中古車を購入した時に、納車までの期間がどれ位かかるのかというのは結構重要なポイントです。

車検が切れるとかで、予め車の買い替えの予定がある中で計画を立てて、中古車や新車の購入を検討している場合ならよいですが、現在乗っている車が突然故障したり事故を起こして乗れなくなった場合は、出来るだけ早く次の車を手に入れる必要がありますね。

また、ゴールデンウィークやお盆、正月といった長期連休に帰省やドライブ旅行等を計画している場合などは、購入した車の納車がその予定に間に合わないと困った事になってしまいます。

なので中古車を購入する際には、契約してから納車までに掛かる期間、いわゆる納期がどれ位かかるものかというのを、把握しておく必要があります。

条件にピッタリ合った中古車を確実ゲットする方法

中古車を購入するときはその選択肢が広いほど、希望条件にあった中古車に巡り合える確率は高くなりますね。
ただ市場に流通している中古車は玉石混合、その中から条件にピッタリ合ってかつ安心して乗れる一台を見つけるのは結構難しいものです。

・中古車を販売しているお店の素性もわからないし中古車の程度を見極める自信がない・・

そんなお悩みををお持ちなら、希望条件に合った中古車を探して提案してくれる「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

1.中古車市場にはまだ出回っていない非公開車両の中から希望条件に合った中古車を探してくれます。

2.希望条件に合った中古車は豊富な経験とノウハウを持った中古車選びのプロが探してくれるので安心です!もちろん提案してくれる中古車の修復歴もプロの目によってチェック済み!

中古車の納車期間は何で決まるのか

中古車の納車期間は、中古車を購入して公道を走行できるようになるまでに必要な手続きやメンテナンスの期間によって決まります。

関連ページ:県外から中古車を買う時に必要な書類や手続きの流れ

中古車の納車期間は最短で何日が可能?

公道を走ることが出来るようになるための手続きは必要な書類をすべて揃えて行う必要があり、その中で一番大きく影響するのは車庫証明です。

購入者の住民票や印鑑証明は自分が速攻で取得すればいいのですが、車庫証明は管轄の警察署に申請し警察の確認が行われた後に発行されます。

警察が車庫証明申請を受理してから発行されるのは、各都道府県の管轄の警察署によって異なりますが大体実働で4日くらいかかります。

週明けの月曜日に申請すれば木曜日証明書が発行される、といった感じです。

したがって中古車の納車期間は、車庫証明が必要な普通車の場合、車庫証明申請中にメンテナンスを完了し車庫証明書を受け取ってその足で陸運局へ行き登録完了したとしても4日は必ずかかることになります。

車庫証明の不要な軽自動車で車検付きの中古車なら最短で2日くらいの納車期間でも対応可能な場合もあります。

中古車の納車期間は車検なしと車検ありの場合で異なるのか

中古車を購入する時には車検がありの状態の車両を購入する場合と、車検が切れた状態の車両を購入するケースがあります。

前者の場合は名義変更と場合によってはナンバー変更の手続きとなりますが、後者の場合は再度車検を受ける必要がありますので、その分時間が必要となります。

中古車販売店やディーラーはたくさんの顧客の車の登録手続きを行っているので、繁忙時期にはどうしても陸運局への車両持ち込み含めた車検取得に時間がかかる場合もあります。

一概には言えませんが、大体自社で点検整備して車検を取得し登録完了までは概ね1週間といったところです。

新車と中古車では納車期間に差があるのか?

中古車の場合は、既に市場にある車を実際に購入したユーザーが乗って公道を走ることが出来るようにするためだけの手続きですが、新車の場合は新車登録手続きを経て私たちユーザーの手元に届きますので、中古車よりも長い納車期間が掛かるのが一般的です。

新車の場合は人気車種ほど納車期間が長くなる

自動車メーカーは各車種毎に毎月の生産計画に基づいて新車を生産します。

新車ディーラーなどの自動車販売店でユーザーが新車購入を契約すると、計画生産されている車両の中から順次割り当てていきます。

なので人気車種のように自動車メーカーからの供給を需要が上回ってしまうと、順番待ちの状態となってしまいその順番を待つ期間が納車期間になってしまいます。

2018年に20年ぶりにフルモデルチェンジしたスズキの新型ジムニーがその例で、発売当初は軽自動車のジムニーで納車期間が1年、普通車のジムニーシエラではなんと納車期間が2年の状態でした。

ちなみにススキ自動車の公式発表によれば早々に増産対応するとの事なので、納車期間はだんだんと短縮されていくと思われます。

関連ページ:新型ジムニーの納期は1年以上?納車期間を短縮する方法

アフター保証を付けている中古車は整備期間が長い

通常の中古車販売店で、販売後も一定期間補償を設けている場合は、販売前にきちんと点検整備を行いますので、車検が残っていて手続き自体は早く終わっても納車前点検などの整備期間を含めると、やはり2週間くらいの期間はかかるのが普通です。

逆にあまりに早すぎる場合は、きちんと点検整備が行われていない事もあるので注意が必要です。

ネットで県外から中古車を購入した場合、納車期間はどうなるのか

ネットで県外の中古車を購入した場合、近所の中古車販売店などから購入した時よりも納車までの期間が長くなることがあります。

その理由は購入者の住んでいる都道府県の管轄陸運局へ車を持ち込む時間が上乗せになるからです。

たとえば大阪に住んでいて東京にある中古車を購入したとすると、最短でも車両持ち込み~登録完了には2日くらいはかかります。

さらにネットで県外から中古車を購入する場合は、契約から登録手続に必要な書類の提出を郵送で行う事になりますので郵送にかかる日数の1日~2日分が余計にかかります。

ちなみに私がネットで県外から中古車を購入した時は、車検切れの中古車で見積もり入手して購入の意思を伝え契約書類やその他の登録に必要な書類のやり取りを済ませ、納車されるまでの期間は15日間でした。

納車は県外なので休日まで待って取りに行きましたが、実際はもっと早く引き渡せる状態になっていましたので、県外から中古車を購入した場合でも1.5~2週間見ておけば大丈夫といえます。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles: