中古車を県外からカーセンサーで購入するメリット・デメリットを解説

 

中古車を県外から買うメリット・デメリットは?

中古車を県外から買うメリット・デメリットは?

  • カーセンサーなどのネットの中古車検索サービスで県外から中古車を購入する流れが知りたい
  • 県外から中古車を買う時のメリットとデメリットが知りたい
  • 現車確認なしでも失敗することなく希望条件に合った優良中古車を手に入れる方法が知りたい

といった内容について、実際に県外の中古車をカーセンサーで購入した体験事例をもとにお答えしています。

中古車の購入を検討するなら、県外まで選択肢を広げた中古車選びをすることで条件にぴったり合った掘り出し物の中古車に巡り合える確率も高くなりますね。

県外から中古車を購入するメリットやデメリットを正しく理解することで、希望条件にぴったり合った優良中古車を手に入れることが出来ますので、是非最後までご覧になってください。

ネットの中古車検索サービスはカーセンサーとグーネットのどちらがおすすめ?

結論から言えばどちらでもよいといえます。

どちらのサービスも中古車検索から見積依頼、中古車販売店とのやり取りに至るまでの流れに大きな違いはありません。

ちなみに2019年8月時点の中古車登録台数はカーセンサーネット、グーネットともに45万台以上の登録台数となっています。

登録台数は日々変動していますので、その時点の両サービスの登録台数自体はあまり意味がなく具体的な車種別の登録台数の違いは検索してみないとわからないので、購入予定の車種情報をもとにカーセンサーとグーネット両方で検索してみるとよいでしょう。

中古車を県外からカーセンサー経由で購入した事例紹介

中古車を県外からカーセンサー経由で購入した事例紹介

中古車を県外からカーセンサー経由で購入した事例紹介

実際に中古車検索サービスのカーセンサーネットを使って県外から中古車を購入した事例を紹介します。

購入車両情報

購入車両:マツダ「MPV」(LY3P)
年式:2006年式
グレード:23C
購入時点走行距離:63000km

ちなみにそれまで乗っていたのは1999年に登場したフォード製V6エンジンを搭載した2目MPV(LW5W)で、実に160000kmほど15年に渡って乗り続けていましたが、さすがにあちこちガタが目立ちはじめて故障も多く修理代も馬鹿にならなくなってきたので3代目MPVへ買い替える事になりました。

なお今回の乗り換えにあたってはこの2代目MPVの下取金額は全く期待していなかったのですが、一括査定サービスを利用することで意外な金額で売却する事ができ、結果的に3代目MPVを安く手に入れる事が出来ました。

私が利用した一括査定サービスはこちら

カーセンサーネットでの中古車検索~購入までの流れ

まずはカーセンサーネットの中古車検索サイトから希望するMPVの中古車条件を指定して検索します。

検索条件
・予算:支払総額で90万円以内
・年式:2006年以降
・走行距離:10万キロ以内
・地域:中国地方、北九州、関西

ちなみに私はMPVを製造販売するマツダがある中国地方に住んでおり、マツダ車の中古車相場は他県より高めとなっています。

中古車はその車種の自動車メーカーのある県で買うとなぜ高いのか?
現在、日本の国内の自動車メーカーは、軽自動車も含め8社あり、それぞれの自動車メーカーがそれぞれ各都道府県に本社機能や生産拠点を構えています。 例えば本社機能ではトヨタは愛知県、日産は神奈川、ホン...

したがって登録費用や納車費用を含めても地元で買うより安い支払総額であれば、県外での購入も選択肢になります。

見積依頼

大阪・北九州まで範囲を広げて中古車検索を行った結果、北九州に走行距離と価格の面から自分の条件に合致したMPVがあったので、早速カーセンサーネットの問い合わせフォームから詳細の見積もり依頼を行いました。

お問い合わせ内容入力フォームに必要事項を入力し送信すると入力したメールアドレスに1~2日くらいで中古車販売店から下記のような回答があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カーセンサーnetより 「在庫確認・見積依頼」へのお返事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[送信日時・番号:2016/01/20 00:24(61729007031)]
[依頼車種:MPV 2.3 23T]
[在庫状況:在庫あり]
[販売店名:xxxxxxx xxx店 お手頃車専門店]
xxx xxxx様

カーセンサーnetをご利用いただきましてありがとうございます。
お客様より承った「在庫確認・見積依頼」に対し、販売店より回答が届きましたのでお送りいたします。

▼点線より下が、販売店からの回答内容です▼
————————————————–

xxx xxxx様

この度は数多くのお車の中から、当社のお車にお問い合わせ頂き、誠にありがとうございます。
xxx xxxx様を担当させていただきます、xxxxxxx xxx店カーライフアドバイザーの渡辺(ワタナベ)と申します。
よろしくお願い致します。

xxxxxxx は安さと品質では、中古車販売店様にも負けない自信をもっております。
ぜひ比較してみて下さい。


中略

_/_/_/_/_/ お見積り _/_/_/_/_/

●車両本体価格 630400円
●法定費用 84740円
●諸費用   116260円
●県外登録費用   48600円
──────────────────
●合計          880000円

_/_/_/_/_/法定費用内訳_/_/_/_/_/
●自動車税 3700円
●自賠責保険 28780円
●重量税    32800円
●登録印紙       2800円
●リサイクル料 15180円
●ナンバー代 1480円

この時点ではまだ販売店にはこちらの個人情報が展開されておらずカーセンサーネットが間に入った状態となっていますが、上記のメールに返信することで初めて、中古車販売店にこちらの個人情報が開示されます。

したがって見積もり回答が条件に合っていなければそのまま未回答で放置しても販売店から直接連絡が来る事はありません。

登録費用や納車費用を含めても地元で買うより安く買えるか?

見積をもとに検討の結果、地元で購入するよりも県外から購入したほうが安く買えることが判りました。

見積の中にある「県外登録費用」が県外から中古車を購入した場合に発生する登録費用になりますが、地元の中古車販売店で年式と走行距離、グレードがほぼ同一程度のMPVの見積もりを取ったところ今回の見積車両よりも約10万ほど高い結果でした。

今回の県外登録費用は48600円なので、最終的な納車費用を差し引いても県外から購入したほうが安く買うことができます。

県外からの購入で現車確認が出来ない時の対処法

県外から中古車を購入する場合、場所によっては実際に現車確認に行けないケースもあり、その場合は画像や動画で中古車の程度を判断することになります。

カーセンサーネットには複数の画像が掲載されていますが、さらに詳細な確認をしたい場合は中古車販売店にその旨を伝えて追加画像や動画を送ってもらうようにしましょう。

出来るだけ細かく詳細画像やその他疑問点の質問をするようにするのがポイントで、その対応状況で中古車販売店のサービスの質も確認する事ができます。

購入手続き

マツダMPV ドアオープンの状態

マツダMPV

検討の結果、このMPVを購入することを決め購入手続きを進めました。

まず最初にやるべき事は見積車両を押さえるための頭金の支払いやクレジットの審査です。

私の場合はクレジットでの購入になったので、販売店からクレジット申し込み用紙が送られてきてそれに必要事項を記入し返送する形となりました。

 

今回は頭金なしのクレジットでの購入となりました。

参考ページ:頭金なしでも中古車は買える?

クレジットの審査も無事通り次は車庫証明の取得ですが、車庫証明は自分で取得しました。

今回購入した販売店は北九州なので、販売店に車庫証明をお願いした場合私が住む中国地方に在住の行政書士に代行依頼することになりその場合の費用は約2万円位かかります。

2万円は大きいので自分で車庫証明を取得し、その結果車庫証明取得にかかった費用は法定費用の2500円のみで済みました。

【保存版】県外から中古車を購入する時の流れと内容を解説
県外から中古車を購入する時の流れとそれぞれの具体的な手続き等の内容が知りたい 結論から言うと、県外から購入するからと言って見積もりから契約、登録納車までに特別...

カーセンサーで県外の中古車を取り寄せすることは出来る?

結論としてはカーセンサー経由で中古車を取り寄せるということは出来ません。

自分の購入条件にあった中古車を県外で見つけても、購入後のアフターサービスなどを考えると遠いところから中古車を購入するというのは不安ですね。

そういったことから、見つけた中古車を地元近所の中古車販売店に取り寄せることができないか?と考えましたが、まずカーセンサーは単に全国にある中古車を紹介しているというサービスなので、カーセンサー自体が掲載されている中古車を直接販売しているわけではありません。

なのでカーセンサーに掲載されている中古車を取り寄せるには、その中古車を販売している県外の中古車販売店と交渉して自分の近くの中古車販売店に取り寄せてもらうということになります。

普段から親交のある販売店同士ならそういったことも可能ですが、全く繋がりのない中古車販売店同士で取り寄せを行うのは現実的には難しいといえます。

また取り寄せてもらえたとしてもその分の手数料とかを支払う必要がありますので割高になってしまいます。

ディーラーなら県外にある中古車を取り寄せ出来る?

カーセンサーには新車販売ディーラーの扱う中古車も掲載されています。

ディーラーの場合だと自動車メーカーの販売ネットワークなのでディーラー間での中古車の取り寄せにも対応してもらえそうな気がしますが、中古屋販売店間よりは融通は効くもののディーラー間でも中古車の取り寄せは難しいです。

その理由は人気車種の中古車はカーセンサーなどに掲載すると同時に商談が入るということと、新車ディーラーにとっては中古車を購入してくれるユーザーは将来の新車購入の見込み客になるからです。

せっかくの自店舗で将来の見込み客確保ができる機会を簡単に他のディーラーに譲り渡すことはしないということですね。

中古車を県外から買うメリットとデメリット

実際にカーセンサーを使って中古車を県外から購入して判ったメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  1. 中古車選びの選択肢を全国規模にまで広げることができる
  2. 選択肢を広げることで希望条件にあった優良中古車にめぐり合う確率が高くなる
  3. 検索条件を細かく指定できるので希望車種をピンポイントで探せる
  4. 中古車販売店まわりをすることなく空いた時間に中古車を探すことが出来る

デメリット

  1. 県外で遠方の場合だと現車確認が出来ない場合がある
  2. 販売店の素性がよくわからない
  3. 登録費用や納車費用が県内より割高となる場合がある

メリットを生かしながらデメリットを克服することが失敗しない中古車購入の第一歩

県外からの中古車購入で失敗しないコツはメリットを生かしつつデメリットを克服することだといえます。

特に「現車確認ができない」「販売店の素性がよくわからない」というのは、車という高い買い物をする上では大きなデメリットだといえます。

逆に言えばこのデメリットを克服できれば、県外まで選択肢を広げて中古車選びを行うというハードルはぐんと下がるのではないでしょうか。

その方法が「無料中古車探しサービス」です。

この無料中古車探しサービスは、日本最大手の中古車販売・買取チェーンである「ガリバー」と提携したサービスなので、中古車販売店の素性は全く問題ないといえます。

また、スマートカーライフプランナーというプロの中古車鑑定士が、全国60万台の非公開車両の中から条件に合った中古車を探し提案してくれますので、当然外観も含めその中古車の品質や程度は折り紙つきです。

他にも、この「無料中古車探しサービス」は、提案してもらえる中古車は最長で10年の保証を付けることが可能、また納車後も期間内であれば返品することが出来ます。

botan

最長保証期間:国産車10年、輸入車5年 ※.1年以上の有償オプション保証付帯時のみ対象

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom