中古車を購入するには、大きく分けると2通りの購入方法があります。

一つは中古車の購入代金を全額現金一括で支払う方法と、もう一つは購入資金を信販会社や金融機関から借り入れて購入する、自動車ローンを組んでの購入です。

あまり金額の高くない中古車であればローンを組まずに現金一括で購入する場合も多いですが、やはり百万円以上の金額になると、頭金をいくらか入れて残りはローンを組んで購入される方も多いです。

参考ページ:頭金なしでも中古車は買える?

上記のページの中でも触れていますが、自動車を購入する時にローンを組む場合は、融資をしてくれる信販会社や銀行等の金融機関の審査があります。

この審査には、申込者の信用情に基づいて行われ、融資の可否や融資額が決定されます。

条件にピッタリ合った中古車を確実ゲットする方法

中古車を購入するときはその選択肢が広いほど、希望条件にあった中古車に巡り合える確率は高くなりますね。
ただ市場に流通している中古車は玉石混合、その中から条件にピッタリ合ってかつ安心して乗れる一台を見つけるのは結構難しいものです。

・中古車を販売しているお店の素性もわからないし中古車の程度を見極める自信がない・・

そんなお悩みををお持ちなら、希望条件に合った中古車を探して提案してくれる「無料中古車探しサービス」がおすすめです。

1.中古車市場にはまだ出回っていない非公開車両の中から希望条件に合った中古車を探してくれます。

2.希望条件に合った中古車は豊富な経験とノウハウを持った中古車選びのプロが探してくれるので安心です!もちろん提案してくれる中古車の修復歴もプロの目によってチェック済み!

自動車ローン融資の審査は何を審査するのか

ローンの審査は、中古車購入に限らず、「この人にお金を貸しても大丈夫か?」「きちんと返してもらえるのか?」といった部分を審査します。

具体的にはローン契約を申し込む人の、

  • 年収
  • 年齢
  • 既婚か独身か
  • 居住形態(持家or賃貸)
  • 勤続年数
  • 他者からの借り入れ状況

といった内容で、何らかのローンを申し込んだ経験のある方なら判ると思いますが、これらは申込用紙に記入を求められる項目です。

これに加え、クレジットカードの利用代金等の未払いの有無などの信用情報を基に、融資可否の判断がされます。

継続的に支払える能力があるかが需要なポイント

どの項目が重要なのかは、実際に審査する側に立ったことは無いので判りませんが、私自身の過去の経験からは、安定した会社に長く務めているか=毎月安定した収入があって、融資したお金を契約期間内に確実に回収できるか?といったところが重要視されているのではないか?と思います。

なので、若いころのまだ勤めて間もない、勤続年数が3年未満くらいの時は審査の緩いと言われるディーラー系のローンも通りませんでしたが、10年以上勤めてある程度の年収と持ち家などの資産が出来ると、銀行系のマイカーローンでも通った事もあります。

お金を借りる方法はいろいろあれど、最後は自己判断と責任で

中古車や新車を購入する為にローンを組む、いわゆるお金を借り方法はいろいろありますが、どの方法にもメリットデメリットがあります。

極端な話、消費者金融のキャッシングで自動車購入資金を借り入れる事も可能ですし、それが悪いという事はありません。

そういった形で購入資金を調達しても、金利を含めてきちんと返済出来ればそれは問題ないといえます。

後は借りる本人が金利を含めどう判断するか?という事だと思います。

roan

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom

Related Articles: