「ネット 中古車 書類」タグの記事一覧

県外から中古車を買う時に必要な書類や手続きの流れ

県外から中古車を購入する時は、実際にその販売店に直接出向くことなく諸々の確認や問い合わせはメールか電話でのやり取りを行いながら、最終的に車の購入や登録に必要な書類の取り交わし等は郵送でのやり取りで中古車購入を完了することも可能です。

20c2d9831cf298a5195f78bbcf00f8e4_s

実際に県外から車を購入した場合の必要な書類とその流れについて説明します。

車の購入方法(ローンで買うか現金一括で買うか)によっても必要な書類は変わってきますが、ここではローンで購入した場合の流れを紹介します。

県外から車を購入する時の流れ

内容 必要書類・参考情報
①条件に合った中古車探し カーセンサーネット、無料中古車探しサービス
②見積もり依頼 メール、電話、見積もり依頼フォーム等
③仮契約 ローンで購入する場合は、ローン審査書類に
必要事項を記入しFAXもしくはメールで返送
④契約書類到着 売買契約書・委任状・ローン申込用紙
⑤車庫証明申請(自分で取る場合) 自動車保管場所証明申請書
保管場所標章交付申請書
車の保管場所の所在図・配置図
自認書
保管場所使用承諾証明書
⑥必要書類返送 到着書類+印鑑証明(または住民票)
ローンの場合 免許証コピー
車庫証明
⑦納車方法の決定・納車 陸送費用の確認

大まかな流れは大体このような感じになりますが、細かいところは中古車を購入する販売店とメールや電話でやり取りしながら行えばスムーズに手続き関係も勧める事が出来ます。

見積もりから契約、登録納車までに必要な書類はネットで県外から購入するからと言って特別な書類が必要になるわけではなく、近隣の中古車屋やディーラーで購入する時と同じです。

①条件に合った車探しについて

隣の県やそれ以外の県外にある中古車の中から自分の購入条件に合った中古車を探す方法としては、カーセンサーネット等の中古車検索サービスの活用が挙げられます。

特にネットを活用した中古車探しでは、自分で探すだけでなく希望条件を提示すればプロの中古車鑑定士がその条件に合った中古車を探して紹介してくれるサービスもあり、中古車を探したいけど、なかなか時間がないし、イマイチその良し悪しを見極める自信も無い・・という方におすすめです。

詳細は当記事の最後で紹介していますので参考にしてみてください。

②見積り依頼

条件に合った中古車が見つかったら、その中古車販売店へ見積もり依頼をかけます。電話やメールで見積依頼をお願いする方法がありますが、ネットの中古車検索サービスの場合は公開されている中古車毎に設けられている専用の無料見積依頼フォームから必要事項を記載して送信すればOKです。

参考記事
ネットで中古車を購入した体験談 ダイハツコペン
カーセンサーアプリ経由で県外から中古車を購入、そのメリット・デメリット

③仮契約

見積り依頼をかけると、中古車販売店から見積書が添付もしくはその詳細が記載されたメールが届きます。見積内容やその他条件についてメールでのやり取りを行いながら、その中古車を購入する意思が決まればその旨を販売店に伝えます。

購入者が決まれば中古車販売店はまずその車両を商談中として押さえる必要があるのと同時に、購入者がローンでの購入を希望する場合はローンが組めるのかどうかの審査を行う必要があります。ローン審査書類はとりあえずクレジットの申し込み書の1枚目に申込者の情報を記載しメールにPDFもしくは画像で添付するかFAXで送付します。

④契約書類到着

仮契約時のローン審査を通ったら本契約の手続きを行います。中古車販売店より郵送で以下の書類が送られてくるので必要事項を記入し署名捺印します。

  1. 売買契約書
  2. 委任状
  3. ローン申し込み用紙

⑤車庫証明の取得について

車を購入する場合は必ず車庫証明を申請し取得する必要がありますが、可能であれば車庫証明は自分で取得した方が良いと言えます。

その理由は登録諸費用の節約ですが、通常近所の中古車販売店やディーラーで車庫証明を取得してもらう場合でも大体15,000円くらいかかりますが、県外から中古車を購入した場合はさらに10,000円程度高くなってしまいます。
その理由は購入先の販売店が中古車を購入したユーザーの都道府県の行政書士などに車庫証明取得の代行依頼するため、その分の手数料が上乗せになるからです。

一方の自分で取得した場合、取得費用は2,000円程度で済みますのでその差は結構大きいですね。

車庫証明を自分で取得するには車庫証明の申請に必要な書類を自分で作成し、管轄の警察署へ提出する必要があります。

実際に作成が必要な書類は、

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 車の保管場所の所在図・配置図
  4. 自認書
  5. 保管場所使用承諾証明書
  6. 駐車場の賃貸契約書のコピー

になります。

申請する駐車場が自分の土地の場合は「自認書」、賃貸駐車場等の場合は大家さんや管理会社に「保管場所使用承諾証明書」を発行してもらう必要があります。

「駐車場の賃貸契約書のコピー」は、上記の「保管場所使用承諾証明書」が発行してもらえ無かった場合(ほとんど無いとは思いますが)に添付します。

必要書類一式が揃ったら管轄の警察署に申請しますが、どこの警察署も専用の受付が大体設けられていると思うので、そちらに提出します。

その後、警察による申請場所の確認等の手続きを経て問題無ければ大体4日から1週間くらいで車庫証明が発行されますので、その頃に再度警察署に受け取りに行きます。

その際には申請時に発行された整理番号を忘れないようにしましょう。

⑥必要書類返送

取得した車庫証明、印鑑証明書、ローンの場合はローン契約書に必要事項記入し捺印して販売店に郵送すると、それ以降の登録手続は、購入した自動車の販売店がすべてやってくれます。

この登録関係は中古車の場合でも2週間もあれば完了し、いつでも納車可能な状態になります。

dd80cbd1f378d0dcf43f90a54af1ea66_s

⑦納車日や納車方法の決定

登録手続きが全て完了し、納車可能な状態になったら販売店と納車の日時や納車の方法について調整します。

納車は陸送で自宅まで持ってきてもらうことも可能ですがその際には納車費用として陸送費がかかります。

時間的余裕があるなら自分が取りに行った場合の交通費と陸送費を天秤にかけて納車方法を決めると良いでしょう。

参考ページ:県外から中古車を買った時の引き取り方法や納車費用は

県外にある中古車を探すのにおすすめなサービスを紹介

このようにネットで県外・県内問わず車を購入する流れは簡単です。

あとは自分の条件に合った車、特に中古車の場合だとその程度などをいかに見極める事が出来るか?という事になりますが、ネットで県外の車を購入する場合は、現車確認がすぐに出来ないので画像だけでは判断できないコンディションを把握する事が出来ないのと、ディーラー系以外の県外の中古車販売店だと評判などの情報が判らないといった不安もあります。

便利な半面不安もあるネットを使った県外からの自動車購入ですが、その不安を解消してくれるのが、「無料中古車探しサービス」です。

「無料中古車探しサービス」なら

lst_c03_25_25_or60万台の非公開車両の中から、希望条件に合った中古車を提案!
車選びのプロであるスマートカーライフプランナーが、あなたの入力した希望条件にズバリ合った中古車を提案してくれますので、なかなか自分の条件に合う中古車が見つからないといった悩みを解決できます。

lst_c03_25_25_or提案する中古車はもちろん「事故修復歴」チェック済み
条件に合った中古車を厳選して提案してくれるのは、全国に450店舗以上を持つ、中古車販売実績No.1の最大手企業の「ガリバー」ですから、その品質も安心です。

なので、自分でネット検索して見つけた中古車のような、「このお店で買っても大丈夫かなぁ?」といった心配もありません。

lst_c03_25_25_or希望条件に合った中古車は最短で即日、通常2日で提案
わずか1分程度の、希望する中古車の条件等の登録を済ませれば、メーカー・車種を問わず、幅広いラインナップで迅速に提案してもらえるので、ネットでの中古車探しに時間を取られることなく、欲しい中古車を見つけられます。

lst_c03_25_25_or安心の保証と返品OK
提案してもらえる中古車はどれも最長で10年の保証を付けることも可能、また納車後も期間内であれば返品することが出来ますので、ヤフオク等の個人売買のようなリスクの心配もありません。

muryoudesagasu

    最長保証期間:国産車10年、輸入車5年 ※.1年以上の有償オプション保証付帯時のみ対象

サブコンテンツ

このページの先頭へ