車の買取査定には現在さまざまなサービスがあり、特に一括査定と呼ばれる複数の車買取査定会社に一斉に見積もりを依頼し、競合させて最高値を引き出すサービスはWEBメディアを運営する大手各社はほとんどが参入しています。

一括査定以外の車査定サービスではCMでおなじみのビッグモーターや大手中古車販売企業のガリバーなどが展開する1社による買取査定サービスのほか、最近はWEBメディア事業最大手であるDMM.COMが展開する、スマホで愛車の写真を撮影するだけで愛車の査定から売却までが行えるサービスも話題となっています。

車を売るときは下取り査定よりも買取査定の方が高く売れるというのは今や一般常識といわれるほどですが、実際にどの買取査定で売るのがベストなのか?それぞれの車買取サービスの特徴とメリット・デメリットなどをもとに、愛車を売るベストな方法を徹底解説します。

【この記事でわかること】
・数ある車査定サービスの内容は何が違うのか?メリット・デメリットは?
・車査定のランキングは何を根拠に決めているのか?
・一括査定経由で査定見積もりがかかる買い取り業者はどれがいいか?
・結局どの車買取査定サービスがベストチョイスなのか?

 

数ある車査定サービスの内容は何が違うのか?

実際にそれぞれの車の買い取り査定サービスの内容を比較してみました。

サービス名 運営会社 提携業者数 一括査定最大数 電話番号入力 メール連絡希望指定可否 売却までの手間 備考
一括査定系 かんたん車査定ガイド エイチームライフスタイル 49社 10社 必須 ×指定できない <メリット>
概略査定額がその場でわかる
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
カーセンサー リクルート 1,000社以上 5~20社※ 必須 ×指定できない <メリット>
概略査定額がその場でわかる
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
※地域によって変動する
カービュー愛車買取 カービュー 200社以上 8社 必須 ×指定できない 400万人以上が利用。みんカラ運営会社の提供するサービス
<メリット>
概略査定額がその場でわかる
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
査定比較.com ウェブクルーエージェンシー 231社 10社 必須 ×指定できない <メリット>
概略査定額がその場でわかる
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
楽天 無料愛車一括査定 楽天 100社以上 10社 必須 ×指定できない <メリット>
楽天ポイントが還元される
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
車選び.comの一括査定 ファブリカコミュニケーションズ 100社以上 8社 必須 ×指定できない <メリット>
概略査定額がその場でわかる
<デメリット>
査定業者から電話が一斉ににかかってくる
1社買取査定系 グー買取 プロトコーポレーション 1社 不要 〇メール連絡のみ <メリット>
営業電話なしで買取相場がわかる。半年後の相場も表示
<デメリット>
売る場合は改めてこちらから連絡が必要
DMM AUTO DMM.com 1社 必須 ×指定できない <メリット>
スマホアプリ経由で車を撮影して送れば査定可能。
アプリで提示された金額で確定するがアップ交渉も可能。
現車確認での減額なし※
<デメリット>
車の外観写真を撮影するので基本は昼間の対応になる
車検証の情報を送る必要あり
※申告内容に虚偽がない場合に限る
オークション形式買取 車の買い取り査定サービス UcarPAC株式会社 最大5000社 必須 ×指定できない <メリット>
電話営業がない電話はユーカーパックコールセンターからの確認連絡のみ。査定は1回のみでOK
人気車種は相場よりも高値で売れる
<デメリット>
売却に若干時間がかかる

現在WEB媒体で展開されている車買取査定のサービスは3種類

このように今現在、WEB媒体で車買取査定のサービスを展開しているのは大きく分けて「一括査定見積もり系」「1社買取査定系」「オークション形式買取」の3種類に分かれます。

一括査定見積もりサービスを提供しているメディアが最も多いですが、一括査定見積もりの場合、見積もり依頼できるのは8社~10社となっています。

ただし基本的にどのサービスも入力した郵便番号をもとにその地域で対応可能な買い取り業者を自動抽出しますので、地域によっては3社くらいへの一括査定見積もりになる場合もあります。

見積もり依頼先が少ないと一括査定見積もりの狙いである「査定額を比較・競合させて最高値を引き出す」という効果が期待できなくなってしまう可能性もあります。

「1社買取査定」も査定額アップ交渉次第で高値買取が期待できる

「1社買取査定系」は一括査定とは異なり1社のみに査定を依頼するタイプで一括査定のような競合見積もりによる最高値選択にはならないので、自分で相場を把握したうえで査定額アップの交渉を行う必要があるといえます。

ただ上記のように地域によっては一括査定でも見積もり対応業者が少ない場合は、中途半端な数の買い取り業者を相手にするよりも、最初から1社買取査定系のサービスで1社とじっくりと交渉したほうが手間もかからず結果的に思わぬ高値での売却が可能になるケースも多いです。

実際に私も1社買取査定系のサービスでスマホアプリ経由で査定が完結できるDMM AUTOを利用して車を売却しましたが、査定結果をもとにDMM AUTOの担当者と査定額アップの交渉をすることで、一括査定の最高値と同じ金額で売却することができました。

その内容はこちらでも紹介していますので参考にしてみてください。

DMMAUTOの評判と査定額は交渉でアップ可能!実際に使ってみてわかったこと

人気の車種なら「オークション形式買取」がおすすめ

「オークション形式買取」は、中古車業者間で行われるオークションと基本は同じで、その仕組みに個人も自分の車を出品できるようにしたサービスです。

一括査定や1社査定は古くから車買取査定サービスとして存在していましたが、オークション形式買取は比較的まだ新しいサービスではあるものの、安定した高値落札と売却までの手間の少なさや交渉事が不要なところが多くのユーザーに受け入れられ、急成長中の買取査定サービスです。

上記の比較でも紹介の通りオークション参加業者は実に5,000社に上るため人気車種はどんどん高値入札がされ、相場以上の査定額で落札・買取されることが期待できます。

現在国内でこのオークション形式買取サービスを展開しているのが、ローラのCMでおなじみのユーカーパックでその内容についてはこちらの記事でも紹介しています。

「Ucar査定」の内容・評判、一括査定見積もりとの違いは?

車査定のランキングは何を根拠に決めているのか?

このようにそれぞれのサービス内容にはメリット・デメリットがあり、基本的には自分の都合に合わせてどのサービスを利用するかを決めれば問題ないといえますが、一方でネット上では上記の車査定見積もりサービスをランキング形式で紹介したサイトも数多く見かけます。

そもそもこの車買取査定サービスのランキングは、明確な根拠なしに決められているのが実態です。

特に一括査定見積もり系サービスをランキング形式で紹介したサイトが多く見受けられますが、上記で紹介した一括査定見積もりサービスは一括査定申し込みの入力フォームの内容はほぼ同じで、どのサービス経由で査定見積を依頼しても業者はほぼ同じです。

要するにどのサービス経由で一括査定を申し込んでも同じ結果しか返ってこない仕組みでありながら、何を根拠にランキング付けしているのか全く不明です。

一括査定見積もりサービスはあくまでも仲介業者であり、車を売りたいユーザーに提供される価値はどのサービスも同じということです。

なので根拠のない一括査定サービスのランキングに惑わされることなく、自分のニーズに合った車売却の手段を選ぶことが納得のいく車売却の第一歩だといえます。

一括査定経由で査定見積もりがかかる買い取り業者はどれがいいか?

一括査定では複数の買い取り査定業者に一斉に査定依頼がかかり、各社が我先にと一括査定を申し込んだユーザーに電話をかけてきます。

その後各社の査定員が実際に現車を確認しに来て査定額を提示しますが、どの業者も大体がその場で口頭での金額提示です。

また口頭での提示金額をベースに、今日決めてくれればあと○○万円査定額アップできます!といった営業をかけてきます。

本来見積もりは書面で提示されその金額の有効期限も明記されてこそ有効であると思うのですが、現状の車買取査定の現場では口頭での金額提示が慣例となっているようです。

私が一括査定で愛車を売却した時もほとんどの業者が口頭での金額提示でしたが、唯一きちんと査定金額を書面で提示してくれたのがオートバックスです。

オートバックスは査定金額を写しとしてお客さんに書面で提示し、その見積金額の有効期限も明示しています。

査定額も相場以上を最初から提示してくれ、その後の交渉による金額変更もすべて記録に残して双方で共有する姿勢は非常に信頼できる印象を受けました。

そういったことから、一括査定で見積もり依頼をかけるならオートバックスが入っているか?というのはチェックしておきたいところです。

【まとめ】結局どの車買取査定サービスがベストチョイスなのか?

現在利用できる車買取査定サービスについて紹介しましたが、まとめとして結局どのサービスがベストチョイスなのか?ということですが、個人的には買い替え時期が迫っていて時間的な余裕がない中で、1円でも高く愛車を手放したいという思いが強く複数社の査定見積もりを競合させて最高値で売るというのがベストと判断しました。

その結果は記事最後で紹介していますので参考にしてみてください。

一方で時間的な余裕があって比較的人気の車種の売却を考えているのであれば、オークション形式の買取査定を利用するのもよいかと思います。

オークション形式での買取査定でおすすめの「ユーカーパック」の詳細はこちら

愛車を1円でも高く売るために

  • 中古車探しサービスで優良中古車が見つかったら
  • 新車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

申し込みはわずか1分、複数の査定金額が一度に判るので、最高値での売却チャンスを逃しません。

私も中古車サービスで提案してもらった車を購入する時、今の車を下取ではなく一括査定見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で18万で買取ってもらえました。

image2993

私が利用したのは「査定比較.com」という一括査定見積もりサービスです。

button_sateicom