 東京都

マツダ 広島県

三菱自動車 東京都

富士重工 東京都

スズキ 静岡県

ダイハツ 大阪府

また各自動車メーカーの殆どは、本社がある都道府県以外に製造工場を持っています。

2901c25187600444a49eeaf0539ac2c6_s

自動車メーカーの工場や本社と中古車価格の関係

自動車は数十万点という部品の集合体で出来ていて、その部品はさまざまな部品メーカーによって作られています。

部品メーカーの数は、自動車メーカーからの1次下請けだけではなく2次、3次と含めると、数百以上存在しており、更にはそこに働く従業員の方を含めれば、数千人に上ります。

自動車メーカーの本社や工場のある地域では、その自動車メーカーのシェアが高いですが、これはその自動車メーカーはもとより関連企業で働く従業員の方が沢山乗られているからです。

関連企業で働く従業員にとっては、その自動車メーカーの車の売れ行きは死活問題ですから、自らも購入して親会社の収益確保に貢献する訳です。

また大元の自動車メーカーはもとより、1次や2次の関連企業でも、社内規定でその自動車メーカーの車種しか通勤は認めないといったところが殆どです。

こういった背景があるので、自動車メーカーの地元ではそのメーカーの車種の需要が高い状態が生まれ、結果的に中古車価格相場も跳ね上がるということになります。

実際に自動車メーカーの地元とそれ以外でどれくらい違うのか

同じ年式で同じグレード、走行距離もほぼ同じ中古車で比較してみると、車種の人気度合いによっても若干異なりはしますが、大体相場的には自動車メーカーの地元ととそれ以外の都道府県では、20万円~30万円位の差があるようです。

実際に、マツダ車で比較してみると、2011年式のアクセラ1.5L、走行距離1.2万キロ程度の中古車価格が、広島県内では130万くらいですが、大阪では110万円くらいの中古車価格となっています。

この価格差であれば、他府県登録費用や納車費用を考えても、広島で買うよりは大阪で買った方が安く買う事ができます。

2f42ceb2b927c38ced020dec2008738d_s

トヨタ車やホンダ、軽自動車のスズキの中古車などでも同様の中古車相場となっていますので、場合によっては地元で狙いの中古車を購入するより、県外にある中古車を探して購入した方が得だといえます。

自動車メーカーの地元以外から優良中古車を探す方法

このように、自分の条件に合った中古車を安く購入する方法として、あえて自動車メーカーの生産拠点や本社がある都道府県を避けて、そのメーカーの車種の中古車を選ぶという方法もおすすめですが、一方で県外や遠方にある中古車は実際に現車確認が出来ない事も多く、中古車の程度が把握できないといった不安もあります。

中古車選びで重要な事は、「いかに信頼できるところから購入できるか」という事に他なりません。

高いお金を払って頑張って買ったのに、トラブルばかりでまともに走れない・・

そんな中古車を掴まされないためには、「無料中古車探しサービス」がおススメです。

「無料中古車探しサービス」は、中古車買取販売の最大手である「ガリバー」と、”かんたん車査定ガイド”など車の一括査定見積もりサービスで有名な「株式会社エイチーム」が提携し運営する画期的なサービスで、その特徴としては、

  • 年間約60万件の非公開車両から希望条件に合った中古車を探して提案
  • 車探しのプロが希望条件に合った中古車を提案
  • 提案する中古車は最長10年保証、もちろん事故修復歴なし
  • 100日以内なら返品可能

わずか1分の簡単登録で最短で即日、希望条件に合った中古車を提案してもらえるので、希望条件に合った中古車をお探しなら、是非おススメしたいサービスです。

muryoudesagasu

サブコンテンツ

このページの先頭へ