「車査定 10年以上」タグの記事一覧

車の査定は10年以上経つとゼロになるのか

車を売る時に、走行距離と年式はその車の下取や買取価格を決める上で重要な要素になります。

年式では、一般的には10年を超えると査定額はほぼゼロになるとも言われていますが、これは正しくもあり間違いでもあるといったところですね。

基本的には人気車種の場合は、10年以上経過しても査定価格はきっちり残りますし、逆に不人気車種の場合だと、10年以下でも査定価格がゼロになってしまう車もあります。

要するに市場のニーズが有るか無いかで、中古車の査定価格は決まるという事です。

車種の人気以外にも細かな要素が査定に影響する

人気車種の場合だと、10年以上経った車でも買取査定額が付きますが、その場合でもボディカラーがあまり人気の無い色だったりすると、査定額は目減りします。

例えば、ブラック・ホワイト・シルバーといった定番色は高値が付きますが、それ以外のボディカラーでもその車種のイメージにマッチしている場合は別として、マニアックなカラーだとかなり減額になります。

買取査定業者は、ユーザーから買い取った中古車を、如何に早く現金化できるかというのも大事な事ですので、人気が無く流通性の悪い車は買取したがらないということです。

車を購入する時に、売却する時の事も考えてボディカラーを選ぶのも一つの方法ではありますが、やはりどうせ買うなら自分が気に入った色の車を購入するほうが、自分なりに満足できる買い物という点では良いのではないかと思います。

海外でも人気の車は年式なんて関係ない

1f3664d181e71a5b4c0f14398cebd754_s
日本国内での販売を前提にされた中古車の買取査定額は、経過年数10年が1つの区切りとして捉えられている部分もありますが、海外で人気の車種の場合は例外で、年式や走行距離関係無く、高額査定で取引されています。

その代表的な車種がトヨタのランドクルーザーやハイエースで、海外市場では絶大な人気を誇る車種なので、はっきりいって日本ではボロボロの状態でも、整備して海外の流通ルートに流せばかなりの金額で売却する事ができるようです。

他にも、日本車全般に言える事ですが、その品質と耐久性の高さは世界中から認められており、海外、特に新興国やロシア地域での日本車の需要は高く、中古車の買取業者でこういった市場とのパイプを持っているところだと、10年以上経った車でもそれなりの査定額を出してくれる場合もあるので、査定見積もりをしてみる価値はあるといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ