「車 買取査定 傷」タグの記事一覧

車を買取査定に出す時に傷ありだと減額になる?

車を売ろうと思った時、気になるのはその車の状態で買取価格がどうなるのか?といったところですね。

特に外観の状態は、見たらすぐわかる傷などがあればその分マイナス査定となりますし、事故歴や修復歴があればそれも減額の対象となります。

外観の傷には程度はありますので、その内容をによっては必ずしも傷があるからといって査定時にマイナスになったり買取金額が減額になるとは限りません。

仮に減額になってもその金額は小さい場合が多く、下手に修理するよりはそのまま買取査定や下取に出した方が得策な場合が多いです。

ca88dcb223d82f29e7e34639d66e808d_s

傷のある車は修理してから買取査定や下取に出す方がいいのか

実際車を売る時に傷やへこみがあると査定金額が減額になるからと思い、わざわざ修理する方もおられるようですが、修理したからと言って買取査定金額がアップする事はありません。

何故なら傷やへこみが無いのが標準の状態だからです。

傷やへこみを直しても、標準査定の状態になるだけで、査定金額がアップする事には繋がらないということですね。

そうなると傷やへこみを直してもその修理費用は回収できないという事になりますので、そのままの状態で買取査定や下取に出した方が良いといえます。

公道を走る限りは大なり小なり傷は付く

7b8aed0bd69fe2c3a79f6ae582170d30_s
車を購入する目的はその車を運転して公道を走ることによってライフスタイルに変化をもたらす事であり、飾り物として車を購入するのではないと思います。(一部のお金持ちの方を除いて)

公道を走れば前方車の跳ねた小石があたったり、虫の死骸によって塗装に染みが出来たりと車にはいろんな傷や痛みが起きます。

中古車として市場に並んで販売されている車はそのほとんどがこういった環境で使用されてきた車なので、大なり小なりの傷は有るのが普通です。

ちょっとした小傷などは中古車なのだから当たり前であって、それによって買取査定額が大幅に減額されるようなことはありません。

むしろ小さな傷から発生した錆などの状態の方がマイナス査定としての影響は大きいです。

なので、ボディの塗装面に傷が付いてしまったら、そこから錆が進行しないような処理をきちんと行っておくのが重要だといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ