車を買うときは、特に新車の場合だと頭金をいくらか払って残りをオートローンなどの分割払いで支払う人も多いと思います。

車をローンで買った事のある方なら、車検証の所有者はその車の販売会社ローンを扱っている信販会社で、使用者が購入者本人の住所と名前になっているのを見たことがあるのではないでしょうか。

そもそも車の所有者と使用者に分かれているのはなぜなのか?といった事から、所有者が自分ではない車すなわちローンが残っているような車を売る時の具体的な手続き内容などを紹介します。

そもそも車の所有者と使用者とは?

車の所有者、使用者とはそれぞれ読んで字の如く、その車を所有する人(或いは法人)と、その車を使用する人という事になりますが、そもそもなぜ車には所有者と使用者という区分が存在するのでしょうか?

車を購入する際の購入代金の支払い方法は、諸費用含めた全額を一括で現金で支払う方法と、先にも述べた通り頭金として購入代金の一部を現金で支払い、残りの金額をオートローンなどを利用し分割払いで支払う方法があります。

なお、一昔前は諸費用分はローンには出来ず現金での支払いが必要と言われていましたが、最近は諸費用分も含めて、いわゆる頭金ゼロでもオートローンを組むことが出来ます。

関連記事:頭金なしでも中古車は買える?

ローンで車を購入した場合は、信販会社に車の購入代金を一括払いで建て替えてもらっているわけですから、建て替えてもらっている代金を払い終えるまでは、その車は自分のものにはなりません。

万が一、月々の支払いが出来なくなった場合には、信販会社はその車を引き上げて売却し債権回収しないといけないのでいざというときにために所有権を確保しているわけです。

車の所有者(所有権)自分でないとどんな不都合があるのか

上記のような車の所有者が自分以外の第三者の状態を「所有権保留」といいますが、実際に所有権保留の状態だとどんな不都合があるのかといえば、日常生活で車を使用する上では全く不都合はありません。

車検を受ける時や任意保険の更新の際にも、車検証上の所有者と使用者の括りは全く関係ありませんし、万が一交通事故などの、車を運転中のトラブルが発生した際も問題ありません。

ではどのような時に不都合があるのか?ですが、車を売ったり廃車にしたりする、いわゆる「車を手放す時」となります。

車に限らず人のものは勝手に売る事ができないのが常識ですが、所有者が他人名義になっているという事は勝手に譲渡売却することは出来ません。

ローンで車を買ったら必ず所有者は自分にならない?

基本的にはローンで車を購入すると前出の理由から所有権は保留になりますが、例外もあります。

例えばローンの金額が少ない場合は所有者も購入者自身になることも多く、目安としては100万円以下の金額のローンの場合がそれに該当するようです。

また、過去に信用事故等の経歴がなく、公務員など安定した収入があり社会的な信用が高い場合も所有権保留とならない場合があります。

日常の使用には困らないけど所有権は自分の方がいい

購入した車の所有者が自分でなくても、日常の使用には特に問題ありませんが、買い替えや車を手放す場合のことを考えると、やはり所有者も使用者も自分になっていた方が楽です。

それにやはり所有者も自分名義の方が愛車に対しての愛着も湧きますね。

なのでもしローンで車を買うのであれば、できるだけローン金額は100万円以下で抑えるかディーラーや中古車販売店の扱うオートローンではなく銀行のマイカーローンなどからの融資を受けて購入する方がよいといえますね。

所有者が自分以外(ローンが残っている)車を売る方法

ローンで車を購入してまだ払いが終わっていないけど、新しいモデルの新型車に乗り換えたいとか、車自体が必要なくなったので売却処分したいといった事も、自動車を所有している中ではあるのではないかと思います。

実際にローンで購入した車で、所有者がディーラーや信販会社になっている車を売る時にはどのような方法があってどういった手続きを行えばよいのでしょうか。

基本は「所有権解除」を行うことが前提

まずはローン支払い中で所有権が信販会社やディーラー等になっている「所有権保留」状態の車を自分のものにする必要があります。

「所有権保留」状態の車を自分のものにすることを「所有権解除」といいます。

所有権を解除するためには、現在の車にかかっている担保を全て解消する必要がある、すなわちローン残債を全て支払う必要があります。

ローン残債を一括で支払える手持ちがない場合

しかしながら、手持ちにまとまったお金があるなら残債を一括で支払う事も出来ますが、そもそもローン支払い中の車を売りたいと考えるのはローンが支払えなくなったり、すぐにお金が必要といった金銭的な問題を解決したい人も多いと思います。

そういった方はローン残債を一括で支払う事は困難なので、原則車を売却する事は出来ないという事になりますが、手持ちの車を売った金額でローンの残債を相殺し一括返済するという方法もあります。

これだと手元に現金が無くてもローンを精算して車を売ることができます。

ローン中の車を売るためには、1円でも高く車を売るのがpoint!

ただし、上記のケースはあくまでもローンの残債よりも現在所有している車が高く売れた場合に限られます。

一般的なディーラーや中古車販売店に売ると、ローンの残債にもよりますがほとんどはローン金額を相殺できるほどの金額で車を買取ってもらえる事は期待できないでしょう。

その理由は、一般的なディーラーや中古車販売店は、マニュアルに定められた通りの中古車査定しかしないからです。

一方でガリバーなどの買取査定専門店は車種毎に独自の販売流通網を持っていたり、海外への販売ルートも構築しているので高い金額で買取っても十分に利益を出せるため高価買取が期待できます。

さらに「一括査定見積もりサービス」を利用して、複数の買取専門店から見積もりを取って競合すれば、より高値での買取も期待できます。

ローン中の車を売りたいけど、ローンを精算できずに困っている・・

といった方は、一度「一括査定見積もりサービス」で複数の買取専門店から見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom