中古車のエンジンオイルが交換されていたか見分けることは出来る?

エンジンオイルのメンテナンスは内燃機関を搭載した自動車がトラブルを起こすことなくその性能を最大限に発揮するための必須事項であり、中古車においても新車と同様のエンジン性能を発揮させそれを維持していくための重要な項目です。

電気自動車を除く内燃機関を搭載した自動車においては、内燃機関であるエンジンが酸素を吸い込んでガソリンと混合し、その混合気を圧縮しそこに火を付ける事で爆発を発生させその爆発エネルギーを車輪に伝達することで車を走らせています。

エンジンオイルは内燃機関の生命を維持するための血液

この一連の吸気→圧縮→爆発→排気の過程は、エンジン内部をピストンが高速で上下運動(ロータリーエンジンの場合は回転運動)することによって生み出されています

高速で上下あるいは回転するピストンやローターは、生成した混合気を漏らさないように圧縮し爆発エネルギーをロスすることなく動力にする必要があるため、シール部材を介してエンジン内面と接触し摺動しています。

この摺動をスムーズに行うためにはエンジンオイルによる潤滑皮膜を生成する必要があり、適正なエンジンオイル量による潤滑皮膜がないと摩擦によって発生する熱でエンジン内部は焼きついてしまいます。

また潤滑皮膜はエンジンオイルの劣化度合いによってその性能がかわりますので、エンジンオイルが量的には満たされていても劣化度合いが大きいと潤滑皮膜として十分な性能を得ることは出来ません。

エンジンオイルは新品時にはある程度の粘性を持っておりこの粘度によって摺動部分に潤滑皮膜を生成しますが、長期間の使用によりエンジンオイルが劣化するとこの粘度が失われ水のようなサラサラの状態となります。

こうなってしまうと潤滑皮膜として摺動部分を保護し、摩擦抵抗を低減してエンジンの性能を十分発揮させるということが出来なくなります。

内燃機関がその性能を最大限に発揮して維持し続けるためには適切な量とより新鮮なエンジンオイルが必要であり、まさに内燃機関の生命を維持するための血液だといえます。

中古車のエンジン素性はエンジンオイルをこまめにメンテナンスしていたかで決まる

中古車は市場に投入されてから一定の走行距離と年数を重ねた車ですが、その間は自分以外の自動車オーナーの下でそのコンディションを維持するためのメンテナンスが施されています。

中古車市場にはさまざまな履歴の中古車物件が並んでおりその素性もいろいろですが、基本的に中古車のエンジンコンディションの良し悪し、いわゆる素性というものはどれだけこまめにエンジンオイルのメンテナンスが行われていたか?によって決まるといっても過言ではありません。

自動車のエンジン内部の燃焼室では1000℃を超える燃焼温度が発生し潤滑皮膜としてエンジン内部に生成されたエンジンオイルも数百度の温度に晒されます。そういった高温状態によってエンジンオイルは燃焼し減少すると共に劣化が進んでいきます。

一般的にはエンジンオイルの交換周期は自然吸気のガソリンエンジン車で走行距離1万キロ、ターボ搭載エンジンだと5千キロ毎にエンジンオイルを交換し、オイル交換の2回に1回はオイルフィルターを交換するのが望ましいといわれています。

関連ページ:エンジンオイル交換の目安は走行距離?年数?

したがってそういった交換周期を守ってきちんとメンテナンスされている中古車であればエンジンの素性は概ね良好だと判断できるかと思います。

中古車のオイル交換履歴の見分け方

そうはいっても自分が購入しよう思う中古車が、実際に前のオーナーによってどのようなエンジンオイルのメンテナンスが行われてきたのか?という事は点検整備記録簿がしっかりと残っていればその履歴を確認することができますが、そういった記録がない場合は実質エンジンオイル交換履歴を知ることは出来ません。

ではどうやってその中古車がきちんとエンジンオイルメンテナンスがされていた(であろう)という事を確認すればよいか?

まず一番簡単な方法は店頭に並んでいる中古車のボンネットを開け、エンジンオイルのレベルゲージをチェックするという方法です。

店頭に並んでいる中古車は、中古車オークションから購入してきたばかりの状態、すなわち現状状態のまま並べられている車両も多く、そういった物件はエンジンオイルもそれまでの走行状態のままになっています。

店頭に並んでいる中古車のオイルレベルゲージをチェックしてみて、オイル量がLowレベル以下になっている、オイルが真っ黒で水のようにサラサラで粘りがないといった状態であれば、その中古車はオイルメンテナンスが十分に行われていない車両の可能性が大です。

またこちらのページでも紹介していますが、オイルフィラーキャップと呼ばれるエンジンオイル注入口のキャップを外してみてその裏側にスラッジと呼ばれるオイルの固体物が堆積している場合はほとんどエンジンオイルのメンテナンスがされてきていない履歴の中古車です。

ただ最近の乗用車はエンジンカバーを外さないとオイル注入口が確認できない車両もありますので、まずはオイルレベルゲージで確認をしてみるのが手っ取り早いといえます。

県外で購入した中古車のオイル交換はどこで行うのがよいか

地元近所の中古車販売店で中古車を購入した場合はその店でオイル交換のメンテナンスをお願いするのがいろいろと融通も利くので便利ですが、県外で中古車を購入した場合などは購入した中古車販売店にオイル交換等のメンテナンスをお願いできない場合もあります。

関連ページ
県外の中古車をネットで購入する
カーセンサー経由で県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

そういった場合はその中古車の車種の正規ディーラーにお願いするのがベストですが、改造車の場合だと正規ディーラーでのメンテナンスは受けられないこともあるので注意が必要です。

その他には最寄のガソリンスタンドやカー用品ショップを利用する方法もあります。

中古車で購入した車のオイル交換等のメンテナンスは、自分で行わないのであれば基本はメンテナンスコストの最も安いところで行うのが良いといえますが、ガソリンスタンドは工賃自体が意外と高めで、カー用品ショップはオイル購入とセットで工賃が割引もしくは無料といったところも多いので、こちらも意外と高くつく場合があります。

では新車の正規ディーラーならどうか?ということですが、新車の正規ディーラーの場合、その販社毎に独自の会員割引を導入しているケースが多く、この会員割引を上手に活用すればメンテナンスコストを安く抑えることが出来ます。

たとえばマツダ正規ディーラーのアンフィニ広島では、Lカードという会員カードを発行しており入会金10,000円で3年間有効(継続時は9,000円)で、オイル交換は1回当たりガソリン・ディーゼル車なら1,620円、クリーンディーゼルの場合だと2,484円となっており、さらに車検費用の10,800円割引も付いています。

中古車のオイル交換をディーラーで行うメリット・デメリット

このように正規ディーラーのメンテナンス会員などのシステムを上手に利用すればオイル交換のメンテナンス費用をぐっと抑えられますが、その一方でディーラーがゆえのデメリットもあります。具体的にメリット・デメリットを整理してみると、

メリット

  1. オイル交換の費用(オイル代金含む)が非常に安く、年会費を払っても確実に元が取れる。
  2. オイル交換ついでに室内の清掃などもサービスでやってくれる
  3. 中古車であても自社ブランドの車なのでサービスマニュアルを熟知した熟練サービスマンだから作業の信頼性が高い
  4. 待ち時間はコーヒーなど無料サービスあり
  5. 待ち時間の間に新型車の試乗が楽しめる
  6. 事前に予約できるので予定が立てやすい

デメリット

  1. 基本的には予約が必要。飛び込みで行くと既に予定がいっぱいで対応してもらえない
  2. オイルの種類がメーカー指定の純正オイルのみになる
  3. 予約していても比較的待ち時間が長い
  4. 車検や点検の予約売り込み、新車のセールスの相手をするのがめんどくさい

メリット・デメリットはありますが、個人的には純正オイル一択でも問題ないのであればLカード同様に会員サービス入会でメンテナンスコストが抑えられ、作業の信頼度も高い新車ディーラーでのオイル交換がおすすめです。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ