水没車のトラブル事例とその危険性

日本にとどまらず、世界各地で記録的な豪雨が増えている事に伴い、河川の氾濫などによる水害の頻度も非常に増えています。

水害では、床下や床上といった家屋の浸水に加え、自動車の冠水も多く発生しています。

水没車のトラブル事例とその危険性

水没車のトラブル事例とその危険性

冠水した自動車は「水没車」となり、基本的には車としての機能が失われ、廃車となります。

その一方で、水没車であることを隠して中古車市場に流す悪質な中古車販売業者が存在するのも事実ですし、実際に中古車市場ではそういった車が少なからず流通しているのが現状です。

https://diz-tokyo.com/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E8%BB%8A%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E6%99%82%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/%E6%B0%B4%E6%B2%A1%E8%BB%8A%E3%81%AF%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%8C%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/

確かに水没車でも、エンジンが掛かって電装系が作動すれば、走行する事は可能なので、その時点では車としての機能が維持されており、中古車として販売する事も可能でしょう。

しかしながら、水没車の最も恐ろしいところは、「いつ何時水没した影響が出るか判らない」という事です。

この時限爆弾とも言える水没車のトラブル事例と、その危険性について、実際に発生した事例を基に紹介します。

水没車の故障形態

車が水没すると、エンジンルームや車室内にだんだんと水が侵入してきます。

エンジンルームや車室内で、最も地上高の低い個所に搭載されている電装部品は、エンジンルーム内ではスターターモータ、車室内では車種によっても異なりますが、一般的には助手席の足元に搭載されている、エアバックの作動用コンピューターなどがあります。

水没車の故障形態

水没車の故障形態

またそれらの電装部品に電気を供給している、ハーネスと呼ばれる電線の束もあります。

車が水没した場合は、これらの低い位置にある電装品がダメージを受けるとともに、電線の束であるハーネスの、束ねられた電線同士の隙間が毛細管現象となって、水を吸い上げ他の電装部品まで水が伝わり侵食されるといった事が起こります。

これが、水没車で最も一般的に起こる故障形態です。

水没車のトラブル事例 スターターモーターが突然回らなくなった

ゲリラ豪雨の影響で、家の前を走る側溝が詰まり、雨水が溢れ道路が冠水。駐車場に止めてあった自宅の車も、車室内までの浸水は免れましたが、エンジンルームの下側が水没した状態になりました。

水が引いてから、車の状況を確認すべくエンジンを始動したところ、何事もなく始動する事が出来、またブレーキ系統にも特に異常は見当たらなかったため、そのまま普段の足として使用していました。

いつも通り、スーパーで買い物を済ませ、車に乗り込んでエンジンキーを回すも、スターターモーターはうんともすんとも言わない状態でした。

最初はバッテリー上がりか?と考えましたが、ヘッドライト他の電装部品は正常に機能しており、とにかくキーをひねってもスターターが回らない状況で、スターター自体が故障している事が判りました。

幸いMT車だったので、買い物客の方々にお願いし、押し掛けでエンジンを始動し、ディーラーに持ち込んだところ、スターターの回路の一部が浸水で腐食しており、ショートした状態となりスターターへの電力供給が出来なくなっていました。

水没した直後はまだ腐食が進展しておらず、正常にスターターモーターも機能していましたが、時間がたつにつれて腐食が進み、故障に至ったようです。

水没車のトラブル事例 スターターモーターが突然回らなくなった

水没車のトラブル事例 スターターモーターが突然回らなくなった

水没車の最大の危険性は「突然に致命的な故障が発生する」ということ

このように、水没車はその影響がじわじわと車全体に出始めて、時間がたってから突然に致命的な故障が現れます。

スターターの故障の場合は、駐車場に停車した状態でのトラブルだったので、危険性は低かったのですが、仮に走行中に突然エンジンがストップするなどの故障が発生すると、非常に危険な状況になります。

ハーネスを伝って車の細部まで浸透した水を完全に除去するのは不可能ですし、どこでどのような症状が現れるかも、まったく予測する事が出来ません。

そういった意味からも、水没車は修理して継続使用することを考えるより、廃車処分にした方が良いです。

水没車を廃車にするなら廃車専門業者に

実際に、水没車を廃車にする場合、どのような手続きをすればいいのか?

業界の人間でない限りは、大半の方がそのような疑問を持つのではないかと思います。

自分で廃車手続きをするとなると、費用もかかりそうだし手続も煩わしい、なのでディーラーや近所の中古車販売店にお願いして、処分してもらう方も多いようです。

ディーラーや中古車販売店の中には、引き取り処分を断られるところもありますし、廃車処理費用を請求される場合もあります。

「大雨で愛車が水没してしまい、廃車にしたい」

そんな時は、ディーラーや中古車販売店ではなく、「廃車専門の買取業者」に依頼することをおすすめします。

「廃車専門の買取業者」なら、大半が引き取り費用無料で、さらに廃車であっても買取価格が付き、車種によってはかなりの高値で買取ってくれる事も。

ちなみに、水没車でも高値買取可能なのは、再利用可能な部品を回収したり、程度が良ければ修理をして新興国などの海外市場に流通させ利益を上げる事が出来るからです。