リースアップ車の中古!購入のメリットとデメリット、注意点は?

リースアップ中古車のメリットとデメリット
最近では車を買うから借りる人も多く、以前は法人中心であったカーリースも、個人で利用される方が増えてきました。

リース会社が企業や個人に長期の契約期間を決めて貸し出して、契約期間の満了または契約期間途中での解約により、リース会社に返却された車のことを一般的にリースアップ車と呼びます。

リース会社に戻されたリースアップ車は、状態によって廃車される場合もありますが、状態の良い車は中古車リースとして再リースされるか、売却されて一般の中古車市場に流れてくることも多いのです。

実はリースアップ車は中古車市場でも人気が高く、中にはリースアップ車にしぼって探している人も少なくはないようです。

今回は、リースアップ車の中古を購入するメリットとデメリットを中心に、購入時の注意点についても紹介していきます。

リースアップ車とレンタアップ車との違い

ここでは本題に入る前に、中古車市場には名称も似ていることから間違われやすいレンタアップ車もありますので、リースアップ車との違いを簡単に解説していきます。

レンタアップ車は、レンタカー会社が保有しているレンタカーが売却されて、中古車市場に流通している車のことです。

大きな違いとして、もともとレンタカーは、レンタカー会社が保有している車を不特定多数のユーザーに短期間貸し出すのに対して、リース車は主に新車を特定のユーザーに長期間貸し出す点で大きく異なります。

また、レンタカーは1~3年で車両の更新がされることも多いので年式が新しい車が多いこと、走行距離が年間2万㎞以上の過走行車が多いことが特徴です。

レンタアップ車は、年式が新しくてもメーカー保証の対象外になること、意外にキズが多いこと、ワンオーナー車にならないことなどのデメリットがあります。

リースアップ車の購入、そのメリットとデメリット

リースアップ車のメリットとデメリットについて、こちらでは紹介していきましょう。

状態がよい車が多いことが一番のメリット

カーリースを使われる方は法人に限らず個人でも、一般的にリース会社から借りているということから、「借り物なので、丁寧に乗らなければいけない」、「キズを付けたり、車を壊してはいけない」などの意識がはたらくようです。

そのため、一般の中古車市場で流通している車に比べても、状態がよい車が多いと言われています。

またカーリースには、年間走行距離の制限があるものが多く、走行距離をオーバーすると追加料金が発生します。

そのため、同年式の中古車の中でも走行距離が少ない車が、比較的多くみられることも挙げられるでしょう。

そしてカーリースでは、定期点検や車検、各種メンテンナンスがリース料に組み込まれているメンテナンス契約が設定されているものも、各リース会社が積極的に取り扱っており、多くの利用者がいます。

そのため、定期点検はもちろん、消耗部品の交換やオイル交換も定期的に行われている車が多いことも、安心できる点だと言えるでしょう。

数少ないデメリット

リースアップ車は状態が良い車が多くみられるのですが、一般的な中古車よりも価格的にそれほど高くなるわけでもありません。

そのために中古車市場での人気が高く、タイミングを逃すとなかなか購入できないことがある点、これがデメリットと言えるでしょう。

また、カーリースは法人利用も多いことから、車種やボディカラーも偏ってしまう傾向があるとも言えます。

リースアップ車の中古、購入時の注意点

それでは、ここでリースアップ車を中古で購入する際の注意点について、紹介していきます。

お店によっては、レンタアップ車が含まれていることも

中古車店の中には、レンタアップ車もリースアップ車として販売しているケースもあります。

中には、リース満了後に再リースされていた、またはレンタカーとして使われていた車もありますので、車検証での前所有者や使用者の確認やお店の人への確認が必要です。

前述しましたように、リースアップ車とレンタアップ車では、大きな違いがありますので、良質なリースアップ車が購入したい時は確認をおすすめします。

修復歴や内外装などもチェックしましょう

多くはありませんが、中には自分の車ではない意識から、乱雑に乗られていた車も見掛けられます。

リース契約中の修復歴については、定期点検整備記録簿に有無が記載されていますので、忘れずにチェックしておくとよいでしょう。

外装の傷みや内装の傷み、車内の臭いなどの項目も、一般の中古車購入と同様にチェックしておくこともおすすめします。

またタイヤなどの消耗品はリース契約とは別になっていることも多いので、タイヤについては残り溝やヒビ割れなどをチェックすることが必要です。

リースアップ車の中古購入のまとめ

今回は、リースアップ車を中古で購入する際のメリットとデメリット、注意点を紹介してまいりました。

デメリットも少なく、状態がよい車が多いなどの数多くのメリットがありますので、中古車店などで見掛けた時は購入の候補に挙げてみる価値は、十分にあるでしょう。

その際には、ワンオーナー(再リースされていない)のリースアップ車をおすすめします。

みなさんが中古車を購入する際に、この記事を少しでも参考にして戴ければと思います。


車を1,000円でも高く買取ってもらう安心・確実な方法

ディーラー下取では 95万円だったアコードハイブリッドでしたが、一括査定を使うと、なんと 130万で買取ってもらえました。

オススメの車一括査定は「MOTA 車買取」です。

  • 受付フォームの入力は”45秒”で完了!
  • 受付直後の電話ラッシュなし!
  • 翌日の18時には査定額を提示!
  • 査定額が上位3位までの業者のみと交渉!
  • 完全無料!

MOTAの車一括査定

タイトルとURLをコピーしました