「4WD 中古車」タグの記事一覧

4WD車の中古車選びのポイント

自動車の駆動方式はいくつかの方式に分かれますが、まず一つはFFと呼ばれる、車の前側すなわちボンネットの中にエンジンがあり、そのエンジンで車の前輪を駆動する方式があります。

もう一つはFRと呼ばれる、同じく前側にあるエンジンが車の後輪を駆動する方式です。

さらに、ごく一部の車種に限られますが、車の後ろ側にエンジンを搭載し、後輪を駆動するRRと呼ばれる方式があります。

このように、基本的には後輪か前輪のいずれかに動力を伝える方式となりますが、その一方で、前輪後輪の全てのタイヤに動力を伝えるのが4WDです。

自動車メーカーによっては、AWDと表現する場合もありますが、All Whell Driveの略であり、4輪を駆動する4WDと同じ意味になります。

4WD車の種類

4WDといえば、SUVやクロカンといったイメージがありますが、そういった車だけではなく軽自動車から普通車まで、様々なタイプの車に4WDモデルは設定されています。

基本的なシステムとして、かつては常時4WD走行状態にあるフルタイム4WDと、必要に応じて2WDと4WDを手動で切り替えるパートタイム4WDが基本でしたが、現在では通常時は2WD走行をベースにし、4輪のトラクションの状態によってコンピューターで緻密なトルク配分を行う4WDシステムが主流となっています。

また、4WDの駆動手段としては、エンジンの動力を4輪に伝える方式と、e-4WDと呼ばれる、エンジンの動力での駆動は2輪のみで、残りの2輪をモーターによって駆動する方式もあります。

このe-4WDは、車速が30km/h以下の時のみモーターが作動して4WD状態になるので、雪道等の滑りやすい路面での発進時の補助的な4WDとしての位置付けでしたが、通常のエンジンの動力による4WDに比べるとその性能の低さは否めず、かつてはマツダデミオにも設定されていましたがいつの間にか廃止されていました。

4WD車のメリット

自動車はエンジンやEVならモーターの動力を、車輪(タイヤ)を介して駆動力として路面に伝え、タイヤと路面の間に生まれる摩擦力によって走っています。

これがいわゆるタイヤのグリップ力と言われるものですが、自動車は基本的に4つの車輪で走るので、例えば雪道やぬれた路面を走行する時に、2つのタイヤでグリップ力を伝えて走行するよりも、4つの車輪すべてでバランスよくタイヤのグリップ力を発生させた方が、安定して走行する事が出来ます。

したがって、4WD車のメリットは、2WD車よりも走行安定性が優れているという事になります。

実際に雪道での走行、特に上り坂で一旦停車した後に再スタートする時など、2WD車では発進が困難な状況でも4WD車では問題なく発進する事が出来ます。

エンジンの動力を4輪で効率よく路面に伝え車を走らせるという点では、高性能でハイパワーなエンジンを搭載した車にも適しています。

4WD車のデメリット

その一方で、4WD車にはいくつかのデメリットもあります。

まず一つは、4輪を駆動するためのシステムや構成部品が増えるため、どうしても重量が重くなるという事と、やはり4WD走行時にはそれだけ機械抵抗が増えるという部分で、これは結果的に燃費の悪化に繋がります。

また駆動系の構造や制御システムが複雑化するため、その分部品点数や制御ロジック、また4WD化に伴う音振動性能のテコ入れなどが必要となる場合が多く、これらは車両価格の上昇に繋がっています。

要するに4WD車のデメリットとしては、2WD車に比べ燃費が悪いという事と車両価格が高いという事になりますが、燃費性能に関しては、先に述べた4輪のトラクションの状態によってコンピューターで緻密なトルク配分を行う4WDシステムだと、ほとんど2WD車と差はないかむしろ2WD車よりも燃費が良い車種もありますので、一番のデメリットは車両価格が高いということになるでしょう。

4WDの過信は禁物

悪路や雪道などの走行安定性に優れた4WD車は、クロカンやSUVの外観からくる先入観からも、どんな所でも走れて高い限界性能を持っているような気がしますが、過信は絶対に禁物です。

たとえ4WD車であっても、いったんコントロールを失うと普通の車と何ら変わりはなく、ドライバー自身でのリカバリーが必要でそのリカバリーも決して4WDだから容易という事はありません。

もちろん4輪がグリップするという点では2WDに比べ優位ではありますが、一度限界を超えてしまうと差はありませんし、むしろ車重が重い分不利になる事の方が多いといえます。

なのでもし4WD車を購入したとしても、4WDだから大丈夫だという過信はせずに常に安全運転を心掛けることが重要です。

軽自動車の4WD車は買いなのか

4WDは軽自動車にも設定がありますが、この軽自動車の4WDモデルは果たして買うべきかどうか?という事ですが、結論から言えば軽自動車の4WDモデルは買いに値するといえるでしょう。

その理由は、軽自動車は普通乗用車に比べホイルベースが短く、走行安定性が劣るという欠点がありますが、この欠点を補ってくれるのが4WDによって得られる走行安定性です。

軽自動車はそのほとんどがFF方式の駆動を採用していますが、車両重量の軽い軽自動車はリアの挙動がどうしても不安定でになります。

4WDの場合だと、リアにも駆動系が搭載されますので、適度な重量によって車として重量配分のバランスが取れた状態になります。

そしてしっかりとリアも路面に動力を伝えてくれるので、軽自動車の規格外とも思えるような走行安定性を実現してくれます。

実際、私自身もホンダライフの4WDモデルを愛用していましたが、悪路走破性とかではなく、生活四駆としてのポテンシャルの高さは特筆ものでした。

ただ軽自動車の場合、4WD化に伴う車両重量の増加がダイレクトに走行性能に影響しますので、ターボエンジン搭載モデルの4WD車という選択が現実解といえます。

4WD車の中古車選びのポイント

林道なども整備が進み、4WD車でなく普通の乗用車でも問題なく走行可能な環境が殆どであることと、環境破壊や騒音問題からも、ところかまわず車で走破するというのは難しいのが現状です。

なので、専用のオフロードコースを走る競技に出場する以外は、クロカンや本格オフローダー的な4WD車というよりもいざという時にその能力を発揮してくれる、生活四駆的な4WD車の選択がメインになると思います。

そんな4WD車を選ぶ上でのポイントとしては、中古車の場合だとやはり下回りをしっかりとチェックするという事が挙げられます。

生活四駆である4WDモデルの需要は、冬場に積雪の多い北日本や北海道等の寒冷地が多く、寒冷地で使用された4WD車の場合、道路に散布された凍結防止剤(塩化カルシウム)によって車両下回りの腐食が進んでいる場合があります。

中古車は新車登録された県だけではなく、日本全国に流通しますので、例えば西日本で購入する中古車でも、東北や北海道などの寒冷地で使用されてきた車だという場合もありますので、そういった観点から車両下回りもしっかりとチェックする事が重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ