マツダMPVは最終モデルである3代目モデルも2016年3月に全てのグレードの生産が終了し、現在は中古車のみの販売となっています。

180KW(245PS)のパワーと350N・mを発揮する2.3Lターボモデル(23T)の怒涛の走りと、ミニバンとしての居住性を確保しながらも車高を低く抑えたスタイリッシュなフォルムが注目されたモデルです。

またいろいろと充実した装備でありながら他社の同クラスミニバンよりも安い価格設定となっていたのもMPVの大きな魅力でした。

中古車市場でも手ごろな価格で充実装備のミニバンに乗れるという事で人気の、マツダMPVの中古車を購入する際の注意点やおすすめの購入方法について紹介します。

条件にピッタリ合った中古車を確実ゲットする方法

中古車を購入するときは選択肢が広いほど希望条件にあった中古車に巡り合える確率は高くなりますね。

ただ市場に流通している中古車から条件にピッタリ合ってかつ安心して乗れる一台を見つけるのは結構難しいものです。

・中古車販売店の素性もわからないし中古車の程度を見極める自信がない・・

そんなお悩みをお持ちなら、希望条件に合った中古車を探して提案してくれる「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

1.中古車市場に出回っていない非公開車両の中から希望条件に合った中古車を探してくれます。

2.希望条件に合った中古車は豊富な経験とノウハウを持った中古車選びのプロが探してくれるので安心です!

3.提案してくれる中古車の修復歴もプロの目によってチェック済み!

マツダMPVの中古車市場での流通状況

中古車市場には現在、LW系と呼ばれる2代目モデルのMPVとLY系と呼ばれる3代目モデルのMPVが流通しておりLW系の2代目モデルにはV6エンジン搭載モデルも存在します。

カーセンサーで確認したところ、両方合わせて現在約500台程度の中古車物件が流通しています。

2代目モデルは最終生産が2006年なのでどの年式の中古車を購入しても重加算税がかかってしまいますが、走行距離が少なく程度よい中古車を探せれば、V6エンジンのフィーリングを30万円以下の中古車価格で手に入れることも可能です。

現時点でのMPVの中古車購入の現実解は3代目(LY系)モデル

上記のように2代目モデルのマツダMPVであれば、V6エンジン搭載モデルを激安で手に入れることが出来ますが、そうはいっても実際に市場に流通している2代目MPVの中古車で購入に値する物件はかなり少ないです。

特にこのV6エンジンはフォード製のエンジンであり、低コストで作られたエンジンで完成度が低くトラブルが多発していましたので走行距離が少なくてもそういったリスクを抱えているといえます。

したがって、メンテナンス費用などの維持費から考えても「安物買いの銭失い」になる可能性は大で、現実的なMPV中古車の選択肢としては3代目(LY系)モデルになると思います。

マツダMPV3代目(LY系)モデルの中古車価格相場

3代目MPVが生産されたのは2006年~2016年の間になります。

2006年に登場し、2008年にマイナーチェンジされましたが2006年から2008年式までを前期型、それ以降が後期型と呼ばれています。

走行距離やグレードによって差はありますがそれぞれの年式別の中古車価格相場は以下の通りとなっています。

年式中古車価格(最安)中古車価格(最高)
2006年19.8万円119万円
2007年20万円118万円
2008年22万円132万円
2009年39.7万円143万円
2010年49.8万円149万円
2011年75万円185万円
2012年59.5万円193万円
2013年98万円185.9万円
2014年59万円223万円
2015年
2016年233万円286万円

2019年現在のカーセンサーネットでの調査結果。各年式の詳細はこちら(カーセンサーネットへのリンクです)

3代目モデルMPV中古車のトラブル事例

実際に私が購入した前期型の3代目マツダMPVの中古車で発生したトラブル事例を紹介します。

※購入した中古車の情報についてはこちらを参照ください。

フロントブレーキローターの変形

購入した3代目MPVは既に約6万キロを走行している中古車でしたが、入手後1000kmほど走った時点でブレーキを踏んだ際にジャダー(振動)が出るようになりました。

ディーラーに持ち込み原因調査を行った結果、ブレーキキャリパーの固着によるディスクローターの変磨耗であることが判明、ブレーキディスクローターの交換とキャリパーのオーバーホールを実施しました。

このディスクローター交換とキャリパーのオーバーホールには約6万円ほどの修理費用が発生しましたが、マツダディーラー経由で購入したためマツダ中古車の保証プログラムんの「さわやか保証」が適用となり、実質の修理費用の支払いは無しで済みました。

関連記事:県外で中古車を買った時の保証はどうなるのか?

VVTの故障

VVTとはVariable Valve Timing-intelligent systemの略で可変バルブタイミングのことで、エンジンの吸気と排気バルブの開閉タイミングを制御するものです。

バルブ制御はVVTアクチュエーターと呼ばれるデバイスで行われますが、このVVTアクチュエータが壊れるというトラブルが発生しました。

VVTアクチュエータが壊れるとエンジン始動時にガラガラと大きな異音が発生します。

結局このVVTアクチュエータユニット丸ごと交換することとなり、修理費用も5万円くらいかかりましたが、これもさわやか保証期間内であったため、無償交換となりました。

ブレーキキャリパーの交換

キャリパーの固着によるディスクローターの変形を修理する際に、キャリパーはオーバーホールしていましたがやはりそれから約3万キロ走行した時点でキャリパーの固着が再発しました。

ブレーキローターの交換時にキャリパー自体もオーバーホールではなく交換すれば良かったのですが、さわやか保証の持ち出しを抑えるためか?キャリパーはオーバーホールという判断になっていました。

結果的にキャリパー交換時はさわやか保証が切れた後での修理なので自費での修理となり、約4万円の修理費用を支払う羽目になりました。

とどめはABSユニットの故障

ブレーキローターの交換に始まりブレーキキャリパーの自費交換と、ブレーキ周りの故障が頻発した3代目モデルのMPV中古車ですが、同様のブレーキ系統にまさに止めともいえるべき故障が発生しました。

それがABSユニットのハイドロリックブースターの故障です。

ある日突然インパネ内のTCSとAFSの警告ランプが点灯/点滅状態になったままとなり、ディーラーへ持ち込んだところABSの制御が故障しているとの事でハイドリックブースターのユニット交換が必要との事。

ハイドロリックブースターユニットの交換費用は工賃込みで約14万円で自費での修理となりました。

ちなみにこのABSユニットの故障は走行距離約9万キロでの発生であり、正直重要保安部品であるブレーキの制御部分が10万キロ以下で壊れるというのは如何なものかという感想です。

過去にも数台の車を10年10万キロ以上乗り継いできましたが、ブレーキの根幹部分が壊れるという故障は初めての経験です。

ネットでの口コミ情報を見ても3代目モデルのMPVの前期型では同様の問題が発生している事例も多数あり、やはり新型車の立ち上がりモデルとなる前期型はブレーキ系統の基本設計に問題があったのではないかと思われます。

ターボモデルと4WDモデルの6速ATは要注意

もう一つの3代目MPVの大きな故障事例として、ターボモデルとNAの4WDモデルに搭載されている6速ATの故障が挙げられます。

この6速ATユニットはアイシン製のユニットですがトラブルが多く、具体的には3速以上にシフトアップができなくなるという症状です。

原因はATの変速を制御するコントロールECUの故障ですがなぜかECU単体での交換ができず修理するにはATユニット丸ごと交換が必要とのこと。

ATユニットを丸ごと交換した場合の修理費用は実に40万円以上となります。

このATユニットのトラブルは前期型でも後期型でも起きるようで、予兆としては変速ショックが大きい、特にリバースに入れたときに大きな変速ショックと異音があるような場合は要注意とのことです。

フォード資本時代にフォード流の考え方で設計された車

MPVはフォード資本時代の設計の考え方で開発された車であり、フォード流のモジュール化が随所に採用されています。

なので単品部品の故障でも周辺部品丸ごと交換といったケースが多く、修理費用が非常に高くつきます。

その他、マツダMPVはパワースライドドアの故障が多いのも有名ですが、パワースライドドアの故障に関する情報は以下の記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

関連記事:走行距離が10万キロを超えた中古車に発生したトラブル事例と修理費用

3代目モデルのマツダMPVの中古車を選ぶときの注意点

こういったトラブル事例から、マツダMPVの中古車を購入する際の注意点として、

  • MPVの中古車を選ぶなら前期型での不具合対策がしっかりとフィードバックされた後期型を選ぶ。
  • 基本構造部分が壊れると修理費用が高額になるので最低でも1年、もしくはそれ以上の長期保証がついた中古車を選ぶ。

といったことが挙げられます。

特にブレーキ周りに関しては前期型では完成度が低いという印象が強く、後期型でかなりのテコ入れがされているようです。

マツダMPVの中古車購入で失敗しないために

生産終了したとはいえ最終モデルの生産が2016年なので、まだまだ全国の中古車市場には走行距離も少ない程度良いMPVの中古車がたくさんあります。

その一方で、中古車選びの際に上記のようなトラブル事例が起きないかどうかを全て自分で確認するのはやはり難しい部分もありますね。

マツダMPVの中古車を購入するなら後期型を前提に、プロの中古車鑑定士がチェックした長期保証付きの車両を提案してもらうのが最適解だといえます。

その最適解を実現してくれるのが「無料中古車探しサービス」です。

「無料中古車探しサービス」なら
point160万台の非公開車両の中から、希望条件に合った中古車を提案!
車選びのプロであるスマートカーライフプランナーが、あなたの入力した希望条件にズバリ合った中古車を提案してくれますので、なかなか自分の条件に合う中古車が見つからないといった悩みを解決できます。

point2提案する中古車はもちろん「事故修復歴」チェック済み
条件に合った中古車を厳選して提案してくれるのは、全国に450店舗以上を持つ、中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その品質も安心です。もちろん事故歴のある車を隠して販売するようなこともありません。

point3希望条件に合った中古車は最短で即日、通常2日で提案
わずか1分程度の、希望する中古車の条件等の登録を済ませれば、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップで迅速に提案してもらえるので、中古車探しに時間を取られることなく、欲しい中古車を見つけられます。

point4安心の保証と返品サービス
提案してもらえる中古車はどれも最長で10年の保証を付けることが可能、また納車後も期間内であれば返品することが出来ますので、ヤフオク等の個人売買のようなリスクの心配もありません。

botan

保証期間 国産車10年 輸入車5年 ※.1年以上の有料オプション補償付帯時のみ対象

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles: