中古車は5万キロ超えたら売るのも買うのも損する?5万キロ走った中古車売買のポイント

中古車は5万キロ超えたら売るのも買うのも損する?5万キロ走った中古車売買のポイント

中古車は5万キロ超えたら売るのも買うのも損する?5万キロ走った中古車売買のポイント

  • 5万キロを境に中古車査定額は大きく下落するので、売るなら5万キロ以下がベスト
  • 5万キロ走った中古車も登録から10年以内であれば自動車メーカーの特別保証の対象となる
  • 外車(輸入車)で5万キロ走行した中古車を購入するなら短期で買い替えるのがおすすめ
  • 2年落ち3年落ちで5万キロ走行の中古車はメンテナンスがきちんとされていればお買い得の物件

車で5万キロという走行距離は、新車を購入してから売却するときの価値、いわゆるリセールバリューの観点からのボーダーラインともいわれています。

また逆に中古車を購入する場合においても、極端な人気の車種以外は5万キロ以下の走行距離の中古車がその程度と値段のバランスが最も良いともいわれていますね。

市場で言われているように車は走行距離が5万キロを超えるとその価値はぐんと下がって売る時も高く売れないのか?、また中古車として購入する時も程度の良くない車を掴んでしまうリスクが上がるのか?といった疑問にお答えしながら、5万キロ走った中古車売買のポイントについて解説します。

5万キロ走った中古車は何年落ちが相場か

5万キロ走った中古車は何年落ちが相場か

5万キロ走った中古車は何年落ちが相場か

一般的な年間走行距離を1万キロと考えると、5万キロ走行した車は新車購入から5年くらいが経過している中古車ということになります。

車検のタイミングで言えば初回の3年車検を受けて2回目となる5年目の車検を受けるタイミングとなり、実際この5年目の車検タイミングの前で新しいモデルに買い替える人は多いですね。

5万キロ走行の中古車の査定額はどれくらいになる?

5万キロ走行の中古車の査定額はどれくらいになる?

5万キロ走行の中古車の査定額はどれくらいになる?

一般的には走行距離5万キロで新車の車両価格の半額、10万キロでほぼ査定額はゼロ査定というのが相場です。

ただ車の査定額はその車種の市場での人気度合いによっても変わりますので、一概にどれくらいとは言えない部分もあります。

 

実際に大手買取であるグー買取のオンライン査定で、人気のミニバンであるトヨタアルファードで5万キロ走行の5年落ちモデルの査定額を調べてみると予想以上の値段となりました。

 

査定を行ったアルファードの新車価格は319万円なので5万キロ走行でも人気の車種は新車価格の半額以上の査定額がつくということがわかります。

画像出典・価格コム

売るなら5万キロに到達する前がやはりベストタイミング?

人気車種なら交渉次第で査定額アップも期待できますが、やはり一般的にいわれている走行距離と査定額の関係から考えると売却するなら5万キロ以下の方がベストだといえます。

年間の走行距離が1万キロに満たないユーザーであれば、5年目の車検の手前でも走行距離が4万キロ以下というケースもありますし、通勤などで毎日一定距離乗り続けていて、次の車検の半年や数か月前で走行距離が5万キロを超えてしまうことが予測できるのであれば、5万キロを超える前に売却することをおすすめします。

車検が残っているうちに売却することで査定評価も有利になります。

5年5万キロ走った中古車は新車メーカーの保証が適用される?

次に5万キロ以上走行した中古車を購入する場合ですが、5万キロの走行距離となるとそこそこあちこちが劣化している状態とも言えますので、購入後のトラブルや故障に対する保証も気になるところです。

自動車メーカー各社は、ある一定の走行距離と経過年数の範囲内であれば各部の故障に対して無償で交換・修理を行う保証を設けています。

5年5万キロの走行距離であればメーカーの特別保証の対象となりますので、中古車であっても新車メーカーの保証が適用されることになります。

ちなみに特別保証とは車の基本機能にかかわる部分に対する保証のことで、エンジンやブレーキ、ステアリング機構とその構成部品などが対象になります。

いわゆる「走る・止まる・曲がる」といった車の走行と安全性能にかかわる部分に対する保証ということです。

なお各自動車メーカーごとの中古車の保証に関する情報はこちらの記事が参考になります。

https://diz-tokyo.com/%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E8%BB%8A%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5/%E7%9C%8C%E5%A4%96%E3%81%A7%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E8%BB%8A%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%99%82%E3%81%AE%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/県外で中古車を買った時の保証はどうなるのか?

中古車で5万キロ走行した外車は買っても大丈夫?

中古車で5万キロ走行した外車は買っても大丈夫?

中古車で5万キロ走行した外車は買っても大丈夫?

外車(輸入車)は壊れやすいというイメージはまだ日本国内の自動車ユーザーの間には根付いていますが、それはもう昭和の時代や平成でも20年以上も前に日本で販売されていた外車の話で、最近の外車(輸入車)は日本車と同等もしくはそれ以上の耐久信頼性が確保されています。

特に日本国内で主流である欧州車は、国産車を凌駕する品質と耐久性信頼性を有しており、5万キロ程度の走行距離でトラブルが多発するようなことはまずありません。

欧州車は国産車を凌駕する品質と耐久性信頼性を実現している

欧州車は国産車を凌駕する品質と耐久性信頼性を実現している

ただ5万キロを超えて10万キロ近い走行距離になると、国産車と同様に消耗品を含め様々な部品の劣化が目立つようになり、交換する頻度が増えてきます。

輸入車の場合、国産車に比べるとサービスパーツなどの部品単価が高いので同じメンテナンスでも費用は国産車の1.5倍~3倍くらいかかる場合もあります。

こういったメンテナンスコストも考えて、5万キロ走行した外車の中古車を購入するのであれば10万キロ近くまで乗るのではなく、2万キロくらい乗って短期で買い替えるといった乗り方をする方が無難とも言えます。

2年から3年落ちの中古車で走行距離が5万キロの物件は手を出さない方がよい?

5万キロ走行までの年数が短くても、その間にしっかりとメンテナンスされながら使われてきた中古車は問題ありませんし、むしろ年式が新しいけど走行距離が多いので割安となった経年劣化の少ないお買い得の中古車だといえます

一般的な日本国内の自動車ユーザーの年間走行距離は1万キロ程度と先にも述べましたが、通勤や通学などに車を使うユーザーの場合はその限りではなく、もっと年間の走行距離は多くなります。

例えば地方では車で片道2時間近くかけて会社に通勤するといったユーザーもおり、片道約50㎞~60㎞くらいの距離を毎日往復していることになります。

実働日が月に20日だとすれば、往復100㎞×20日=2,000㎞/月、年間では2,000㎞×12か月で24,000㎞ほど走行することになります。

年間24,000㎞であれば2年でほぼ5万キロ走行ということになりますが、こういった使われ方をした中古車は手を出さない方がよいか?といえばそうとも限りません。

なのでそういった中古車物件は、メンテナンス履歴がきちんと残っていれば購入候補の一台になりうると言えます。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom