「中古車 10万キロ」タグの記事一覧

走行距離が10万キロを超えた中古車に発生したトラブル事例と修理費用

中古車で走行距離が10万キロを超えた車を購入する際に注意すべきポイントは、こちらの記事でも紹介していますが、実際に私が今まで購入し走行距離が10万キロを越えるもしくはそれ相当まで乗った車に、実際に起きたトラブル事例とかかった修理費用を紹介します。

マツダMPV(2代目モデル LW)新車購入 総走行距離 165000km

IGコイル故障によるエンジン失火~気筒停止 発生時走行距離 98700km

新車購入後の2度目の車検時で厳密には走行距離10万キロ直前の時となります。

所有していたマツダMPVは、フォード製の2.5L V6エンジン搭載モデルでしたが、アクセルを踏み込んでの緩加速時に、一瞬息継ぎをするような症状が見られるようになりました。

そのままの状態でしばらく乗っていましたが、だんだんとパワーがでなくエンジン振動も大きくなり、この時点でV型6気筒エンジンの内、半分の3気筒が死んだ状態となっており、まともに走行ができるような状況ではなくなりました。

自走できない状態ではありませんでしたが、幹線道路を3気筒の状態で走行するのは車速的にも危険である事と、残りの3気筒もいつ停止するかわからない状況であったため、路肩に停止しディーラーのキャリーを待つ事に。

ディーラーでの確認の結果、IGコイルと呼ばれる、エンジンの各気筒にタイミングよくスパークプラグで点火させるための、高圧コイルが完全に故障している状態でした。

もともと8万キロまでが寿命ともいわれていたマツダMPVのIGコイルですが、それよりも若干長い距離でのトラブル発生となり、修理費用はIGコイル交換で約3万円ほど掛かりました。

ラジエタータンクのひび割れによる水漏れ 発生時走行距離 125000km

MPVのラジエターも例に漏れずラジエターコアの両サイドのタンクは樹脂製タンクが採用されており、この樹脂タンクが劣化により微細なひび割れを起こし、そこから少しづづ冷却水漏れが発生していました。

幸いオーバーヒートする前の、ディーラーでオイル交換後の点検時にサブタンク内が空になっている事に気づき、冷却系のチェックをしたところラジエターの破損が見つかりました。

修理はラジエター本体の交換が必要でしたが、ディーラー経由で新品に交換すると約10万円かかるとの事から、純正のリビルド品への交換で対応しました。

純正リビルド品への交換は7万円くらいだったので、結果的には3万円ほどの修理費用の節約になりましたが、その一方で純正品以外の社外品のラジエターだと新品でも2万円くらいで手に入れられるのも事実です。

ただ、ディーラーでの修理対応となると、原則純正パーツ以外での対応はしてくれないため、こういった社外品で対応したい場合は、正規ディーラー以外の中古車販売店や修理工場に頼むか、自分で交換するしかなさそうです。

ISCバルブの作動不良 発生時走行距離 143000km

ISCバルブとはIdle Speed Control Valveの略称で、呼んで字の如くエンジンのアイドリング回転の制御を行うための、バイパスエアーを供給するためのバルブです。

ISCバルブが作動不良を起こす事によって、アイドリング回転が不安定になる、アイドルアップ制御がコントロールできなくなるため、エアコンON時のエンジン負荷が上がったときにエンジンがストール、いわゆるエンストを起こします。

また、異音として船の汽笛のようなポーという音がエンジンのルームで頻繁に発生するようになります。

私の場合、アイドル回転の不調とエンスト頻度が高くなったため、スロットルボディ周りを分解し、バイパスエアー通路を確認したところ、カーボンで完全にエアー通路が閉塞している状態でした。

この状態でISCバルブが作動する事により、バルブ本体の故障に至ったようです。修理はバルブ本体の交換で、費用は2万円ほどかかりました。

関連記事:マツダMPVの中古車相場と購入時に注意したいポイント

マツダMPV(3代目モデル LY3P) 中古車購入 総走行距離 103000km~

オートスライドドアの故障(右側) 発生時走行距離 102000km

両側電動スライドドアを採用しているMPVですが、右側のオートスライドドアの挙動がおかしくなり、最後には電動で開閉する事が困難な状況となりました。

マツダディーラーで故障診断の結果、オートスライドドアのモーターユニットが故障しているとのことで交換となりました。

このMPVのオートスライドドアのモーターユニットは、単品ではなくユニットASSYでの交換となるため、本当はモーターのみ交換すれば済むのにその他の正常に作動する部品も強制的に交換となり、結果的に修理費用は工賃込みで6万円という金額になりました。

当時のマツダはまだフォードの資本が入っている状況であり、部品調達にはそのあたりの事情も考慮されていたのだと思いますが、結局それはユーザーの負担よりも企業利益を優先するということであり、自動車を購入するユーザーにとっては何のメリットもない事です。

このあたりはマツダに限らずどの自動車メーカーもユーザー目線でのサービスパーツの設定を心掛けてもらいたいものです。

イージークローザーの故障 発生時走行距離 113200km

同じくスライドドア関連の故障として、スライドドアのイージークローザーの故障が発生しました。

イージークローザーとは、ミニバンのスライドドアの半ドア防止機能で、スライドドアを閉めた時に最後の引き込みを自動で行うものです。

庫のイージークローザーが故障すると、ドアの引き込みが出来ず最後までスライドドアが閉まり切った状態にならないため、半ドアと認識されます。

MPVをはじめ多くのミニバンは、スライドドアが半ドアの状態で走行しようとすると警告音が鳴りますので、実際その状態走行するのはうるさくて困難です。

また半ドアの状態での走行は、走行中や発進時に突然スライドドアが開いてしまう事もあり非常に危険です。

なので、イージークローザーの故障を修理しましたが、修理費用は工賃込みで約45000円程かかりました。

なお、修理したのは車両左側のスライドドアのイージークローザーですが、故障したのは両側同時という状況でした。

両側を修理する事も考えたのですが、修理費用と使用頻度から、車両左側のみの修理としました。

スライドドアタイプのミニバンの中古車を購入する際には、イージークローザーの状態はしっかりとチェックしておいた方が良いです。

ドアを閉めて最後の引き込みの際にもたつく感じがあったり作動音が起きい場合は、イージークローザーが故障する寸前の状態になっている可能性があります。

関連記事:カーセンサー経由で県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

マツダアクセラ(2代目モデル BL系)中古車購入 総走行距離 108000km

ドアミラーの開閉機構の故障 発生時走行距離 101000km

電動でのドアミラー開閉機構でしたが、運転席側のドアミラーが突然たためなくなりました。

開閉スイッチを入れると開閉するためのモーターは正常に作動していますが、ミラー自体は全く動かない状態で、明らかに開閉モーターと可動部のギアがかみ合っていない状態でした。

更に困ったことに、なぜか開閉スイッチをOFFにしても、モーターは作動しっぱなしの状態で止まらないといった症状が発生しました。

故障の原因は、可動部のギアの破損によるものでしたが、マツダ車は昔からこのトラブルが多く発生しており、私の2011年式のアクセラでも同様の不具合が発生しました。

ドアミラーの基本構造自体に問題があるのだと思いますが、まだ2代目アクセラは中古車市場でも多く流通していて、手ごろな価格で購入できる人気車種ですが、ドアミラーの開閉作動状態はしっかりとチェックした方がよさそうです。

ダイハツコペン(初代モデル L880K系)総走行距離 97000km~

電動オートトップの故障 発生時走行距離 97000km

購入当初は問題なく電動での開閉が作動していましたが、10万キロ手前で突如開閉が出来なくなりました。

症状としてはオープン時に三角窓と言われるクォーターウインドウが下がらないといった状態で、このウインドウが下がらないと開閉制御として次のステップに進むことが出来ず、結果としてルーフがオープンにできないといった状態になります。

ただ完全に開閉できないという状態ではなく、開くときもあれば開かない時もある、また開いても閉まらなくなる時があるが、しばらくすると正常に閉まるといった、非常に症状の再現性に乏しい故障です。

現在その故障原因を究明中ですが、いろいろ調べてみると電圧不足が原因ではないかと思われるので、オルタネーターとバッテリーの発電・充電系統を交換する予定です。

関連記事:ネットで中古車を購入した体験談 ダイハツコペン

中古車で10万キロ走行した車両は購入しても大丈夫?

中古車で10万キロという走行距離は、いわゆる「大台」と言われる走行距離であり10万キロの走行距離を境に中古車の査定価格は大きく下落します。

実際に日頃車に乗っていても10年と10万キロという走行距離はひとつの節目のようなイメージがあり、そのタイミングで中古車を乗り継いだり新車を購入したりするユーザーが多いですね。

中古車価格は大きく下がるものの、車の寿命から考えるとまだまだ十分乗り続けることが出来る10万キロ走行の中古車は市場の評価額と車の程度で言えばコストパフォーマンスに優れたお買い得の中古車ともいえます。

ただ実際に10万キロ走った中古車を購入するにあたっては、ほんとに故障しないのかとか日々のメンテナンス等、維持費が多くかかるんじゃないか?といった心配もありますね。

それらを含めて10万キロ走った中古車は本当に買っても大丈夫なのか?といった疑問にお答えします。

そもそも車の寿命は走行距離でどれくらいなのか?

自動車は有限寿命の耐久消費財なので、使用すればするほど劣化が進みます。

では自動車の寿命はどれくらいなのか?という事ですが、自動車メーカーでは自社が開発して販売した新型車の市場での寿命は、現在はどのメーカーも15年24万キロに設定しており、これが自動車メーカーの市場保証の基準となっています。

これは15年24万キロは故障しても自動車メーカーの補償で修理が出来るという事ではなく、車としての基本機能(安全や環境性能)がこの期間や走行距離まで損なわれない状態という事です。

しかしながら自動車メーカーの定める市場保証以上の走行距離でも全然普通に使われている車はたくさんあります。

身近な例を挙げるとタクシーですが、タクシーの平均走行距離は20万キロ、中には30万キロ以上走ってもまだ現役で活躍している車もありそういった実状から考えると、一概に何万キロ走ったからこの車は寿命といった走行距離での車の寿命判断というのは無いといえます。

ただ自動車メーカー基準の保証期間(寿命)を正にするならば、10万キロの中古車はだいたい半分を消化したといったところですね。

10万キロ走った中古車にはどんな故障が起きやすいのか

自動車は走行距離が増えればそれだけ色んな箇所が故障する頻度も高くなってきます。

実際に走行距離が10万キロを超える中古車にはどんな故障が起きやすいのか?という事ですが、車の使い方によっても異なりはしますが、大体どの車にも起きる一般的な故障がディスクブレーキのブレーキキャリパーの固着です。

ディスクブレーキはディスクローターを左右からブレーキパットで挟み込んでその摩擦力で車を制動させています。

そのブレーキパッドをディスクローターに押し付ける役目をするのがキャリパーで、油圧の力でピストンが摺動します。

長い距離を走行したり年数が経つとこのピストンがダストや錆で固着するようになります。

ブレーキの使われ方にもよりますが、キャリパーのピストン固着は走行距離が10万キロを超えるような車には多く発生しますのでブレーキを踏んだ時にジャダーが出るような事があれば修理工場でチェックした方が良いでしょう。

もう一つ10万キロを超える車によくある故障がラジエターの水漏れです。

最近の車のラジエターは樹脂製のラジエタータンクを備えていますが、この樹脂タンクが冬場の路面に撒かれる塩化カルシウムの影響を受けクラックが入ったり、ラジエター本体とのカシメ部の腐食等によりクーラントの漏れが発生しやすくなります。

小さな穴が発生しじわじわと漏れるケースが多く、気が付いたらクーラントが空になってオーバーヒートに至ったという例もありますので10万キロ以上走行した車の場合はラジエターのサブタンクのクーラント量を定期的にチェックする事をおすすめします。

10万キロ走った中古車の、車検時の交換部品について

10万キロ走行した中古車は先にも述べた通り、大体は10年経過した車が多いと思いますので車検でいえば新車で登録されてから4回目の車検のタイミングとなります。

10万キロ走った中古車の車検時の交換部品としては、まず足回りや操舵系の重要保安部品をカバーしているドライブシャフトブーツやロアアームのダストブーツといったゴム部品が挙げられます。

これらのゴム部品は10万キロといった走行距離や経過年数の間に劣化していきほぼ確実に破れますが、破れていると車検に通りませんので交換が必須となります。

参考ページ:7年目の車検費用の相場は軽自動車だといくらくらいか?

ブレーキパッドとブレーキフルードもも5年目の車検で交換していたのであれば交換の対象となるでしょう。

またブレーキディスクローターも場合によっては摩耗やゆがみがひどい場合は交換が必要となります。

他にはサスペンションのショックアブソーバーが抜けてしまっているケースもありますのでその場合はショックアブソーバーも交換部品となります。

また10万キロ走行した中古車ではヘッドライトの黄ばみや曇りが進んでいる場合が多く、あまり曇りが酷いと照度不足になり車検を通らない場合があります。

この場合はヘッドライトをポリッシャーで研磨するという方法もありますが、それでも十分な効果が得られない場合はヘッドランプユニットを交換する必要があります。

中古車は10万キロ走ったらタイミングベルトを交換しないといけないのか?

最近の車はそのほとんどがタイミングチェーンを採用していますので、昔のようにタイミングベルトの交換が話題になったり実際にそのトラブルで修理工場に入庫する車は少なくなっています。

ただ古い中古車のモデルではタイミングベルトのモデルもありますので、そういったモデルは10万キロがやはり交換の目安となります。

タイミングベルトは10万キロ走行したら必ず切れるというものではりませんが、厄介なのは突然切れて切れたらその時点で走行不能状態になるという事です。

なのでやはりタイミングベルト仕様の車で走行距離が10万キロを超える中古車に乗る場合は交換しておいた方が良いといえます。

10万キロ以上走行した車のメンテナンス

コスパが高くお買い得とも言える10万キロくらい走行した中古車ですが、最近の車は技術の進歩により耐久品質が向上しているとはいえ、やはり全くのノーメンテナンスではその品質を維持し続ける事は難しいでしょう。

したがって、車として必要最低限のメンテナンスはきちんと行う必要があります。

とにかくエンジンオイルの管理が重要!

10万キロ走行車に限らず、新車や低走行距離の中古車でも同じですが、自動車は基本的にエンジンによって走っています(EVの場合はモーターになります)

エンジンの内部では、高速でピストンが上下運動を繰り返しながら車を走らせるのに必要な動力を生み出しています。

高速で上下運動するピストンは、ピストンリングを介してシリンダーと擦れあっているので、摩耗や焼きつきを防ぐためには潤滑が必要で、その潤滑を担うのがエンジンオイルです。

このエンジンオイルによる潤滑がきちんと行われていないと、エンジン内部は摩耗してしまい本来持っているパワーを発揮できなるばかりか、最悪の場合は焼きついて始動不能になってしまいます。

こうなると本来は10万キロ以上の走行でも全然問題なく走る事の出来た中古車も、早々に車としての機能を満たせなくなってしまう、「寿命」が来てしまいます。

せっかく手に入れた車を、永くその品質を保ちながら乗り続けるためにすべき最低限のメンテナンスは、「エンジンオイルの定期的な交換」で、エンジンオイルをきちんと管理できていれば車の寿命はぐんと伸びます。

一方で、中古車を購入する際にエンジンオイルのメンテナンスがきちんと行われていたか?というのは点検記録簿があれば判りますが、無ければその素性は車の外観からは判断がつきません。

オイルメンテナンスがきちんと行われていたか確認する方法

オイルメンテナンスがきちんと行われていたか確認する方法は、エンジンのヘッドカバー上にある、オイルフィラーキャップと呼ばれる、エンジンオイル注入口のキャップの裏側をチェックすることで素性を知ることが出来ます。

オイルフィラーキャップの裏側を確認して、カーボンスラッジと呼ばれるタール状のものの付着が見られたら、その中古車物件はエンジンオイルのメンテナンスがほとんど行われておらず、その状態で10万キロ以上の走行距離ならトラブルの発生するリスクが大なので、避けておいた方が無難です。

あとはエンジンに空気を送り込む際に、異物が侵入しないようにするためのエアークリーナーの、フィルターがきちんと交換されているか、同じく車室内のエアコンのフィルターが交換されているか?というのも確認しておきたいポイントです。

エアコンのフィルターは、常に外気をろ過している状態なので、10万キロ走行すればほぼ目詰まりしたような状態となっています。

エアコンフィルターが目詰まりした状態だと、エアコンの効き自体も悪くなりますが、エアコン運転時の抵抗が増えますので、コンプレッサーの故障にもつながります。

中古車で10万キロ走った軽自動車は買っても大丈夫?

中古車選びは大きく分けるとまずは普通車を購入するのか軽自動車を購入するのかといった二つの選択肢に分かれると思います。

中古車購入の予算や家族構成や駐車スペースなどの車を買う前提条件、また車を所有してからのランニングコストなどから、普通車の中古車を買うか軽自動車の中古車を買うかの判断をすると思いますが、実際に軽自動車の中古車を購入する場合、走行距離が10万キロを超えた車両も選択肢としてありなのでしょうか。

10万キロ走行した軽自動車と普通車では車としての劣化状態が大きく異なる

保証すべき耐久性基準は同じで開発されていてもやはり、軽自動車と普通車では10万キロ走行した時点での品質の劣化状態は大きく異なります。

例えばエンジンやミッションのいわゆるパワートレイン系で言えば、同じ走行負荷頻度の道路を10万キロ走った場合軽自動車と普通車ではその劣化度合は変わってきます。

なぜならば軽自動車は排気量660㏄というエンジンに限定されており、その排気量のエンジンが1500㏄や2000㏄の排気量のエンジンを持つ普通車と同じ車速で走行しようとすると当然エンジンはそれだけたくさん仕事をしなければなりません。

実際に軽自動車と普通車それぞれを運転したことがある方ならわかると思いますが、例えば時速100km/hで巡行した時のエンジン回転数を比べると、ギア比によって若干異なりますが軽自動車の場合だと2000rpm以上、普通車だと1500㏄クラスで1500~1600rpmくらいで、その差は500rpm以上になります。

エンジン回転数が高いとそれだけエンジン自体の負担も大きくなることと、それに伴う車両全体の振動伝達も大きくなり各部の劣化も大きくなり、10万キロ走行までにそういった負荷が累積すれば当然ながら軽自動車の方が早く劣化する事となります。

要するに車としての仕事量が大きい軽自動車の方が10万キロ走行した時点での劣化状態は大きいという事です。

軽自動車は普通車よりも開発や製造に掛けることが出来るコストが少ない

軽自動車は普通車に比べ新車価格が安いというのも大きな魅力です。

もちろん軽自動車でも上級グレード+フルオプションだと新車総額で250万円近くになるモデルもありますが、廉価版のグレードでも必要十分な機能や装備を標準で備え、価格を抑えながらも普通車に見劣りしない質感やNVH性能を実現しています。

そんな価格的に大きな魅力を持つ軽自動車ですが、販売価格が低いという事は当然ながら製造原価を安く抑える必要があります。

製造原価を安く抑えるためには、機能や品質が保証基準に対して過剰にならないように必要最低限の仕様を選択し大量に生産する必要があります。

すなわち製造原価を抑えるという事は開発や生産にコストを掛けることが出来ないという事であり、車の基本機能を損なう以外の仕様にかけるコストは可能な限り抑えたいというのが実状です。

例えば内装などの構成部品の材質も10年10万キロその質感を保てればそれ以降は劣化が加速しても問題ないと考えたり、交換前提の耐久消耗材もグレードの低いものを使用したりします。

10万キロ走行した軽自動車の中古車では、機能こそ損なわれてはいないものの新車状態に比べ劣化が激しいものも多く、このあたりも製造原価の低い軽自動車の中古車のネック部分だといえます。

基本的には中古車で10万キロ走行した軽自動車の購入はお勧めしない

結論として中古車選びで10万キロ以上走行した軽自動車は選択してありかというと、どういった乗り方をするかにもよりますが基本的には避けておいた方が無難だといえます。

例えば短期間だけの繋ぎとか日常の足と割り切って乗りつぶすというようなニーズであれば10万キロ以上走行した軽自動車の中古もありですが、それでも登録諸費用などを含めると30万円くらいはかかります。

30万円払って買った中古車がトラブルだらけで修理費用に何万円もかかったのでは何をしている事やら・・という事になってしまいますね。

参考ページ:軽自動車の中古を買う時の走行距離の目安

10万キロ走った中古車を買う時に注意すべきポイント

以上の事より、10万キロ以上の中古車を購入する際の注意点としては、

エンジンオイルがきちんとメンテナンスされているか
エアクリーナーやエアコンのフィルターが交換されているか
タイミングベルト車の場合、タイミングベルトが交換されているか

といった点をチェックする事が重要だといえます。

しっかりとメンテナンスされた10万キロ走行の中古車を上手に探すために

実際、上記すべてが満足のいく状態の中古車に巡り合うのは結構難しいのですが、それでもしっかりと妥協することなく中古車を選ぶことが出来れば、10万キロ走行していることを全く感じさせないような、程度の良い中古車を購入する事が出来ます。

そのためには、以下の二つが重要なポイントとなります。

・より多くの中古車をチェックする

近場の中古車販売店に流通している中古車だけでは、どうしても選択肢も狭くなり、程度があまり良くないなと思いながらも、早く車を手に入れたいという気持ちもあり、ついつい妥協して購入してしまったというケースも多いです。

近場だけではなくネットの中古車検索サービスなども活用しながら、出来るだけたくさんの中古車物件の情報をチェックする事が、納得のいく中古車探しの基本だといえます。

関連ページ:県外から中古車を買った時の引き取り方法や納車費用

・万が一の場合でもしっかりと、アフターフォロー含めた保証が付いている車を選ぶ

近場の中古車販売店だけでなく、ネットで県外から中古車を購入した場合でも、県外の正規ディーラーや全国チェーンの大手中古車販売店から購入すれば、地元の店舗で保証を受けることが出来ますので、保証のしっかりした中古車を選ぶようにしましょう。

関連ページ:中古車の保証について
カーセンサー経由で県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

10万キロ走行の中古車を上手に探す方法

ただその一方で、実際に中古車を選ぶ際にあまり車に詳しくないユーザーの場合だと、先に述べたようなポイントを、自分でしっかりチェックするのも難しいのではないかと思います。

前オーナーが、きちんと整備記録などをメンテナンスノートに残していればその履歴を確認する事も出来ますが、メンテナンスノートへの記載は正規ディーラーで整備を行った時以外は記載されていないことも多いです。

タイミングベルトも、交換履歴が無ければ実際にタイミングカバーを外して確認しない限り確認は出来ませんが、整備経験のない素人には困難です。

また忙しくてなかなか自分でじっくりと中古車を探すことが出来ない、といった事もあります。

ネットで自分の希望条件にピッタリ合った中古車を見つけたいけど、自分でその良し悪しを見分ける自信がないし、じっくり探す時間もない・・

そんな方におすすめなのが、「無料中古車探しサービス」です。

「中古車無料お探しサービス」は、スマートカーライフプランナーと呼ばれる車選びのプロが、あなたの希望条件に合った中古車をまだ市場に出回っていない、約60万台の中古車の中から厳選して提案してくれます。

提案してくれる中古車はもちろん修復歴チェック済み、メンテナンスの履歴や現車での確認もきっちり行なった上で提案してくれます。

「中古車無料お探しサービス」で、希望条件に合った中古車を提案してくれるのは、全国に450店舗以上を持つ中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その実績からも安心して利用できます。

kochira1分で登録出来る「中古車無料お探しサービス」はこちら
navikuru

サブコンテンツ

このページの先頭へ