「トヨタ」の記事一覧

トヨタ86の中古車価格相場と下取相場

トヨタ86は国産車では数少なくなってきた、2ドアクーペのスポーツカーですね。

目次

スバルとの共同開発で生まれたFRスポーツ

トヨタ86は、スバルとの共同開発で生まれたスポーツカーで、スバルからはBRZという社名で販売されています。

開発においては、トヨタとスバルのスポーツカー思想の違いもあり、紆余曲折あったそうですが、無事市場に投入され人気の車種となりました。

スバルとトヨタの販売力の差もあってか、市場ではスバルBRZを見かける事は非常に少ないのに対し、トヨタ86は良く見かける人気車種となっています。

実際にトヨタ86のとBRZの中古車価格を比べると、同じ年式・走行距離等の程度でみてもトヨタ86の方が若干高めとなっており、購入するならリセールバリューの観点からは、BRZよりもトヨタ86を選択した方が良いと言えます。

トヨタ86の中古車相場と下取相場は?

トヨタ86の中古車価格相場はどれくらいかというと、年式や程度によって範囲はありますが、129万円~1000万円となっており、平均すると230万円位が中古車相場価格のようです。

実際にカーセンサーネットで調べてみた、その一部を紹介します。

86cars

ちなみに1000万円というのは、純正のトヨタ86をベースに、ターボチャージャー搭載やその他のチューンを施した車で、かなりマニアックなというか特殊な車両です。

ボディカラーは、青やオレンジ、赤など多彩なラインアップがありますが、白が圧倒的に人気となっています。

一方の、トヨタ86の下取価格相場ですが、こちらも年式や走行距離などの程度によって様々にはなりますが、大体の下取相場価格としては、120万円~170万円位の間が多いです。

トヨタ86の中古車購入時の注意点

トヨタ86にはスバル製の水平対向エンジンが搭載されていますが、このスバルの水平対向エンジンは、トヨタ86(BRZ)に限らず、アイドリング不調が起きやすいのが有名で、中古車の購入時には実際にエンジンを始動して、アイドル不調が起きていないかチェックしましょう。

また足回り関係も初期不具合が多いようで、年式の新しいトヨタ86の中古車ならきちんと対策がフィードバックされていますが、初期モデルはダンパーのオイル漏れによる抜け不具合も起きているようなので、リフトアップして足回りのチェックもしておきたいところです。

なお、トヨタ86は、そのコンセプトはレビン/トレノと呼ばれたAE86のFRスポーツ性を継承して誕生したスポーツカーですが、AE86よりも車体が大きくなり、持て余すほどのパワーを与えられたトヨタ86は、かつてのAE86のようにコンパクトな車体と程良いパワーをブン回して、峠を攻めて楽しむ車では無くなりました。

ただやはりコーナーを攻めてスポーツカー故に事故歴も多い車なので、購入時には修復歴の有無を確認するとともに、車両の性質上、価格が安くても修復歴ありの中古車は避けておいた方が無難でしょう。

Toyota_FT-86_w

画像出典:https://ja.wikipedia.org/

トヨタ86の中古車選びで失敗しないために

数少ないFRのピュアスポーツとして登場したトヨタ86は、スポーツカーでありながら高い実用性も兼ね備え、幅広い年齢層に支持されている人気車種です。

一方で、マニアック性の強い車でもあり、一旦手に入れたら愛情を注ぎ込んで長く乗り続けるユーザーが多く、中古車市場に出回ってくる量、いわゆるタマ数が少ない車種です。

トヨタ86の中古車を探しているけど、なかなか条件に合った車が見つからない・・

そんな時は、ネットの「無料中古車探しサービス」で探してもらうという方法があります。

「無料中古車探しサービス」は、中古車選びのプロが、全国60万台以上の、まだ市場に出回っていない”非公開車両”の中から条件に合った中古車を探して提案してくれますので、トヨタ86のようなタマ数の少ない中古車を探すのにもってこいのサービスだといえます。

条件に合った中古車を探して提案してくれるのは、中古車買取・販売大手の「ガリバー」なので安心です。
botan

安定した人気車種だから売却時も高値が期待できる

FRピュアスポーツで高い人気を誇るトヨタ86は、買い替え等で売却する際も下取ではなく、買取り査定の方が高値で売れます。

下取だと定型的な査定マニュアルに基づいた値段しか出てきませんので、市場の評価は関係なく横並びの査定額になってしまいます。

中古車市場でも人気の車種なのに、そういった評価が反映されないまま下取で処分してしまうのはもったいないですよね。

もしトヨタ86の売却を検討しているなら、是非買取り査定見積もりをかけてみることをおすすめします。

アルファード/ヴェルファイアは20万キロ以上走った中古車でも買いか?

トヨタアルファード/ヴェルファイアは現在3代目のモデルとなり、新車はもちろん中古車市場においても絶大な人気を誇るLサイズミニバンです。

ちなみにネットの中古車検索サービス大手である、カーセンサーネットでアルファードとその兄弟車種であるヴェルファイアの中古車流通量を調べてみると、両モデル合わせると約8,000台の中古車が流通しています。

同じく国産ミニバンでLサイズとなる日産エルグランドの中古車流通量は約1,900台なので、中古車市場での圧倒的なタマ数の多さがわかりますね。

そんな中古車市場に数多く流通しているトヨタアルファード/ヴェルファイアは、走行距離が20万キロを超える中古車も市場にはたくさん流通しており、手頃な価格でLサイズ高級ミニバンに乗れるという点からは狙い目の中古車だといえます。

その一方で、20万キロといった過走行の中古車となるといろいろなトラブルも起きやすくなるので、安易に価格の安さだけで飛びつくのはやはり危険です。

ここでは実際に人気のミニバンのアルファード/ヴェルファイアの中古車を購入する際にチェックすべきポイントや注意点などを紹介していきますので、アルファード/ヴェルファイアの中古車選びの参考にしていただければ幸いです。

アルファード/ヴェルファイアの中古車価格相場

実際にアルファードやヴェルファイアで20万キロ相当走った中古車はいくらくらいで買えるのか?走行距離ごとの中古車価格相場をカーセンサーに登録されている車両で調べてみました。

車種走行距離(km)価格帯(万円)年式
アルファード20万~35~2482004~2012
19万~35~1852002~2013
18万~28~1652004~2013
17万~55~1202003~2013
ヴェルファイア30万~902008
20万~109~1702008~2012
19万~113~1402009~2010
18万~98~1182009~2010
17万~80~2232009~2012

グレードや年式によって中古車価格の幅があるので、走行距離で一概にいくらくらいというのは言いづらいところもありますが、20万キロ程度走行したアルファードやヴェルファイアだと支払総額100万円台で購入可能ですね。

一般的に車は20万キロ以上走ったらどんなトラブルが起きるのか

自動車の耐久寿命は、15年24万キロを目標に開発されています。これはどの自動車メーカーでもほぼ同じ基準で、トヨタアルファードの場合も同等の耐久寿命で設計・生産されているといえます。

勿論これは信頼性という観点での話であり、自動車の快適性をはじめとする商品性の部分では全く別の基準で考えなければなりません。

20万キロ近い走行距離となると、よほど年間の走行距離が多いユーザーでない限り年式的には10年相当落ちの車両になると思いますので、4回から5回目の車検を受けている状態です。

したがって一般的な消耗品はその都度交換されている、またリコール要件などのトラブルは対応済みであると思いますが、消耗品以外の基本構造部分については過走行による劣化やダメージが蓄積されている状態だといえます。

要するに20万キロも走行すれば、走る止まる曲がるといった車としての基本機能は損なわれていなくても、あちこちにガタがきて異音や振動、各部の経年劣化含めた痛みが目立つようになります。

走行距離の多いアルファード/ヴェルファイアの中古車の注意点

実際に20万キロ近くまで走行したトヨタアルファードやヴェルファイアの中古車を購入するとしたら、どのようなところをチェックするべきか?という事ですが、以下のポイントが注意点として挙げられます。

エンジンの状態

エンジン排気量も大きくATモデルのみのミニバンというジャンルであることより、常にエンジンを高回転まで回しながら使われている車ではないので、基本的に20万キロを超える走行距離でもエンジン自体のダメージは少ないモデルだといえます。

ただ問題は20万キロを超える走行距離に至るまできちんとメンテナンスが行われていたか?ということですが、これを確認するのはエンジンの吹き上がりやアイドルの安定性、アイドル時の異音確認が基本になります。

まだ買い手がつかずに店頭に並んでいる状態の中古車は、油脂類を交換前していない車両がほとんどなので現車確認を行うことができるのであれば、オイルレベルゲージでエンジンオイルの状態を確認するようにしましょう。

オイルレベルゲージを確認してみて以上にオイル量が少なかったり真っ黒だったりする場合は、ろくにエンジンオイルのメンテナンスがされていなかった車両の可能性大です。

足回りやシャシー、エンジンを支えているマウント系統のへたりや破損

アルファードは車両重量が2トンを超えるLサイズミニバンであり、更にミニバンとして複数人の乗車頻度が高く、足回りやシャシーといった個所はそれらの状況で常に車全体を支え続けなければなりません。

車両重量が重ければ重いほど、その重量を支える部分には負担が掛かり、へたりや破損も発生し易くなります。

スライドドアの作動状態

アルファード/ヴェルファイアもオートスライドドアが採用されていますが、ミニバンのスライドドアは家族が乗り降りする等で開閉頻度がすごく高くトラブルが最も多い箇所の一つです。

なのでオートスライドドアの開閉状態は必ずチェックするようにしましょう。

開閉速度が極端に遅いとか途中で引っかかるような挙動を示す場合は、開閉制御のモーター関係が壊れかかっている可能性があります。

またスライドドアは閉まる時に最後の引き込みを行うイージークロージャーという機構が採用されていますが、イージークロージャーが引き込む時の音が大きい、半ドア状態が発生するといった場合はこの機構自体が壊れている可能性大です。

オートスライドドアの開閉モーターやイージークロージャーが壊れるとユニットASSYでの交換となり5万~10万円くらいの修理費用が発生します。

ハイブリッドモデルの場合はバッテリーの劣化も懸念

トヨタアルファードには初代からハイブリッドモデルの設定がありますが、ハイブリッドモデルの場合、過走行車においてはハイブリッド用のバッテリーの劣化を考える必要があります。

ハイブリッド用のバッテリーが劣化すると、電気のみでの走行やモーターアシストの頻度がかなり低下しますので、結果としてエンジンの稼働頻度が上がり燃費悪化や加速時の力不足につながります。

トヨタのハイブリッド車のバッテリーの保証は10年と言われており、20万キロ近い走行距離を走った車ではほとんどが10年の保証期間を経過してしまっていると思いますので、交換時には自費での対応が必要となります。

結局20万キロ以上走ったアルファード/ヴェルファイアの中古車は買う価値ありか?

上記に述べたように、アルファード/ヴェルファイアの過走行車を購入する上で注意すべきポイントは多々ありますが、そういったところが問題ないことが確認できれば、人気のLサイズミニバンのアルファードやヴェルファイアを安く手に入れることが出来るという面では買う価値ありだといえます。

そもそも現在の日本車は20万キロどころか100万キロでも問題なく走ることができる品質で作られていますので、走行距離が多くてもしっかりとメンテナンスされていて、購入後もメンテナンスをきちんと行うことができれば大丈夫だといえます。

アルファード/ヴェルファイアの中古車を買うなら
市場に出ていない優良中古車を探すのがポイント!

【結論】
きちんとメンテナンスされてきたアルファード/ヴェルファイアなら、20万キロ以上走っていても全然問題ありません。

でもきちんとメンテナンスされた、程度の良いアルファードやヴェルファイアの中古車を自分で見つけるのは結構大変だといえます。

なので、信頼できる中古車選びのプロに、条件に合った高品質な中古車を提案してもらえたらすごく助かりますね。

実は、市場に出回っていない高品質なアルファード/ヴェルファイアの中古車を優先的に完全無料で紹介してくれるサービスがあります。

それがこちら→なびくる+ です。

なびくる+なら、

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ